ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

怪盗クイ−ン、仮面舞踏会にて ピラミッドキャップの謎前編」 みんなの声

怪盗クイ−ン、仮面舞踏会にて ピラミッドキャップの謎前編 著:はやみねかおる K2商会
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\720+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784062850025
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • また女装!

    クイーン、変装では若い美少女か美女になる率、高すぎ!でもこんな美人なクイーンが見てみたいです。今回はジョーカーともども女装。なんだかジョーカーが一番かわいそうです。

    今回のターゲットはあべこべ城のピラミッドキャップ。キャップって何?ピラミッドの一番上につけるの?そしてどんな力があるの?

    いつものとおり予告状を出しますが、なんと、クイーンの師匠の皇帝(アンプルール)という怪盗まで探偵卿に協力してクイーンを捕まえようとします。

    皇帝、さすが師匠。モテる若い男に変装するとか、人間でないような強さ、怪盗ぶり、、、、クイーンと血がつながってるんじゃないの?と思わんばかりです。

    日本人の探偵卿もいい味出してます。今後活躍しそうで、気になって仕方ない。コンビニのプロって、、、(笑)

    最後、クイーンが噛み付かれてピラミッドキャップは誰の手に?結局、手にしたのは一番手にできなそうなあの人!(笑)彼は、そのパワーでどこかに行っちゃいます。どこだろう?

    続きが気になって仕方ないです。

    絶対読んだら後悔しない本です。でも、順番に読んでくださいね。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット