モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

小さな魔女のカプチーヌ」 みんなの声

小さな魔女のカプチーヌ 作:タンギー・グレバン
絵:カンタン・グレバン
訳:江國 香織
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784338119023
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,816
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一歩一歩の成長

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    魔法や魔女には弱い私。
    タイトルに魔とつくだけで、読みたくなります。

    これは、魔法を間違えてかけてしまうというオーソドックスな話し
    なんだけど、絵がかわいくて、好印象♪
    ホウキじゃなくて、竜に乗っている姿も、興味を引きます。
    特に魔女らしい姿はしていないけれど、やっぱり魔女に見えて
    しまうのは、とんがり帽子と長いスカートだから?

    一つ驚いたのは、魔法で出てきた果物を食べたニコラが、
    竜になっちゃったこと。「魔術で立ち現れた物は食べてはいけない」
    と、先生は言うんだけど、この掟は厳しいな〜。
    魔法で現れたものを食べるコトって、割とありそうなんだもの。

    最後に魔法が成功して実った果物も、やっぱり食べちゃいけないの?
    と娘もちょっと納得いかないようでした。

    ちゃんと後始末をつけて、宿題をやりなおして、一歩成長した
    カプチーヌ。どちらかというと児童書の形で、どんどん成長する
    カプチーヌを見たいなあと思いました。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな可愛い魔女でした

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    魔女やハロウィンが大好きな娘に選んだ絵本です。

    ちいさな女の子とラリーヌは見習い魔女。
    何度も練習した新しい魔法を使ってみるのですが・・・

    ものしりの樫の木、
    うさぎやねずみのお友達、
    料理見習の男の子、
    脇役達がとてもすてきで、たった1話のこのお話で終わらない世界観があります。

    読んでいると、風景が広がって 自分が湧き水の泉にいるような、魔女の世界を感じられる とてもすがすがしい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が優しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    単品かと思って読んだのですが、カプチーヌという作品が第一作で、今回のは続編でした。
    作家・画家ともベルギーのブリュッセル出身です。

    主人公のカプチーヌは、魔術の勉強中で、新しい魔法のお披露目で大失敗をしてしまいます。
    先生のメガンに明日までに元通りにするように言われて奔走するというストーリーです。

    先生が指示したことは、カプチーヌの世界では、良く考えれば可能なことなので、極めて適切な指示だったということがわかります。
    また、長老の木が、「誰にでも失敗はある。大切なのは、きちんと後始末をつけること」というところは、確信をついていて子供の心に響く言霊だと思います。

    文章量が多いので、一人で読むには小学校中学年位からかと思いますが、絵自体がとても優しい色遣いなので、飽きないで読み聞かせが出来る絵本だと思います。

    メッセージ性もあって、楽しめる一冊です。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生兵法は怪我のもと

    魔女というのにそそられて私が借りました。「魔女」「魔法使い」というものにまだ惹かれています。

    カプチーヌは新米の魔女。練習不足で失敗してしまいます。9歳ということですから、小学3年生ぐらいなのかな。

    宿題をしてくるようにと言われたのにしてこなかったことで叱られてしまうカプチーヌ。宿題でなくても大人に叱られたことのある子どもなら親近感がわく場面かもしれません。私も親近感がわきました。

    新米の魔法使いが失敗してしまうという点では「まほうつかいのでし」という話を思い出しました。「生兵法は怪我のもと」という教訓もあるのかもしれませんが、教訓くささはありません。

    失敗した後始末を子ども自身でつけるということは大切なことだなあと思いました。絵本ですが、小学生ぐらいのお子さんも充分に楽しめる内容だと思います。

    掲載日:2007/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい魔女になってね。

    • りじゅらさん
    • 20代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    カプチーヌは魔女になるために勉強しています。
    魔法を失敗して先生の研究室を壊してしまいました。
    竜になったにコラと一緒に元に戻す薬を作りに行きます。
    すべてとんとん拍子にいってしまい、私的にはいまいち
    物足りないと思ってしまいました。
    でも、絵もかわいらしく娘は魔女にハマッテいるので
    喜んでくれました。

    掲載日:2004/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女メガンのもとで、魔法の勉強をはじめたカプチ−ヌ。
    家をジンジャーブレッドに変える魔術も使えるし、動物と話す事もできる。指をならして、火をともすことも・・。
    でも、今回の宿題は、あまり練習できなかったこともあって、大失敗。
    研究室をジャングルのようにしてしまうし、料理番のニコラを小さなりゅうに変えてしまった。
    魔女メガンに叱られ、元に戻すように言われる。
    樫の木のロビュールのところへ行って、元に戻す方法を聞き、人魚の涙を集めに行く。
    そして、無事に元に戻す事ができ、失敗した魔法もちゃんとマスターできた。
    「失敗は誰にでもある。大切なのは、きちんと後始末つけること。二度とおなじ失敗をしないように学ぶ事。」という樫の木の言葉が印象的です。
    かわいくて、不思議な魔女の世界がとても魅力的。
    特に、この国の動物園は、すごい!
    赤いキリンやチェックのさる、雪男、不死鳥、恐竜、人魚までいるの。
    こんな世界があったら、楽しいだろうなと思わせる絵本です。
    文字も小さくて、感じがたくさんでてくるので、小学生くらいからなら、楽しめると思います。

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット