ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

もりでいちばんつよいのは?」 みんなの声

もりでいちばんつよいのは? 作:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784566007055
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,744
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 邦訳が絶妙! 賢いネズミくんのお話

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     森の中、動物たちに狙われそうになるネズミくん。グラファロという恐ろしい怪物と食事をする予定なの、と架空の動物に言及して巧みに天敵を追い払いますが、トコトコ歩いて行くと何とそこには本物のグラファロが待っていました……。
     英語名は「The Gruffalo」。リズミカルな英語をみごとな邦訳で表し、原文の持つ面白さを失うことなく楽しめます。英国の子供たちによって投票されるスマーティーズ賞受賞というのも納得。展開が面白いし、文章が軽妙だし、イラストも親しみやすく絵本として文句なし。英語圏では高く評価されています。
     たとえばへびが逃げて行く場面の「びっくり、しゃっくり、それっきり! さよなら、ネズミくん」。同様にフクロウは「たまげた、こまげた、ひよりげた! さよなら、ネズミくん」。最後にきつねは「たすけて、ほかけて、あしかけて! さよなら、ネズミくん」。英語のリズムや韻は訳すのが難しいけれど、久山太一さんのみごとな言葉遊びに心から敬意を表します。
     面白い絵本はないかな? とお探しのお子さんに絶対おすすめです。就学前後のお子さんから。

    掲載日:2003/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • グラファロ登場!!

    ねずみがついた嘘が、なんとほんとになるんです!!
    それは、グラファロという架空のはずの生き物。
    ところが、それがほんとに目の前に現れたのだから、びっくり!!
    でも、ねずみは、とても賢く、その怪物のような生き物さえも、
    うまく扱います!!
    笑えて、感心した絵本でした♪

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにぴったり!

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    小学校4年生への読み聞かせに使いました。
    色がきれいで、美しい絵本で、見えやすいので、読み聞かせにも
    おススメです。

    お話がとてもよくできていて、ネズミの賢さが面白いお話です。
    ピンチを切り抜けるためについた嘘のグラファロが本当に出てきたとき、
    「はっ!」と大きく息をのんで驚く子がいて、すごくかわいかったです♪

    もっと小さい子でももちろん楽しめますが、4年生にちょうど
    よかったかも、と読んでみて改めて思いました。

    言葉のリズムも良いので、声に出して読むと楽しいですよ♪

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりでいちばんつよいのは・・・?

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    図書館で4歳の次男が見つけて持ってきた絵本です。

    「すごいな、ネズミ」の一言。
    いろんな動物に狙われるネズミが、架空の恐ろしい動物“グラファロ”を持ちだして、ピンチを切り抜けます。
    だけど、架空のはずのグラファロが本当に現れて‥!

    そんなときのネズミの機転の速さに脱帽です。予想外の登場のグラファロまで、うま〜く言いくるめてしまいました。

    子供たちにとっては結構「頭」を使うストーリーのような気がします。
    読み終わったあと、「森でいちばん強いのは?」と尋ねると「うーーーーーーん」と一生懸命悩んでいました。
    ネズミは弱いのかもしれない。でも森で生き抜いているんだから、実はいちばん強いのかもしれないね。強さとは腕力のことだけじゃない。賢さだって強さですもんね。

    それにしても、リズミカルでおもしろい訳がしてあります。日本語独特のおもしろさにうまく変換されていて、すごいなと感心しました。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いねずみくん

    パパが図書館で選んできた絵本です。「もりでいちばん強いのは」というタイトルに表紙にねずみくんと怪獣。ねずみくんと怪獣の戦いかな?と思いきや、このお話はねずみくん対いろんな動物達のお話です。それも知恵比べです。

    動物達に狙われるねずみくん。そんな動物達に「ぼくは今から、グラファロにあう。グラファロは恐ろしい牙に恐ろしいつめ・・・」と言って動物達を恐れさせていると、本当にグラファロと会うんです。でもそんなグラファロもねずみに騙され・・・。というよりねずみが賢かったんですけどね。

    これはとっても面白いです。パパのナイスチョイスでした。

    掲載日:2013/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラするけど、愉快なお話。怖がりさんでも大丈夫!

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    小学校での読み聞かせに、楽しい本はないかな?と探していて、
    こちらのレビューを参考に図書館で借りてきました。

    ちなみに我が家では、学校の読み聞かせで読む本は、
    練習も兼ねて事前に息子に読み聞かせ、息子のOKの許可が出ないと読めません!

    息子は怖がりで、
    鬼や山姥、お化けや魔女が出てくる話は苦手だし、
    お父さんやお母さんが子どもを叱る場面が出てきても嫌がります。
    そのくせ、ハラハラ・ドキドキのストーリーが好きなんです。

    この絵本は、そんな息子でも大丈夫。
    食べられそうになると機転をきかせ、架空の「グラファロ」の話で脅かして逃げるネズミ。
    ところが、本物のグラファロが現れて・・・
    どうする?ネズミ!

    ネズミがピンチを切りぬけていく様は痛快だし、
    グラファロはちょっと愛嬌のあるお顔だし、
    逃げ出す動物たちの
    「びっくり、しゃっくり、それっきり!」
    「たすけて、ほかけて、あしかけて!」
    なんてダジャレに大喜び。

    ゆっくり読んで7分位。
    無事、読み聞かせの候補に入りました。
    幼児さんから、小学校低学年くらいのお子さんにおススメです。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き抜く知恵

     森にすむ小さいネズミは、きつねやフクロウやヘビなどに食べられそうになるたびに、グラファロ(実際にはいない怪物)に会う約束になっていて、グラファロは、きつねやフクロウやヘビが好物だと伝える。
     それを聴いたきつね達は、そそくさとねずみの前から姿を消す。
    やっと安心したねずみの前に、本物のグラファロがあらわわれる。
    ねずみは、びっくりするが、グラファロと一緒にきつね達のところへ行く。きつね達は、ねずみとグラファロを見て逃げ出す。
     次にねずみはどうなってしまうの??とどきどきしながらも、知恵で危機を乗り切るねずみに拍手を送りたくなる痛快なお話です。
     ねずみの目の表情が、とてもいいです。また一見気味の悪いグラファロもどこかユーモラスで、憎めない感じです。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵は身を守る

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    嘘はいけないんだよ〜と突っ込む娘に、でも弱いものが身を守るためにはそういう知恵も必要なんだよね、と話しながら読みました。
    ねずみを食べようとしたキツネやフクロウ、ヘビだけでなく、本当に出会ってしまったグラファロまで撃退してしまうのはやっぱり痛快。
    小さくったって弱くったって、知恵があれば!という勇気を子どもに与えてくれる絵本かもしれません。
    リズム感のある文章と、ちょっと漫画ちっくな絵も、楽しいおはなしを盛り上げてくれました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢い!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    賢いネズミ君のお話です。
    森で出会った動物たちはみんなネズミを狙っています。
    でも、このネズミは本当に頭がいい!
    自分を守る知恵というのはこうやって使うのか〜と、
    感心してしまいました。
    うそはうそでもこれならば許せます。
    ネズミ君に脱帽です。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうきたか!

    ねずみ森を散歩していると、キツネと出会います。
    「いっしょにおひるを食べない?」と誘われますが、
    先約があると断ります。
    その相手とは、グラファロです。姿が恐ろしい怪物です。
    それを聞いてキツネは一目散に逃げ帰ります。
    その後、フクロウ、ヘビに会った時も同じ手を使うネズミ。
    グラファロなんて、もちろん、ネズミの作り話。

    ここまではよくあるお話ですが、
    作り話、と思ったら、
    そのグラファロに出会っちゃいました!
    グラファロ登場でかなり盛り上がりました!
    その後もワクワク!
    続編の「グラファロのおじょうちゃん」も面白かったです。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット