ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

むしたちのさくせん」 みんなの声

むしたちのさくせん 作:宮武頼夫
絵:得田 之久
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784834016673
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きていくための一生懸命の作戦

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    虫の絵では定評のある得田之久さんの絵です。
    でも、この作品では実にリアルな、写真図鑑並みのクオリティですよ。
    虫たちが隠れている様子を、丁寧に解説してある科学絵本です。
    確かに、見事な隠れ方です。
    しかも、バリエーションも様々でびっくりです。
    シロコブゾウムシの死に真似作戦も、切実です。
    そう、生きていくための一生懸命の作戦、という表現に納得です。
    アゲハチョウの生育中には何種類もの作戦があるということも、よくわかります。
    生きる営みも体感できそうです。
    小学生くらいから、学べそうです。

    掲載日:2016/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人もへぇっ!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    小学校の読み聞かせボランティアをしています。
    科学絵本が好きな私。
    季節にあった科学絵本を見つけると、つい読みたくなります。

    夏休み前の3年生くらいに、ぜひ読んでみたいなぁと思います。
    昆虫好きなお子さんだったら、もっとちいさなお子さんでも
    もちろん楽しめますが、夏休みの自由研究にもつながりそうなので。
    ついでに、今森光彦さんの写真集や、昆虫擬態の本も紹介したいな。

    読み聞かせのとき、かくれんぼものをみつけると、
    子供たちは盛り上がるので、「ここに何匹隠れているかな?」とか
    「見つかった?」などと声をかけながら読んでみたいです。

    ○○さくせんとか、わかりやすくて、とっても面白いかくれんぼ。
    大人も「へぇ〜!」と驚く楽しみが満載です。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらっぱで遊ぶときのヒントに

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     うちは女の子2人で、男の子はまだ小さいので家族としての虫の取り組み?が不足しているかもしれません。だから、長女がこの絵本を選んだときは結構意外な感じでした。
     でも、虫の様々な生態を「作戦」と称して紹介しているのはグッドアイデア。
     絵も写実的で、虫の特徴がよくわかるので、次女も「今度探してみよう」と前向きに読んでいました。
     よく外遊びに連れて行ってくれる保育園で生活しているので、日常に原っぱはあふれているはずなのですが。。。
     やっぱり盲点なのかもしれません。女の子にとっては。虫を探すという行為は。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好きのお子さんに

    虫好きな息子は一人でも読んでいます。緑の葉っぱや、枯れ葉と同じ色をして見つけにくい虫たち。

    虫たちが自分の身を守るためにしていることに息子は興味津々。

    特に、毒を吹き付けるミイデラゴミムシの毒はどんなものかと、とても興味を示していました。虫たちの特性を知りつつ、虫とりに行くと、更に虫とりが楽しくなりそうです。

    虫好きのお子さんにお勧めします。

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    虫に興味のある子供ならきっと気に入る絵本だと思います。
    国語の教科書に似たような題材のものが取り上げられていたので我が家では上の子も言い食いつきでした。下の子は虫大好き♪なのでもちろん食いつき良しです。
    「これ見たことある!」「これ知ってるよ〜」と嬉しそうに眺めていました。白地に虫の絵がくっきり、眺めるという言葉がピッタリとくる本です。文章もわかりやすく、子ども達とっても楽しんでいました。

    虫嫌いの人には論外でしょうが、虫に興味のある子供にはぜひ見せてあげたい一冊です。

    掲載日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼ作戦大喜び

    今、下の子供が虫にはまってます。
    そのなかでかくれんぼ作戦や変身作戦には大喜びのリアクションをしてました。ふだんの蝶やバッタを見る機会があるので見えない時は「かくれんぼ作戦をしているのね」と言ってお話してます。
    なかなかいい説明の仕方をしているのでとてもわかりやすいです。

    掲載日:2004/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • さて、何匹隠れているでしょうか?

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    虫好きの子供には受けるでしょう。
    得田さんの絵は、白をバックに虫と植物が描かれており、図鑑を見ているようで好きです。
    たいていの子供は虫に興味を持つと思います。しかし、この本に書かれている「かくれんぼさくせん」に惑わされて、うまく採取(見つける)ことが出来ないのではないでしょうか?我が家でも昨年の夏は、もっぱら私が虫を捕まえていました。5才の息子は、読み進むうちに「かくれんぼさくせん」をだいぶ理解したようですので、今年の夏は期待できそうです。最後の2ページはクイズ的に絵が描かれていますが、何度か読み返すうちにどこに虫が隠れているか気が付いたらOKかな?

    掲載日:2004/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット