貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

デゴイチものがたり」 みんなの声

デゴイチものがたり 作:萩坂 昇
絵:伊藤悌夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1980年02月
ISBN:9784265914128
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,434
みんなの声 総数 1
「デゴイチものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 川崎市の小学生に

    戦中戦後を走り抜いたデゴイチの物語です。
    この本の主役、デゴイチ408号は偶然にも私の住んでいる川崎市の公園(生田緑地)におかれています。その公園は子供の頃私のよく遊びに行った公園で、そのデゴイチも知っているのですがこんな本が出ていたなんてしらなかった。小学校の頃、戦争について勉強する時間がありましたが、この本をしっていたらよかったなあ、と思いました。広島の原爆の話や、戦後の買い出しの混乱、話としては知っていてもなんか自分とは別世界の話のような気がしたものです。それらの出来事を、あのデゴイチが体験していたと知っていたら感じ方が違ったと思います。
    うちの息子は小さいので、戦争の話を突っ込んでしたりはしなかったのですが、山手線を走る話や、迫力ある絵に大満足でした。

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット