もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きかんしゃ きゅうべえ」 みんなの声

きかんしゃ きゅうべえ 作・絵:たかはし ひろゆき
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1984年08月
ISBN:9784591017166
評価スコア 4
評価ランキング 20,659
みんなの声 総数 2
「きかんしゃ きゅうべえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢列車の楽しい旅

    とても夢のある、明るいお話で、息子がお気に入りの絵本です

    きゅうべえは年をとった機関車だけれども、駅長さんのゆめぶくろの力で、急に力が湧いて、子供達をのせて空の旅へと走り出します。

    きゅうべえの表情にはとても輝きがあり、乗っている子供達もきゅうべえと一緒に大冒険を楽しみます。子供達の様子もとても楽しそうです。

    息子は電車好きですが、特に機関車が大好きなので、機関車好きな子にはおすすめです。
    きゅうべえは今も、明治村で活躍しているそうです。

    掲載日:2006/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢をのせて出発!

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    もう走れなくなった古い機関車のきゅうべえに子供たちが登って遊んでいます。年取った駅長さんは、きゅうべえを立派な遊園地で走らせることが夢。そんな駅長さんが子供たちにゆめぶくろに願い事を吹き込んで持ってきてもらい、それを石炭の代わりに燃やしたら、空に向かってきゅうべえが走り出しました。

    雲の上を走り富士山を見下ろし、カミナリ雲の中を通って宇宙まで・・・。なんとも夢いっぱいのスケールの大きなお話。宇宙の遊園地でぐんぐん走ったきゅうべえは、トンネルを抜けたらまた元の駅に止まっていました。

    駅長さんの夢?作者の夢?大人の夢も子供の夢もかなえてくれる、そんな不思議な機関車です。

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット