ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おにのよめさん」 みんなの声

おにのよめさん 作:岸 なみ
絵:福田 庄助
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1969年06月
ISBN:9784033041100
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
「おにのよめさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鬼側の目線で見てしまいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    少し前に節分にちなんだお話はないかなと、探していて見つけました。
    この絵本を読むと、「どうして節分の時にいり豆を撒くのか」「どうして鬼は外。福は内」というのか。すごくわかりました。
    これが本当の答えではなく、この絵本で描かれているのは、節分行事の答えの一つなのでしょうけど。

    この絵本は伊豆半島中部の民話をもとに書かれたものだそうです。
    福田庄助さんのえがく鬼がかわいくて、ストーリー的にも、決して悪い鬼ではないので、結局お福は実家に戻って、親元で暮らすことになってしまったのが、大人としてはちょっとどうかな〜。と、鬼側の目線に立って考えてしまいました。

    うちの子どもたちは、節分行事に関連した内容に「なるほど」と思ったようでした。
    物語はわかりやすく描かれているので、小学校低学年、もしくは幼稚園くらいからでも十分理解して楽しめるお話だと思います。

    掲載日:2009/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • まだまだ幼い子供鬼のお嫁さん願望のようなお話です。
    鬼のおかげ(?)で日照りから助けられたお百姓さん。
    妙な約束をするからいけないのだと思いつつ、嫁に行った末の娘のあどけなさにもちょっと不思議な気持ちがしました。
    子ども感覚の昔話ですが、このような由来の豆まきならば、鬼もかわいそうだと思いました。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親心

    親心が報われた日本昔話に、よかったなあって思ったり、素直な子鬼がちょっと可哀そうにもなりました。自分の嫁さんを守る子鬼は優しいけれど、昼間は一人で留守番をして寂しくて、人恋しくて親元に帰りたかったおふくは、母親の持たせてくれた菜種で無事に家に帰れてほっとしました。父親の約束だからと子鬼の元に嫁いだ優しいおふくには、やっぱり人並みに幸せになってもらいたいと思いました。「節分の日の豆まき」にそんなエピソードがあったのか知ることが出来てよかったです。母親は、やっぱり自分の子を必死で守ろうとした知恵に感心しました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ふくはうち」の「ふく」は・・・

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    節分の頃に読みたい絵本です。
    「ふくはうち」の「ふく」がどういう意味なのかわかりました。
    ちょぴりお人よしの鬼が、雨を降られてくれたけど、だまされてしまうのは、
    ちょっとかわいそうですが、それだからといって娘が犠牲になるのはかわいそう。
    お父さんも、うっかり約束をしてしまったけど、娘を知恵で助けました。
    悪さをする鬼ではないから、子どもたちも遊びの感覚で、豆まきができそうです。

    掲載日:2007/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が保育士の頃 節分が来ると子供たちに おにのよめさん
    の絵本を読みました。懐かしく思い出し読んでます。

    節分はまだまだですが・・
    ホットする おにさんのお話が好きです。

    鬼って怖くて 人間はきらう事が多いのですが。
    どうして「おには そと ふくは うち」 と言うのか納得できます。

    日照りで困っていた おやじどんとよめご探しに 山から下りてきた つのが一本でちんちくりんのおにが 出会うのです。
    「あめを降らせてあげよう その代わり むすめを よめごにおくれ」
    雨はふり 大喜びの 人々!  
    でも 困ったのは おやじどん 約束をはたさなければ・・・三人の娘に訳を話します。
    姉さんたちは、行けないと言う おふくが涙をこぼしながら「私が いくべよね とうちゃんの 約束だもの やぶられん」

    約束のをまもる! 大事なことですね!
    誠実な おふくの優しさに感動します。

    約束の重み! それが 破られることが多い世の中で おふくはやっぱりすごいです。

    おにと一緒に、山へいくのです。おには 優しいのですが、おふくは うちが恋しいんですよ。
    春になり、お母さんがくれた、なたねの花をたどっていくと家に帰れたのです。

    おには おふくがいなくなって、寂しかったんでしょう。
    「おふくを かえせ」と言うのですが・・・
    お母さんが いった豆を渡して、「おにどん この豆に 花が咲いたら 迎えにおいで」といわれ、豆を蒔くのです。
    いつまでたっても 花は咲きません。

    おかあさんの 娘を思う気持ちと おにのさんの 誠実さがなんともいえぬ かわいそうで・・・
    節分の晩におには、「おふくを かえせ」とやってくるのです。
     
    きのいいおにさんは あっそうか 豆に花が咲くまで待つんだったと山に帰っていくのです。

    なんだか やるせない 気持ちになりました。
    「おには、そと ふくはうち」

    優しいおにさんの気持ちを思って・・・
    節分の豆まきしないとね!

    掲載日:2006/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット