もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

すぷーすはとってもちっちゃい」 みんなの声

すぷーすはとってもちっちゃい 作・絵:くん くみこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2003年4月
ISBN:9784591076781
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「すぷーすはとってもちっちゃい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すぷーすの魅力

    「すぷーす」のシリーズは三冊あるようですが、この一作目が一番最後に読みました。
    すぷーすのかわいさは知っていましたが、改めて「すぷーすって、こんな子たちだよ」ということがわかって、すぷーすの魅力が再発見したような気がしまします。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてかわいいの!!

    この絵本を図書館で見た時「なんてかわいい絵なの!」とすぐに借りてしまいました。

    すぷーすは題名どおり本当にちっちゃいんです。それがまた簡単に描かれているような絵なのですが、かわいいんです。
    かたつむりに踏まれてしまったり、ちょうちょに吹き飛ばされたり、猫におどかされたり・・・でも、みんなが集まると大きくなってみんなに仕返し?を。寝ている赤ちゃんの髪の毛をお花でいっぱいにしてしまうところもかわいいんです。

    シリーズになっているようなので、早く次を読みたいと思っています。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくかわいい〜っ!

    以前、第2作目の「はしれはしれ すぷーすばす」を読んでいたのですが、これは第1巻からシリーズで読むと、その可愛さが倍増されますねー。
    小さな(妖精でしょうか?)すぷ−すたち。
    時にはかたつむりに踏まれ、時には蝶ちょうに吹き飛ばされてしまうけど、合体(ロボットみたーい)すると見た目1歳児くらいの子供と同じくらいになるんです。
    「そしてすぷーすは、いたずらもだいすき」というラストは、野原で寝ていた子供にかわいいいたずら(髪の毛にちいさな花をいっぱいさされている)をして終わります。
    こんないたずらなら、いつでも大歓迎です。

    掲載日:2004/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット