なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

えんぎかつぎのだんなさん−らくご絵本−」 みんなの声

えんぎかつぎのだんなさん−らくご絵本− 作:桂 文我
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784834005561
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,746
みんなの声 総数 26
「えんぎかつぎのだんなさん−らくご絵本−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • あー、しんど・・・

    「うえ」や「あがる」が好きな
    縁起を担ぎまくるだんなに喜んでもらおうと
    言葉を選んで機嫌を取り
    おこずかいをもらうという話。

    なんか、おもしろいんだけど
    ついつい、ご機嫌を取る方の感情移入しすぎて
    「大丈夫か・・大丈夫か・・」と・・・・。
    ついには、ほころびが出て
    おこずかい、すべて没収。

    読後、娘と「あー、しんど」と、声をあげました。
    この張り詰める感じが、いいんでしょうけどね(^-^;

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い旦那さん

    このお話は「あがる」とか「うえ」という言葉が大好きで、その反対言葉が大っ嫌いな旦那さんとお店で働いている使用人の二人の男とのやり取りを描いたお話でした。嫌いな言葉を聞いたらすぐに怒る旦那さんがうちの子のツボになっていて大笑いしながら見ていました。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷりの挿し絵も楽しい

    「うえ」とか「かみ」「あがる」は好きだが、「した」「しも」「さがる」という言葉が大嫌いな旦那さん。この旦那さんにうまく取り入って小遣いをもらおうと、ざる売りの茂吉さんが「うえ」「あげる」という言葉を連発しながらしゃべっています。
    ユーモアたっぷりの挿し絵が、楽しいお話を盛り上げています。読んでいる方も聞いている方も思わず笑顔になってしまう絵本だと思います。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    落語の絵本は大人にはおもしろくっても、知らない言葉が多かったり、言葉が難しかったりするせいか子どもにはわかりにくい事がありますが、この話はわかりやすいと思います。読んだ後、だんなさんの喜ぶ言葉を探しました。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の妙!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    落語絵本から落語に興味を持ち、今年は親子演芸で本物を見てきました。
    ますます、落語を楽しむようになった息子たちにどうかと借りてきました。

    縁起の悪い言葉が嫌いな旦那さんを相手に、言葉選びが展開していきます。「上がる」は好きだけど頭を下げるのさげるも嫌いなんてむちゃくちゃですよね。
    お話がテンポよく進んでいくので楽しく読めました。

    落語のユーモアは、安心して子供たちにも与えられます。もうすぐ9月の読み聞かせがあるので
    練習して子供たちの前で読みたいと思います。



    掲載日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語

    落語らしい、笑って、最後は残念というオチがいいですね。
    それにしても、「あがる」言葉というのは、こんなにあったのですね。
    あげまんじゅう・たこあげ・すごろくの「あがる」には、すごいと思いました。
    こんなにも「あがる」言葉を積み上げたのに、たった一つの仕種でダメになってしまうのですから、なんとも残念です。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語なだけに良いオチがついてておすすめ。

    でも、こんな人が本当にいたら、縁起のいい言葉しか使えなくてすごく面倒(笑)しかも散々楽しませたのに最後のオチ、、、え〜!(笑)

    ちょっと長いけど3歳・4歳くらいからがおすすめ。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとまあ

    落語話としておもしろおっかしいお話です。
    「うえ」や「あげる」は大好きだけど、「した」や「さがる」と聞くと怒りだすだんなさん。
    かごうりがだんなさんの「あげる」好きに挑戦します。
    掛け合いが面白いお話で、話を楽しむだけではなく結構自分たちも言葉を道具にしたゲームで楽しめそうです。
    しかし、この絵本のポイントはリズム。
    楽しいお話ですが、話すのは意外と難しいかも。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんぎかつぎの だんなさん
    縁起をかつぐ このことで このお話が おもしろく展開される落語

    落語は 落語家の声と調子がうまくマッチして 聞く者の心に入り込みます。
    おかしさは その声調子のあるように思います。
    もちろん この落語絵本は 子供たちにも落語のおもしろさを伝えるためにはいいとおもいます
    読み手が カギ のように思います

    「あがる」
    縁起の良い言葉 ここのところは 子供にも伝わるかな?
    なんと うまく 「あがる」でトントン拍子だったのに・・・・
    最後に なぜ?
    お金をもらえなかったか?
    これは読んでのお楽しみと言うことで・・・・

    チャン チャン!

    落語ききにいきたいですね〜

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語の楽しみは・・・

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    らくご絵本なので、少しおおげさに(落語家っぽく)、
    テンポよく読んだら、面白そう。

    「うえ」「かみ」「あがる」が好きで、
    縁起を担ぐだんなさん。
    「した」や「しも」「さがる」は、大嫌い。
    そんなだんなさんの前で喋るときは、とても気を使います。

    でも、これを逆手にとって、ざるうりのもきちは、
    だんなさんのご機嫌をとって、おこづかいをもらっていきます。

    しかし、これは落語。
    必ず、最後には「おち」があります。
    さて、どんな失敗をしてしまうのでしょうか?

    梶山俊夫さんの力が抜けそうな絵と、
    桂文我さんの話がうまくかみ合って、とても面白い絵本に仕上がっています。

    どんどんエスカレートしていくはなしに、
    ぐいぐいとひっぱられ、最後まで飽きることなく引き上げられ、
    最後のオチで落とされる・・・この快感が楽しい。

    落語は、最後の「オチ」が命。
    これがわかる小学生のお子さんにおすすめ。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット