うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

講談社青い鳥文庫 赤毛のアン(新装版)」 みんなの声

講談社青い鳥文庫 赤毛のアン(新装版) 作:L.M.モンゴメリ
訳:村岡 花子
絵:HACCAN
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:2008年07月31日
ISBN:9784061487932
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 名作

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    有名な名作ですよね。
    子ども用にかわいい絵等で作られた「赤毛のアン」を楽しむことができました。
    アン、孤児のアンを引き取るマシューとマリラの兄妹、腹心の友ダイアナ、ギルバート…、みんな懐かしかったです。
    アンの空想、おしゃべりがやはり楽しいですね。
    続きも出ていますよ。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も読み返したくなりました

    小学校4年生の娘が読んで「とっても面白かった」と言っていました。
    「赤毛のアン」の物語は私も小さい頃読んだことがありますが、今の子はあんまり興味を持たないのかな?と勝手に思っていました。でも挿し絵も今どきの感じになっていて、娘は何の抵抗もなく楽しんだようです。「このお話はハマるよ」と言って、続編も続けて読み始めています。
    テレビドラマのおかげで、何かとクローズアップされている「赤毛のアン」。私も読み返したくなりました。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村岡さんの翻訳

     おなじみの「赤毛のアン」。このお話が、これほど人気があって読み継がれてきたのは、村岡さんの翻訳がとてもよかったからなんですね。
     なんどとなく読んできましたが、正直、翻訳のすばらしさを知らずにいました。

     アンのおしゃべりや、うつくしい島の自然描写など、今あらためて、じっくり読みかえしてみても、ぜんぜん古びていません。品があって、こなれています。
     
     これからもずっと、読まれていくのでしょうね。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット