だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ねずみさんのながいパン」 みんなの声

ねずみさんのながいパン 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2000年6月20日
ISBN:9784772101561
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,610
みんなの声 総数 129
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

129件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • かわいい〜

    昔っぽいレトロ〜な雰囲気の絵がかわいい多田ひろしさんの絵本。
    ながいパンをどうするの?どうなっちゃうの?と読み進めていくと最後は納得の結末に。
    ほかのシリーズも読みたい〜!
    ねずみくんがんばれーと応援したくなる絵本でした。
    ちょっとちっちゃい子向けの絵本です。

    掲載日:2015/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • はじめてセリフを覚えた絵本

    この絵本は、息子がはじめて絵本のセリフを自分でいうようになった
    思い出の一冊です。
    質問形式の文と繰り返しが楽しく、多田ヒロシさんの分かりやすい絵も
    とってもいいです。
    一生懸命答える姿がとっても可愛いです。
    長いパンをパン屋さんでみかけて買ってあげたときも、
    わぁ〜、ねずみさんのながいパンや〜!
    と、とっても嬉しそうにしていました。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 繰り返しのおはなし

    • 日々子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    実はあまり好きじゃないこの絵本。
    絵がどうしても許せないんです。
    でも娘は大好きなんです。この絵本。

    長いパンをもって、急いでいるねずみさん。
    いろいろな動物の家の前を通りすぎます。
    その途中に色々な動物の家があり、そこのお宅の食事風景がみられるという、繰り返しが楽しいみたいです。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろな動物たちの食卓が見えましたが、ねずみさんが本当に行きたかった場所は、自分の家族のところでした。一生懸命パンを運ぶねずみさんの姿や、いろいろな動物たちの家族団らんの時間が見え、温かい気分になりました。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して読めます

    内容はもちろん、絵もとても可愛らしくて小さな子供に読んであげるにはぴったりの本でした。いろいろな動物が美味しそうなご飯を食べている姿も可愛らしいし、最後のねずみさんのおうちのご馳走も楽しそうでした。楽しくて可愛らしいないようなので、寝る前の読み聞かせにもぴったりかと思いました。

    掲載日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなおうちが面白い

    ねずみさんが長いパンをもっていろんなおうちへ向かっていきます。
    いろんな家が出てきて誰のおうちか想像できるところが楽しいです。
    そして、いろんな動物の食卓が覗けるのも楽しい。
    ねずみさんの長いパンは結局どうなったのかラストでわかるのですが、最後も楽しい光景が覗けます。子供が喜びそうな絵本だと思います。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子が保育園から自分で借りてきた本です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    なかなかよいセンスをしているなと思いました。ねずみさんのおかいものも好きなようです。最後の食卓のページは見ているだけで幸せな気持ちになりますね。皆のお家の食卓がこんなんだったら、不良になる子供はいなくなると思うんだけどなあ。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • たてがみがあるのがパパ

    1歳4カ月のときにはじめて読み聞かせしました。
    当時謎のいやいや期で、乗り物の絵本以外はイヤ!とつっ返されたのですが、こちらは数少ない乗り物じゃないけどOKな絵本でした。
    パンがものすごく好きなので、それで読んでくれていたのかな‥?
    タイトルを読みあげるとき「ながーい」まで読むと「パン(小声)」と答えてくれます。ノリノリです。

    それぞれの動物の家、食卓の特徴がわかりやすく描かれていてるところがとてもいいと思います。
    息子はライオンさんの家が特に好きで、それぞれパパ、ママ、自分、と言ってくれます。ライオンさんには子どもが2人いるのですが、どちらも自分らしいです。
    ライオンのパパにはたてがみがある、というのをここで学んだような気がします。確かめてはいませんが、長い という言葉も学べたんじゃないかなと思います。
    チーズを読むときは、わざと「丸いチーズ」と読んでいます。

    お勉強にもなって良い絵本だと思います。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力!

    ストーリーとしては長いパンを持ったねずみがいろんな動物の家に行きながらも最後は自分の家に着き、みんなでパンを食べるというものです。

    我が子は繰り返しこの絵本ばっかり見るので、私も読んでいるうちに大好きになりました。いろんな動物たちのかわいい家が素敵だなと思います。

    図書館で借りたので、ぜひ購入したいと思っています。

    掲載日:2014/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみさん走る。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    ながいパンを持ったねずみさんが
    いろいろな動物のおうちを通りながら
    最終的にねずみさんのおうちにつくまでのお話。
    大きな展開はないのですが
    その疾走感と長いパンを小さいねずみさんが持って走る姿が珍妙で
    子ども受けもよく、面白い絵本だと思います。

    小さい絵本で手に取りやすいです。
    テーブルについて待つ、たくさんの仲間と
    持ってきた長いパンを選り分けて食べるんだなー。
    幸せですよね。
    満ち足りた気持ちで絵本を終わるので読後感がいいと思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

129件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(129人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット