だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくはオニじゃない!」 みんなの声

ぼくはオニじゃない! 作・絵:福田 岩緒
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784494008261
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,725
みんなの声 総数 14
「ぼくはオニじゃない!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 福田さん

    福田さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が口をしっかりと開けている顔のインパクトがある表紙がとにかく気に入りました。八重歯の他の言い方をこの絵本の御陰で学ぶことが出来ました。主人公の心の中で色々な重いがどんどんふくらんでいく様子が圧巻でした。私も主人公のお母さんのように子供の気持ちに気づいてあげたいと思いました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • この絵本を読んで初めて鬼歯のの存在を知りました。子供もこんなネーミングの歯は自分の歯に生えてほしくないって言い張っていました。子供は歯医者にまだ行ったことがないのですが、この絵本を聞いて歯医者をもう怖がっていました・・。

    掲載日:2012/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎゅーつと抱きしめてもらって!

    おかあさんが、まさるの気持ちに気づいてあげてぎゅーと抱きしめてくれたことが、勇気百倍になったのだと思いました。お母さんの優しさ、愛情が伝わってきました。八重歯って抜かなくても可愛いのにと思ってしまった私でした。鬼歯も無事抜くことが出来たし、いつもの優しいまさるに戻ってほっとしました。裏表紙のアイスクリームを食べているたぬき先生が左手で頬を押さえているので、きっと先生も甘いものが大好きで虫歯になったのだろうと思うと笑えました。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • けっこう高いハードルです

     “鬼歯”ていう名前がまずいですね。
     八重歯とか過剰歯だとまだいい感じ。
     でも、子供にはわかりにくいか〜。

     幼稚園の歯科検診で、いらない歯があるときかされて、お母さんに「鬼歯は抜かなくちゃね」って言われ、抜くのも怖いし、抜かなきゃ鬼になっちゃいそうだし、心揺れるまさる君。

     小さい時に、歯医者さんのハードルは越えておいたほうが良いのでしょうが、けっこう高いハードルです。
     
     夢にうなされるほど不安だったまさる君に、お母さんが気づきました。
     まずは、抱きしめるところからですね。
     あとは、まさる君の決意しかありませんね。

     でも、抜歯を経験したら、あとは怖いものなしですよ。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおにさん

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    最初に歯医者さんがでてくるので
    病院ネタ好きの長女は食い付きました。

    まさるは歯科検診でオニバ(八重歯?)を抜くように言われます。
    帰宅し猫に八つ当たりしたり
    ももたろうの絵本に出てくる鬼を不安そうにながめるところが
    とってもかわいい。
    歯科検診のたぬき先生と鬼がまさるの腕を引っ張る
    夢を見るなんて、まさる恐怖炸裂です。

    お母さんと一緒に歯医者さんへ行き
    抜歯して、無事に恐怖から開放されました。

    子供が不安なとき怖いことがあるときの
    表情や行動がとてもよく描かれています。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴり怖い

    歯の検診で、余計な歯を抜こうと言われたまさる君のお話です。

    子どもにとって歯医者さんは大嫌いな場所ですよね。
    行きたくないという子どもの気持ちが上手く表現されています。
    そして、心の葛藤も実に良く表現されていて、まさにその通り!っといった感じで読んでしまいました。

    歯医者さんでお母さんがまさる君をぎゅーっと抱きしめてあげる優しさが、勇気をくれるきっかけになったと思います。
    是非、子どもが怖がっている時、そっと抱きしめて、不安を和らげてあげたいですね。

    歯医者さん嫌いにはちょっぴり怖い絵本でした。

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ちがかわいらしいです

    主人公の男の子、まさるくんは歯医者嫌い。
    なのに、下の奥歯に「オニ歯」があるなんて…
    歯を抜くことに…
    でも…

    この主人公のまさる君の気持ちが、
    とってもかわいらしいです。

    オニ歯をそのままにしておいて、鬼になっちゃったらどうしよう??
    など、子供なら考えそうなこと。

    でも、歯医者は怖いし…

    私も歯医者嫌いな子供だったのに、わかるなあ〜。
    といった感じです。

    息子は、なぜか歯医者好きという変わり者なのですが、
    このオニ歯には本人もびっくり!
    やっぱ歯を抜くのって怖いなあ〜と思ったようです^^;

    それとなぜかたぬき先生の最後の場面が気に入っていましたよ♪

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいイメージがいっぱい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    歯が自然に抜けることすら、恐怖感をもっている息子が、この本をよんで、余計に不安をもちはしないかと、やや心配でしたが、息子は神妙な顔つきで読んでいました。

    歯を抜くのは、大人だって怖いものです。でも、その怖さをこれほどまでにおそろしいものかのように表現されると、大人もややひきました。もちろん、本当は、麻酔注射のチクっという痛みだけでなんともない というところまで添えてあるので安心して読めましたが。

    本の中で、お母さんにだきしめられていた男の子の姿が印象的でした。どんなこわいこともお母さんといっしょだったらダイジョウブ。こんな気持ちをもってくれていることを知ると、お母さん冥利につきますね。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯医者嫌いは読まないほうがよいです

    最近私の歯医者通いに突き合せれている娘。だから歯医さんには抵抗がないようなのですがやっぱり怖いみたいで・・・。オニバって私は全然知らなかったのですがこの男の子にはあるようです。だから歯医者さんイコール虫歯というのが娘の頭の中にあったものがこれはなんだ!という驚きでいっぱいの様子。歯医者さんにいっておじさんがペンチで歯を抜かれていてうめいているシーンがあります。あれは子どもを怖がらすだけなので歯医者嫌いのお子様には見せない方がよさそうですよ。

    掲載日:2007/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて歯医者に行く前に

     題名からして どんな本かと思いました。まさるくんの歯の話でした。その歯は オニ歯。うちの子供達も、オニのキバみたいに口から出ちゃうと、心配してました。でも、歯医者に行けないまさるくんに 子供達は やきもき。無事に オニ歯の抜けたまさるくんに 一安心。子供達は 歯医者が怖い所でない事を 知っていますが 初めての子は 怖いですよね。その時に 読んであげたらどうでしょうか?

    掲載日:2007/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット