大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ゆうかいにごようじん」 みんなの声

ゆうかいにごようじん 作:G.ユリエ
絵:L・ジュアニゴ
訳:木下みどり
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784097271826
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「ゆうかいにごようじん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本から学ぶことも!

    4歳の娘はこのシリーズの「ひっこしはいやだ」が大好きで,同じうさぎ一家が出てくるこの「ゆうかいにごようじん」も読んでみました。
    とにかく,このシリーズの絵が娘はたまらなく可愛くて好みのようです。

    「ゆうかいにごようじん」は,うさぎの5兄弟のうちの2匹ローズマリーとパセリが森でゆうかい事件に巻き込まれてしまうという,ちょっと怖いお話です。
    我が家の4歳の娘にはやはり少々怖かったようでした。
    親の私としては,絵本を通して知らない人に用心することを学べてよかったと思いました!
    娘が怖がったので☆4にしましたが,私的には☆5です。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 複雑・・・

    変装した怪しいきつねが、かわいいうさぎの兄弟を誘拐するお話です。
    好奇心旺盛なうさぎの兄弟ローズマリーとパセリが沼で遊んでいると怪しい男が現れ“クレープを食べにうちにこないか”と二人を誘います。
    途中でこの男の正体を見破るのですが、どうせならこらしめてやろう!などと危険な提案をします。

    人間の世界でも昨今、誘拐事件がおこり安心して子供を遊ばす事が難しくなっています。
    知らない人には何を言われてついて行っちゃダメ!と言い聞かせている我が家の子供たちは、心配そうな顔で聞いていました。

    結局、危機一髪のところで逃げ出せましたが心身ともに疲れた2匹はごはんも食べず寝てしまいました。

    絵がとてもかわいらしく、こんなお家に小さくなって入ってみたいと思ってしまった母でした・・・!

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット