ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

しっぺいたろう」 みんなの声

しっぺいたろう 作:松谷 みよ子
絵:赤坂 三好
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
ISBN:9784577002674
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,139
みんなの声 総数 6
「しっぺいたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しっぺいたろうのかっこよさ

    タイトルのしっぺいたろう? 何のことかな?と思いました
    松谷さんの昔話に赤坂三好さんの絵が迫力あって良い絵本だな〜

    ♪しんしゅう しなのの やまおくの♪ 何だか聞いたことのある 歌が思い出されます

    ひとみごくうとは   むすめを 神様にささげるんですね なんて 怖〜い   しかしこのお話の中に出てくるお坊さんが ばけものの話を聞いて 「しっぺいたろう」が怖いと知るのです
      
    そうなんだ しっぺいたろうとはやまいぬのことだったのですね

    ばけものが だまして ひとみごくうといって むすめをとって喰っていたなんて・・・ やっぱり 怖〜いお話ですね

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず力がはいります

    図書館で借りてきました。

    同じ話を他の作家さんの絵本でも読んでみましたが、
    私の中ではこれが一番です。

    文が素晴らしいですね。
    いつも思うのですが、
    松谷みよ子さんの文は口に出して読むと、
    テンポよく、読み手自身もグイグイと
    物語に吸い込まれていく力があります。
    つい力が入ってしまいますが、
    読んでいて楽しいです。

    絵は版画なのでしょうか。
    この語り口にふさわしい素晴らしい色彩です。

    これから、我が家の1歳の息子にも読む日が楽しみです。
    小学生向けの読み聞かせ会にもぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文も絵も最高です。

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    松谷みよ子さんが好きで、学生時代によく著書を読んでいました。
    その中で日本古来のむかしばなしに対しての強い思いから、むかしばなしの監修をされたというお話がありました。
    数十年後、子供が生まれた時に思い出し、むかしばなしは松谷みよ子さんが監修されたものを・・・と探して購入しました。

    昔話は色々な形で出版されていますが、こちらはやや年上の子向き。
    言葉も現代のわかりやすい言葉でなく昔話口調で書かれています。
    また、あらすじだけに簡単に要約されてもいませんので、引き込まれます。
    版画家の赤坂三好さんの挿絵も迫力があり素敵です。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 善も悪も迫力があります

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    何気なく読み始めて、途中で前半で起こったことの恐ろしさに気づき、身震いしてしまいました。
    でも、怖いだけの話ではなく、怖さを乗り越えて余りある面白さがあります。
    しっぺいたろうの正体を探り当てていくところも興味津々ですし、正体がわかった時も、どんな活躍をするのかとわくわくしました。
    絵を担当している赤坂三好さんは、私が小学生の頃大好きだった『ピン・ポン・パンがやってきた』のさし絵が印象的で、ちょっととぼけた味の絵を描く人と思っていたのですが、この本では、とても力強い絵を描いています。
    化け物は怪しくいやらしいですし、しっぺいたろうはりんとして逞しい上に気高くて、禍々しいものを消し去る力に満ちているようです。
    それほど長くないお話ですが、たっぷりと楽しめる昔話です。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とおはなしがぴったり

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    怖いお話ですが、絵が独特できれいで楽しめます。
    版画絵に後から色を塗ってあるのだと思いますが、おはなしに合っていて、
    色も落ち着いていて、見やすいです。

    松谷さんの文章は、とても読みやすく、テンポも良いので、子どもたちも声を出して読んでもらいたです。

    しっぺいたろうが、実は山犬だったというのが、ドラマチックです。
    子どもが小さい頃は、恐々見ていたのが懐かしいです。
    子どもは、怖いおはなしが好きですが、本当は怖がりだったりします。
    大人と一緒に読んで、怖い体験を乗り越えていくようです。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り口がすばらしく、絵も盛り上げてくれる

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    松谷みよ子監修 むかしむかしばなしシリーズの1巻目です。

    化け物に、娘を泣き泣き捧げていた村人たちを、ある晩居合わせた坊さんが、機転を効かしてすくうお話。
    アニメ「日本昔話」でも見たことがあるかも?!

    さすが、松谷みよ子さんの語り口はすばらしく、すーっと昔話の中に引き込まれていきます。
    さらに、赤坂三好さんの絵(版画かしら?それとも切り絵?)が、雰囲気を盛り上げます。

    おどろおどろしい残酷なシーンもありますが、昔話もいいな〜、と強く感じた1冊です。
    余談ですが、これも古本屋さんで100円でした〜。

    掲載日:2004/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット