あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

みみずくとねこのミミー」 みんなの声

みみずくとねこのミミー 作:エドワード・リア
絵:バーバラ・クーニー
訳:くどうゆきお
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,150+税
発行日:1978年
ISBN:9784593600458
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,411
みんなの声 総数 3
「みみずくとねこのミミー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドラマチックな異色カップルの物語

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    これはクーニーの絵本にしては、やや可愛い系のコミカルタッチなキャラクターが目を惹きました。

    みみずくとねこという異色カップルの物語でした。
    元の話が「詩」なので、テンポ良く、ドラマチックな内容です。
    日本には、まずこういう恋愛ドラマを絵本に描く作家さんは、少ないと思います。

    青い目のヒロイン(ねこ)がキュートで、セクシーです。
    また、後から登場するぶたは、しっぽが長く体毛も意外とふさふさしている変わったぶたでした。
    どこかの国のぶたがモデルなのかな?
    後姿のお尻のあたりの曲線が、すごくいい感じなので、見る方があったら、ここはポイントです!
    絵は可愛いけれど、小さなお子さん向けというより、大人向けの絵本のような気がしました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラブストーリー!

    タイトルからはちょっと想像できませんが、
    「みみずくとねこの小粋なラブストーリー」という感じです。
    どちらかというと、大人のほうがこの絵本独特の雰囲気を
    楽しんで読めるのではないかなと思いました。
    女性の魅力たっぷりのねこちゃんが素敵です。

    話のあらすじには関係ありませんが、ねこだけ名前がちゃんとあって、
    みみずくの名前は一切登場しないのがちょっとかわいそうな気がします(笑)

    掲載日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の絵本です

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    バーバラ・クーニーが絵を描いていたので手に取りました。解説に”奇妙な二人連れの、なまめかしい航海のお話”となっていますが、まさにそのとおりです。内容からいっても大人の絵本だと思います。ネコの表情や仕草がとてもセクシーで、ドッキリさせられました。

    掲載日:2004/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / バムとケロのおかいもの / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット