ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほしの試し読みができます!
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
谷口智則さん新作絵本!星が消えてしまった世界のおはなし

からだのみなさん」 みんなの声

からだのみなさん 作・絵:五味 太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784834020847
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,597
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 絵もおもしろかったです

    ふくをぬいではだかになっちゃうから、いいのかなあと思いました。

    からだがいろいろしゃべってるのが、おもしろかったです。

    からだもいろいろなこと思っているんだなあと思いました。

    はだしになったらいたそうと思いました。

    絵もおもしろかったです。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身体の声をきく

    当たり前に毎日すごしていますが、人はどんな時も、身体じゅうの神経が、何かを感じて、それに従って、考えたり、動いたりしています。

    そんなことを、改めて考えさせられる絵本となっています。

    五味太郎さん独特の、ユーモアあるイラストが、押しつけがましくなくて、いいです。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの視点にはピッタリかも

    五味さん独特のイラストで、ごくごく日常の子どもの行動を色んな体の部位を独立して話させることで描くという変わった絵本です。
    頭の中がしゃべり、指先がしゃべり、時には頭と体が口論し…。
    でも何にでも意思があり、気持ちがあると考えちゃう子どもの視点には逆にピッタリなのかもしれませんね。変わってると思うのは大人だけなのかも。
    3歳の息子も、意味分かってるのかなあと思いながら読み聞かせましたが、面白そうに聞いていました。そして、日常でも時々「〜と指が言います」とか真似してみたり。
    物語というよりは、体の部位を面白く、わかりやすく子どもに教えてくれる本、という感じかな?

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体のつぶやき

    体のそれぞれ一部分が、つぶやいていますよね。
    手描きの文字が、つぶやき感を感じます。
    何気ないたった一つの行動でも、体の多くの部分が動いていることもわかりました。
    子供は、かなり笑っていましたよ。
    服を脱ぎ始めたときには驚きましたが。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのか・・・

    今まで、頭で考えているとばかり思ってました。
    でも実は、それぞれ体の部位に意志があるなんて、斬新な発想☆
    言われてみれば、「頭では、わかっていても・・・」なんてこと、
    よくありますもんね〜。
    それぞれを大事にしてあげないと、勝手に暴走するかもしれません!
    末永く仲良くやっていきたいものです。
    娘は、男の子の裸に「はずかしい・・・」と呟いていました。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全部でからだだものね

    なるほどなあって思いました。
    からだっていろんなところがあつまってからだ、ですものね。
    決して頭だけで考えて決めてるんじゃないんですよね。
    足や手や口やおなかやお尻・・いろんな部分が勝手に感じたり
    しているんだよなあ。五味さんってすごいなあ。そういうことに
    きづくことができて。きっと子どもの感性をずうっと持ったまま
    大人になったのだろうなあ。
    私のからだのみなさんもよく勝手なことを言っています。
    娘のからだのみなさんもまた(というか頭があまり働いてない
    ような・・笑。よくぼおおっとしています)。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    なかなかおもしろいと思います。

    と、いうのも体のいろんな部分が

    いろいろ感じ、いろいろしゃべってる。

    といった感じがおもしろい。

    こういう角度からの絵本は楽しめますね。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    とても面白い絵本でした。
    始めは趣旨が飲み込めず、きょとんとしていた娘ですが、途中から分かって「ぷぷっ」と笑い始め、「ついでにパンツもどう?」とお尻が調子に乗って言うあたりからは大爆笑でした。
    図書館で借りた本ですが、毎晩読んで欲しいと持ってきて、読むたびに大笑い。
    大人が読んでも面白いので、私も一緒に笑っています。
    本当によくできた本だと思います。ぜひ一度手にとってみて下さい。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもユニークな発想。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    なんとなくぼんやりあるいていると、
    「おや?これなんだ?」
    ととつぜんゆびがいいます。
    「あっ、これ、このまえもらったアメだ!」
    とあたまがおもいだしていいます。

    ひとつの動作を通して、体中が感じてことばにする発想、なかなか面白いと思いました。どうしても五感、つまり頭を中心に考えてしまうのですが、こうやってみると、また、新しい視点でいろいろな物事を見ることができます。
    指先に触れたアメに始まり、どんどん広がり、そして、とんでもないことにまでなってしまうのですが、笑いで丸くおさまってくれたような気がしました。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体のすみずみまで

    体の動きがコミカルな絵でわかります。

    息子が笑っていたのは、暑くて服をどんどん脱いでしまうところ。

    息子は、暑くなると家でよくやっていますから、共感できたのでしよう。

    小学校での読み聞かせなどに向くのではと思いました。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット