庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おさるがおよぐ」 みんなの声

おさるがおよぐ 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1992年
ISBN:9784061978317
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,856
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 究極の「のんびり」

    いとうひろしさんの「おさるシリーズ」にすっかりハマった息子と私。
    今回は、おさるが海へと出ていくお話です。

    小さな島に住んでいるおさるにとっては、目の前に広がる海が、一体どれくらい広いか想像もつきません。
    片手にバナナ3本ずつ持って行けば、行って帰れるかなと考えるおさるが可愛くて仕方ありませんでした。

    広い広い海。
    本の見開きにたった1本、水平線だけ描かれているページが続き、そして亀のおじいさん・・・
    もうここで息子は爆笑です(笑)

    でも、海の真ん中で友だちに出会えた時の亀のおじいさんの表情がとてもいいです!
    一人ぼっちの時に、友だちに会えるほど嬉しく、心強いことはないですよね(^^)

    読み終えて、なんだかこちらも夢のような気分に。
    忙しい忙しいで過ごしている毎日に、たまにはこんな「のんびり」もいいですね☆

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁度いい本

    この絵本は字数がうちの子ぐらいの子にはちょうどいい感じではないかと思います。うちの子は最初は私が、そのあと自分でもう一回読んでいました。内容は、おさるの子がお海原に興味を持って旅に出るのですが断念して帰ってくるお話でした。でも、その体験を通してとっても成長した感じがしました。海って人を大きくするんですね!

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海は広い

    海は広い
    ものすごく広い

    当たり前なんだけど、海水浴に行ったくらいでは、気がつかないことなんですよね。
    前を見ても後ろを見ても、たった一人で海、という経験は、なかなかする人はいないでしょう。
    広い海の真ん中での、孤独感がリアルでした。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海に繰り出す!

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    いとうさんの「お猿」シリーズは親子でお気に入りです。

    今回はお猿が海に出ていくお話です。
    大きな大きな広い海に一匹で繰り出していく冒険心と
    一人になって心細い気持ちが、かわいい絵のなかにひしひしと伝わってきました。

    島一周が「バナナ一本食べ終わるくらい」。
    それに対して海の広さが「バナナ3本分くらいだろうか・・」と考えるおさるくんに和みました。
    しかし、海はとんでもなく広かったのです・・その場面で
    水平線だけのページが数ページあるのが贅沢だと思いました。

    おさるシリーズは、のんびりした中にも文章にピリッとスパイスが効いてて
    大人もちょっと人生観を考えさせらえるような感じもあり幅広く楽しめると思います。

    字が読めるようになった子のはじめての一人読みにお勧め

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何もない普通の日々の幸せ

    この絵本、暖かい日差しの中でひなたぼっこしているような、なんともほんわかと幸せになれる絵本です。
    おさるは、小さな小さな島に住んでいる。
    でも、その生活を退屈だともおもしろくないとも思っていなくて、ごくごく普通に幸せに生きているのです。
    そういうただただ普通に幸せっていいよねって思う。
    そんなおさるが、海はどんなに広いのか確かめに行く。
    でも、だからってすごい意気込みもなく、綿密な計画もなく、バナナ3本持って出かけていくのです。
    なんともかわいらしく、愛らしく、にくめない。
    これ読んでると、普通の毎日、何もない毎日がとっても幸せって気持ちになります。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心配になりつつも…

    おさるシリーズの第3弾。
    おさるは自分の住んでいる島のことなら何でもしっています。
    だって島が小さいから^^;
    この島の小ささに息子は大笑い!
    そんな小さかったの?!とびっくりだったようです。

    そしてそんなおさるは、海ってどのくらい広いだろう?と思い、
    海の広さを調べることに…

    疑問に思って外の世界に飛び出す。
    子供の日常そっくりですよね。
    子供の毎日のようで、親側もなんとも微笑ましい気持ちになりました。

    さてさて海へと飛び出したおさる。
    どうなるのでしょう?

    なかなかハラハラさせてくれて、とっても面白かったです♪
    シリーズの中でも大好きな1冊です。

    掲載日:2009/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるがおよぐ???

    上の子が大好きないとうひろしさんのおさるシリーズです。
    今回はおさるくんが広い海の向こう側を知りたくて
    丸たんぼうを使って海を旅します。

    広い広い海を泳ぐうちに住み慣れたおさるの島が見えなくなり
    子供たちはハラハラドキドキ!
    「おさるくん大丈夫かなぁ。島に帰れるかな」と心配そうに
    本を見つめる上の子。
    さあどうなる?

    この本は文字が大きな字で書かれていて
    子供でも読みやすいのでとてもよいですね。
    絵は所々がカラーですがそれがまたいい感じです。
    子供達だけでも読める単純だけど実は内容が
    深い、そして気持ちがほんわかあったかくなる
    私たち親子でお気に入りの1冊です。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるの大冒険=大発見!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    いとうひろしさんの「おさるシリーズ」です。

    南の島に住んでるおさるのぼくは、島のことなら何だって知っています。目をつぶってたって、どこに何があるのかわかります。
    でも、海の向こうは見たことがありません。どれくらい広いのでしょう?
    ある日、ぼくは丸太に乗って、海に出てみることにしました。

    さあ、おさるの大冒険!(ここから、カラーページというのもにくい演出ですね〜。)

    最初タイトルを見た時は、おさるがクロールとか平泳ぎとか・・・そういう風に泳ぐ話かと思ってびっくりしました。
    な〜んだ、丸太だったのね〜。
    う〜ん、でもこれがなかなか奥が深いテーマだったりします。
    (このシリーズはみんな、単純で平凡なおさるの暮らしがかかれてるようで、実はどれもなかなかすごいことがかかれてる気がします。いとうさん自体は、そんなこと全然意識してないよ〜という感じでさらっとかかれてるのですが・・・。そこがこのシリーズの魅力です♪)

    のほほんとしたおさるが、海のど真ん中で会ったのは・・・?
    時には、勇気を出して大冒険に出かけてみるのもいいかもね。

    ぜひ、シリーズ読破したいです。

    掲載日:2004/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット