なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

クリスマスイブのきゃく」 みんなの声

クリスマスイブのきゃく 作:フィリス・レイノルズ・ネイラー
絵:パトリシア・ニュートン
訳:さいとうゆうこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年11月
ISBN:9784880120379
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「クリスマスイブのきゃく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵なクリスマス

    鉛筆のようなタッチで描かれている絵本に、目が
    とまりました。
    クリスマスシーズンでもあったので、読んでみたの
    ですが、とても素晴らしい絵本です。
    ストーリーが深く、ひょっとすると2歳の娘には
    まだ半分もわかっていなかったかもしれませんが、
    大人の私も楽しめました。
    心温まるお話で、読んだ後幸福感がひろがりました。
    静かな冬の日に読む絵本として、最適だと思います。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お客様!

    一人暮らしのおばあさんの家に、突然の来客です。いつも回りに話しかける相手は、猫、ネズミ、カナリアです。くまのアモスの突然の来訪をとても温かく持て成しているおばあさんの優しさに、感動しました。おばあさんは、久しぶりに「会話」を楽しんだと思います。この出来事がこれからの人生に生きる喜びとなっていくと思います。人と接していける喜びを改めて教えていただいた絵本です。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス

    今に時期にピッタリの絵本だったのでこの絵本を選びました。クリスマスに急な御客様を喜べる主人公の心の豊かさが素敵でした。これこそが本当のクリスマスだと再確認出来ました。特別な贈り物などではなく一緒に過ごす時間の喜びを分かち合おうとする主人公の姿勢がとても素晴らしいと思いました。やっぱり、クリスマスっていいな!と思える絵本でした。絵がとても丁寧に書きこまれていてうっとりしました。特にくまの毛並みの表現が素敵でした。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきゃくさまのぬくもり

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    冬眠中にふと何かを感じて起き出したクマのアモス。
    その何かを探そうとあるおばあさんの家に家にたどり着きますが、
    おばあさんは目が悪いので、アモスがクマとは気づかず、
    クリスマス・イブの客としてもてなしするのです。
    恐縮して御礼ができなかったと悔やむアモスですが、
    おばあさんは客が来てくれたことに喜びを感じていたのでした。
    一人暮らしのおばあさんの孤独がにじみ出ます。
    アモスをおばあさんの家に向かわせたのは
    クリスマス・イブの神様の計らいだったのでしょうか。
    暖炉の火のような暖かさを感じさせてくれます。
    赤、青、黒だけの色鉛筆デッサンが素朴なお話を引き立たせています。
    クマの話し方が訳者の出身地の島根方言で訳されていて、
    何とも味わい深いです。
    ページごとに、家の内と外で、赤、青の枠があって、
    おばあさんの家の暖かさまで伝わってきます。
    こんなクリスマスの贈り物もあるんですね。

    掲載日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスイブの夜の素敵なお話。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    目がほとんど見えない一人暮らしの心優しいおばあさんの優しさとその温かい家での生活ぶりを伺うとささやかな幸せで満ちている様にも思えたのですが、目がほとんど見えないという事から、ほとんど家の中で生活し話し相手といったらペット等の動物しか居なく寂しい気持ちもあったのしょうね(>_<)
    そんなおばあさんの住む家へ引き寄せられる様に訪れてしまったマモス。
    お互いに初めて出会ったというのに、おばあさんの心温まる持て成しとほんの少しの会話でこんなにも通じ合い、幸せなひと時を過ごす事が出来るのですね(o^_^o)
    読み手まで幸せな気持ちにさせてくれる♪クリスマスイブの夜の素敵なお話でございました。
    お薦め作品です♪

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • イブのおきゃくはあたたかい

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     クリスマス絵本は秀作が多いけれど、これは中でも太鼓判。わたしのよい絵本の定義=何気ない、いつの間にか引き込まれている、あたたかい(心がこもっている・丁寧)……をすべて満たしています。
     冬眠中に何かを感じて目を覚ましてしまったくまのアモス。においにつられて行き着いた家は、目の悪いおばあさんの家。おばあさんはアモスをくまとは思わず、あたたかく迎え入れます。それはクリスマスイブのできごとでした。
     ネイラーは92年にニューベリー賞を受賞するなど、主にヤングアダルト向けの作品を書いてきた作家ですが、さすが、文章のうまい作家の作品は、何でもないことを描いても人を魅了する力を持ち合わせます。邦訳も巧みで、原書のよさがそのまま。方言を用いたアモスの話し方が、いい味を出しています。絵本としてはちょっと長めですが、息子はアモスとおばあさんの出会いを堪能したようで、ところどころ分からない表現を質問しながらも静かに作品に聞き入っていました。家の中でのできごとには赤の縁、外のできごとには青の縁を用いたこともすてきな編集のアイデアだと思いました。
     お気に入りの絵本がまた増えました。イラストは3色使いの鉛筆画。地味ですが、じんわりと良さが染み入る最高級の絵本です。

    掲載日:2004/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット