うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ふでこぞう」 みんなの声

ふでこぞう 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年
ISBN:9784494001576
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,614
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 便利なふで

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    こどものふでが夜、動きだし…。
    おばけのおはなしですが、かわいいおばけですよ。
    卵に顔を描いたり、羽を描いたり、ゆうれいに笑顔を描いたり、足を描いたり。それがみんな実体化するのがすごいですね。便利で面白いです。でも夜限定。

    掲載日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずら好きのふで

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    みんなが寝静まった頃、遊びに出かけるふでこぞう。

    卵やゆうれいに顔を描いてあげたりしてお茶目です。
    卵の顔がなんともおかしくて、娘は大笑い。

    せなさんの作品には妖怪や幽霊がよく登場しますが、どこかすっとぼけたところがあって憎めないですよね。
    子供達のフラットな感性にすーっと入っていけるんだと思います。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふでこぞうの冒険

    ぐるぐるの線を描いたら、縄になってキツネを縛り
    オバケに足を描いたら、踊りだす

    描いたことが本当になるのですから、ふでこぞうは面白そうですよね。
    にこにこ顔で踊っているオバケ達なんて、意外とかわいいですよ。

    一晩の冒険は、ずいぶんと楽しそうでしたね。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなおばけがいるんだねえ

    せなさんの絵本というと、どうしたって「おばけ関係」のものが
    多いというのは娘もわかっているはずですが、少しは強くなって
    きたのか、ひとりで先に読んでしまっていることも最近ではよく
    あります。
    この絵本も。読んであげようとしたら「ふでのおばけなんだよ」
    「たまごもでてくるんだよ」と、知っていることを教えてくれ
    ました(先に読んじゃった本だと知ってることを先に教えたい
    らしいのです)。

    ふでに手足がついているおばけだから(表紙の絵からわかるから)
    あまり怖くないだろうってふんだのかな?
    おばけといってもいろんなおばけがいるもんですねえ。
    おばけが好きだったりとっても興味がある子だったら
    このおばけえほんのシリーズ、ぜえんぶ読みたいって思うと
    思います。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイナーおばけ・・・

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    せなけいこさんのおばけえほんシリーズは娘も私も大好きでたくさん読んでいますが、やっぱりそれなりにメジャーなおばけのほうが盛り上がります。
    「ふでおばけ」は私も初めて出会うおばけなのでどんなおばけかワクワクしていたのですが、おばけというより、妖精か魔法使いみたいな感じに見えてきました。
    文章はすごくリズミカルで、読み聞かせは楽しく、聞いている娘もそれなりに楽しそうだったのですが、いかんせん、「ふでこぞう」が最後までよくわからない存在でした。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 筆の魔法

    月の光を浴びて、夜中、筆はひとりでに動き始めます。
    卵に顔を書いたら、卵は卵おばけになった・・!
    筆と卵おばけは夜の散歩に出かけます。
    先々で卵おばけを食べようと狙う動物たちが出現。
    でもそんなときは筆こぞうがサラサラっと筆の魔法を使うから平気。
    筆こぞうの魔法の力に魅了されます。
    せなけいこさんのお化けはいつも本当に魅力的だな。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなオバケ!

    オバケが大好きな息子。その中でも最近トビッキリなのが、このふでこぞうです。たまごに落書きしたり、ネコの色を変えてみたり、幽霊の顔を愉快に落書きしたり…イタズラざかりの息子だけに、その辺が波長が合うようで…幽霊の足を描いたら踊り出した、というところなんか「ええええええ???」なんて言って後ろに倒れ込んでは、腹を抱えて笑ってました。
    あと私がお気に入りなのが月の光が当たって動き出すところ。「じの へたなのは、おいらの せいじゃないよ。あしたは しっかり かきなされ!」この辺りにせなけいこさんの心や物や道具を大事にする気持ちが込められてる気がします。息子も物を大事にするようになって欲しいです。
    大人が読んでも楽しい絵本。大切にしたい一冊です。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いおばけのはずが…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    昼間、子どもが習字の練習をしていますが、その筆に、夜、月の光がさすと、机の筆が動き出します。
    そして、卵に目をかき化け物にしてしまいました。その卵を狙って、動物たちがやってきます。でも、ねこは黒ねこに、きつねは縛られ、たぬきは目をまわす。
    きわめつけは、お化けに足をかいてしまいます。

    本当は怖いはずのおばけの話なのに、笑えます。愉快になります。筆一本で、こんなことまでできるのかという驚きも隠せません。
    でも、気をつけて…これはないしょのお話です。
    って、やっぱり、怖いお話でした。
    せなさんの描く『おばけの世界』は、子どもの気持ちになって、充分楽しむことができます。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずら

    ふでこぞうが夜中に遊びに行くお話です。

    卵や猫などにいたずら書きをするふでこぞうの姿が可愛らしく描かれています。
    特に印象的だったのが、幽霊と仲良くなってしまうシーンです。
    一見怖そうなタイトルですが、中身は面白い内容だなぁと感じました。

    オバケ好きの子ども達には是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛されている絵本

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    6歳の娘の大好きなおばけ絵本シリーズの中の一冊です。

    ふでこぞうは、他の絵本の中で出てきていたので、どんなキャラクターなのか気になっていました。
    ちょっぴりお茶目で、命を吹き込むことが出来るなんて、素敵なキャラクターだなって思いました。

    うちの鉛筆や、筆ペンなどが、こっそり冒険していたら・・・なんてちょっと面白いな〜と思っちゃいました。

    娘は、ずっと読みたがっていましたが、図書館で借りられていたので、予約して読みました。たくさんの人に愛されている本なんだと思いました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット