もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ハンナのあたらしいふく自信を持っておすすめしたい みんなの声

ハンナのあたらしいふく 作:イツァク・シュヴァイゲル・ダミエル
絵:オラ・アイタン
訳:小風 さち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1998年04月
ISBN:9784834014907
評価スコア 4.27
評価ランキング 14,528
みんなの声 総数 10
「ハンナのあたらしいふく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みまもられて

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     母親が一心につくってくれた真っ白のシャバットドレス。
    重い荷袋を背負う老人を助けて、後ろから押してあげたところを読みながら
    その後のことを誰もが想像したでしょう。
    でも当の本人は、気づかなかった。
    子どものこころは、本当に無垢、真っ白そのものです。
     お星さまでなく、お月さまがその汚れを洗ってくださる…
    とても予想外でしたが、いい話です、銀色に光るドレス。
    仏さまの肌や衣は、金色にひかるそうです。
    遠い神さまに、ハンナは見守られているのでしょう。
     アイタン画伯の姿勢に、とても感銘を受けました。
    ストーリーに媚びず、自画に驕らず、見るものの想像力を
    豊かに引き出す魔法の絵のようです。
     良書に、感謝。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なハンナ

    おかあさんが作ってくれた新しい白い服を汚したくないハンナ。おじいさんのお手伝いをして服を汚してしまったハンナは、悲しくて泣き出してしまいました。でも、おじいさんのお手伝いをしたことをちっとも後悔していない優しいハンナが素敵です。私なら、少しだけお手伝いしなければよかったと思ってしまう気がします。とても素敵なハンナに感動しました。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣かないでね、ハンナ

    月の光とかわいいハンナが印象的な素敵な絵本です。
    サバス(安息日)という、日本では聞きなれない言葉がでてくるのも、なんとなく素敵な雰囲気です。

    ハンナの新しい真っ白なドレスが、おじいさんのお手伝いをしたおかげで汚れてしまい、泣きじゃくるハンナ。
    ここで、お月様がハンナに声をかけてくるのです。「おじいさんのおてつだいをしなきゃよかったとおもうかね?」
    ハンナは「そんなことちっともおもっちゃいない。でも、かあさんがぬってくれたふくが・・・」と答えます。
    もし、このとき、ハンナが「そうよ、お手伝いなんてしなきゃよかった」と答えていたら、お月様はハンナのドレスをまた真っ白に輝かせてくれたりなどしなかったかもしれないなと、考えてみたりしました。
    ハンナが、お手伝いをしたことはそれは良かったと思っていて、でも、大事な新しいドレスを汚してしまったことを、無邪気に悲しんでいるのが、お月様に伝わったのでしょうね。

    キラキラと輝くようなラストなので、読み終わったあと、心がキラキラしてくるようです。

    掲載日:2006/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まっしろなドレス

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     サバスのためにお母さんが作ってくれたまっ白なドレス。ハンナはうれしくてうれしくてたまりません。汚さないように過ごしたのですが、炭を運ぶおじいさんのお手伝いをした後、黒い汚れがついてしまいました。悲しむハンナ……。
     オラ・アイタンのイラストが好きなので手に入れました。ハンナのしぐさや表情がかわいいです。誰だって新品の服を汚してしまったらがっかりです。お手伝いをしたばかりに汚してしまったドレスを見て、ハンナは泣きました。
     最後にハンナは月と会話をするのですが、娘にはここでいろいろ感じて欲しいな。汚れが落ちたのか、月の光で白く見えるだけなのか、月の魔法がかかったのか……、たくさんの解釈ができる箇所です。
     娘のお友だちにハンナという子がいるので、この絵本は彼女にとって「ハンナ・ジェーンの本」になっています。明るいイラストが好きです。

    掲載日:2004/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット