だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うさたろうのばけもの日記」 みんなの声

うさたろうのばけもの日記 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784494004416
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「うさたろうのばけもの日記」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一か月間!!!

    表紙に「化け物日記」と書いてありましたがこんなにきっちり一か月間の日記が書いてあるとは思いませんでした・・・・。ウサンモトゴロザエモンの見た目がうさぎなのでお化けじゃないと思っていたらしく、思っていたの他は違うな〜って感じで聞いていました。最後には手下のお化けたちがいっぱい出てきていたので、そこだけおおいに盛り上がってました!!

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなおばけ

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    せなけいこさんの独特の世界が広がっています。
    いろいろな化け物が登場します。
    3歳の息子には少し難しい内容でしたが、この本で息子はお化けの存在を知りました。
    もう少し大きくなって内容が理解できるようになったらもっと楽しめると思いました。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な日記

    ちょっと4歳の息子には怖すぎるのではないかと
    思いながら読みましたが、息子はとても楽しいと話していました。
    怖くて不思議な日記が一カ月分も。
    怖いけれど、イラストがかわいいので怖さも半減しているようでした。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いようで怖くない?

    小1の息子の夏休み、ほぼ毎日絵日記を書きました。

    最初書くとき、「絵日記てなあに?」から始まり、「うわ〜絵日記の説明から始めるの〜」と思っていたとき、ばけもの日記を以前読んだのを思い出し、「うさたろうのばけもの日記みたいに書くことだよ!」と話すと、すぐに理解してくれました。

    これから、お子さんに絵日記を書かせようと思っている方は、是非読んでみてください。

    我が子は、怖がることはありませんでした。でも、おばけが苦手な子はどうなんだろう・・・?

    掲載日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 侍うさぎの日記。

    元は江戸時代の「稲生物怪録」というお話だそうです。
    あとがきにも「大きくなったら、ぜひ読んでみて」と書かれていましたが、やっぱり少々長いこともあって娘たちの集中力は最後まで持ちませんでした。残念。
    小学生になって、自分て読む本としてはお勧めです。
    やっぱり夏休みに読んで欲しいですね、涼しくなるかもしれませんし。

    掲載日:2008/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読みました。

    うさたろうの1ヶ月間の日記仕立てになっていて毎日毎日
    変な事が起こって気持ち悪いですが、
    2人の息子達は興味津々。
    「今度はうさたろうどうなるんだろう」と
    じっと聞いてます。

    江戸時代の本が元で、有名なお話のようです。

    子供達も怖がりなのにおばけの本は大好きです。
    ちょっと長いですが楽しく読めます。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばけものだらけ!

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    また長女が選んだもの・・・。おばけブームはいつまで続くんだろう・・・。また長い話でもへっちゃらなので、読む前から気が重くなってしまう・・・。

    うさぎのうさたろうは侍の子で、小さくても強くて何も怖がりません。五月のある日、みんなが恐れている古い塚まで行ってきましたが、七月は毎日おばけがやってくる・・・。

    七月の一ヶ月間の日記になってますが、毎日おかしなことが起こってます。石のカニがいたり、ほうきが勝手に掃いていたり、怖くないこともあって、とにかく変な一ヶ月です。
    元のお話は、「稲生物怪録」という江戸時代の本らしいです。話の感じがいかにもせなけいこさんって感じだったので、そんな昔にも、こんなおかしな話を書く人がいたんだなあと感じました。

    掲載日:2004/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ぴょーん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット