もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だれか、そいつをつかまえろ!」 みんなの声

だれか、そいつをつかまえろ! 作:ピーター・アーマー
絵:アンドリュー・シャケット
訳:二宮 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年07月
ISBN:9784892388385
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,456
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テンポがいいから読んでて楽しくなる

    2歳の息子に読んであげました。


    あまり馴染みのない外国の食べ物の名前がたくさん出てきますが、
    そんなの息子には関係ないみたいでした。


    お話はアドルフさんのお店から逃げ出したピクルスが色んな食べ物達に追いかけられているのを、どこか離れたところから見ている男の子の視点から語られています。



    「とんでもなくわるいやつなんだから」ってところが私のお気に入りのフレーズ。日常の息子との会話にも度々でてきます。


    かなり外国っぽい香りのする絵本です。

    掲載日:2011/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大逃走

    このお話は、人間に食べられたくないピクルスが逃げまくるお話でした。最初は人間が追いかけていたのですが、なかなかつかまらず「誰かそいつを捕まえて!」の助けの声になぜかたくさんの食べ物たちが加勢して追いかけ始めました。食べ物が食べ物を追いかけている姿がとっても面白いってうちの子は言っていました。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • BIG PICKLES  ピィクルスの顔 目がピンポン球のようでおもしろい
    「人間に食べられたくなかったんだのんね」
    にげた ピィクルス追いかけた アドルフさん 「「だれか、そいつをつかまえろ!」この叫び声に なんと反応したのが サンドイッチや プレッツエルなど 美味しそうな食べ物が 追っかけるの
    ところが 逃げ足の速いピィクルス 余裕だね 新聞読んだり
    うまく 逃げられるかな?
    お話の スピード感 テンポに引き込まれていきます
    なんと 結末のおもしろさが 遊び心があって 笑えます。
    作者のピーター・アーマーさんは なんと ピィクルスのマニアなんですって、 だから こんなおもしろいお話になったんですね

    読んでのお楽しみです  表紙のピィクルスの顔が なんとも いたずらっぽいんです

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 路上を走る食べ物たち

     表紙絵のピクルスくんの表情が、なかなかな顔つきなので手に取りました。

     アドルフさんのお店のピクルスくん。
     お客さんの注文を受け、瓶から取り出されそうになるのですが、人間に食べられたくないんです。
     逃げ出すピクルスくん。
     追いかけるアドルフさんの「だれか、そいつをつかまえろ!」
     その声を聞きつけたのが、ピーナツバターとジャムのサンドイッチさん。
     むっくり起き上がり、追跡に参加。
     そして、ピクルスくんの追跡者はジャンジャン増えていきます。
     路上を走るピクルスくん・サンドイッチさん・プレッツェル・リンゴ・・・・と食べ物ばかり。
     どこまで増えるの〜?と思っていたら、人間の男の子の登場。
     ピクルスの運命やいかにと思ったら、・・・。
     強運の持ち主ならではの小憎らしさのピクルスくんでした。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと疲れます・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    食べられるのがイヤで、お店から逃げ出したピクルス。
    お店のご主人が叫びます。「だれか、そいつをつかまえろ!」と。
    はじめはご主人だけだったのに、ピーナッツバターとジャムのサンドイッチや、プレッツェルや、青りんごや・・・
    ピクルスを追いかける食べ物がどんどん増えていきます。

    そして最後は、ピクルスは捕まっちゃうかと思いきや、思いがけな結末でした!

    ただ・・・文章がかなり多いし、横文字もたくさんなので、2〜3歳の子供はちょっと呆気にとられた様子でした(^^;

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • えーおもしろい!

    人間に食べられたくないきゅうりのピクルスが
    逃げ出すという、なんともユーモアあふれたお話!

    お店のおじさんがおっかけ、そのうち
    たくさんの食べ物が出てきてピクルスを追いかけます。
    いろんなおいしそうな食べ物が出てくるので
    読んでいてよだれがでそう。

    文章もとてもおもしろい話口調もまじっていて、
    声に出して読んでいるととても楽しい気分になりますよ!

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馴染みのないピクルス

    食べられたくないピクルスが、お店から逃げ出してどこまでも逃げるお話し。
    途中、サンドイッチやプレッツェル、アーモンド等の食べ物がピクルスを追っかけてきて…。
    ピクルスは逃げ切れるかな!?

    丸ごと1本のピクルスは、日本の子どもには馴染みがないなぁ。
    マックのハンバーガーにスライスで入っているくらいで
    ぼりぼり食べるというイメージではないですよね。
    そこが、ちょっとネックになっていて、☆3つ。

    外国の文化を覗きみることができるこの絵本は、
    珍しいオモチャをショーウインドウ越しに見る感じがします。
    読み聞かせにくい本でした。講談調で読むといけるかも。
    色づかいはとってもしゃれていて、楽しかったです。

    掲載日:2005/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃げるピクルスの運命は?

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    日本絵本賞翻訳絵本賞受賞作品です。
    このような賞があるなんて知らなかったんだけど、
    翻訳に対して賞が贈られたのでしょうか。
    文章がなかなか面白いんです♪
    【食べられたくなくて逃げる食べ物のお話】って結構いろいろありますよね。
    おだんごぱん・しょうがぱん・・・などなど。
    でもそれらの多くは最後に捕まって食べられちゃう。
    今回のこのお話は逃げるのがピクルス。
    追いかけるのははじめは人なんだけど、
    そのあと何故かサンドイッチやりんごなどの食べ物たち。
    そして最後にピクルスを捕まえるのはおなかペコペコの男の子。

    ここまで読むとピクルスの運命も想像できそうですが、
    多分ハズレです!
    オチは明かしませんので、是非読んでみて下さい。

    掲載日:2004/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくのえんそく / ぼく、あめふりお

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット