たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

トラのバターのパンケーキ」 みんなの声

トラのバターのパンケーキ 作:ヘレン・バンナーマン
絵:フレッド・マルチェリーノ
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年
ISBN:9784566003859
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,408
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • バターになったトラたち

    このお話は、一人の男の子から来ているものをはぎ取った4頭のトラたちが自分たちの容姿を巡ってけんかを始めて、それがエスカレートしすぎて解けてしまってバターになって、その男の子のおとうさんがそのバターを持って帰ってパンケーキにしてもらうというお話でした。虎は怒りすぎるとバターになってしまうという衝撃の展開がうちの子には大うけでした!!

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『あいててて!』、『すずの兵隊さん』、『ブーツをはいたネコ』とマルチェリーノならではのアレンジがあって、原作が同じでも他の作品とは違った世界だと思います。
    ただ、この作品に関しては『ちびくろサンボ』の印象が強すぎて、やけにマイルドな感じがしました。
    虎がバターに変わるところでは、ユーモラスに仕上げてしまって他の作品にある毒気を失ってしまっていると思います。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびくろサンボ

    タイトルから「もしかして・・・」とは感じていたのですが、やっぱり「ちびくろサンボ」のお話でした。
    作者さんは同じ方で、絵などを新しくしたのだそうです。
    絵がカラフルで、登場人物の動きや表情が、とても生き生きと感じました。
    特に、ママジの笑顔は最高だと思いますよ。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろさは永遠

    いわゆる「ちびくろサンボ」なんですよね。
    誰が言い出したか「黒人差別であるとか何とか」いうことで
    こんな形での出版なんでしょうか・・・。

    お話はちびくろサンボなんで、うけることは間違いないのです。
    ちょっとお間抜けなトラと、賢い男の子と
    めちゃくちゃおいしそうなパンケーキ(*^_^*)
    もう普遍的な面白さです。

    本家のちびくろサンボは、
    近くの図書館では、いまでも格納書庫に入っていて
    わざわざ出してもらわなければ読めないので
    こういう形ででも楽しめれば、気軽に読めないよりはいいかな・・。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • また違った味わい

    私も子どもも大好きな「ちびくろサンボ」のお話ですが、「ババジくん」と名前も変わり、絵もやわらかな雰囲気のあるタッチ。大胆な色使いの「ちびくろサンボ」はまた違った味わいがあります。
    特にママの表情が素敵。ババジくんの服をつくってあげて、「どう?」と見せる自慢げな表情や、たくさんのパンケーキを持ってくる時の、イタズラな顔、何とも言えません。大好きになってしまいました。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびくろサンポの復刻版

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1996年のアメリカの作品ですが、何の事はない、あの「ちびくろサンボ」の新刊です。
    「ちびくろサンポ」と言えば、赤い表紙の1953年初版の岩波書店版が懐かしいと思う人が多いはず。
    あのトラが回転してバターになってしまうシーンは、40年以上経過した今でも目に焼き付いています。
    それが、黒人差別の問題となり、日本では1988年以降、絶版になったのですが、この名作のどこが黒人差別なのか分からず、当時、不思議に思った記憶があります。

    それが、大好きなフレッド・マルチェリーノの絵により、発刊されたのはとても嬉しいことです。
    彼は、1991年の「ブーツをはいた猫」で、コールデコット賞を受賞しており、その絵の美しさは定評のあるところ。
    ただ、残念なのは、絵本の版が小さいと言うこと。
    やはり、フレッド・マルチェリーノの絵は、大判でこそ、その精緻が絵が楽しめるからです。
    綺麗な絵ではあるのですが、一寸物足りない感は否めませんでした。

    とは言え、文章の面白さは勿論、絵との相性も良く、高い水準の絵本に仕上がっています。
    岩波書店版を読んだ時の衝撃的なインパクトはないものの、オススメの絵本です。
    また、岩波書店版は、是非読んでみたいと思っています。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も食べてみたい!

    この絵本は、「ちびくろさんぼ」を元にしたお話なんです^^

    小さい頃、この絵本を読んで、とても印象的だったのを良く覚えています。

    トラ達が、木の回りをぐるぐる回っているうちに、溶けてバターになった!!

    な〜んて 驚いてしまいますよね^^

    『ちびくろさんぼ』 では、「さんぼ」という名称が問題視されていたそうで、その名称を避け、それにに伴って舞台もインドに移し、インドの少年の物語にしたようです。

    色鉛筆のような色合が、怖いはずのトラ達も優しげに見せてくれます^^

    大人の皆さんに読んでもらいたい一冊です!

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンケーキ169枚

    ババジくんの食欲にびっくりです。パンケーキを169枚も食べたババ

    ジくんの食欲にびっくりです。

    すっかり安心して眠るババジくん、虎さんたちと格闘?したババジくん

    ですから深い眠りにつくと思います。

    4匹の虎さんたちに、自分の持っているものの使い方まで親切に教える

    ババジくんの落ち着きに感心しました。

    必死に思いついたことかも知れませんが、堂々と振舞ったババジくんは

    とても賢いと思いました。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情がいいですね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    主人公は、ちびくろさんぼではないけれど、この絵本を読んで、ちびくろ〜を読んだときのおもしろさを再び感じることができました。
    木の周りをぐるぐるまわってたら、バターになってしまうなんて、忘れようにも忘れられない場面が、この絵本でも見られ、トラのバターでつくったパンケーキの味ってどんなものだろうと、想像をふくらますひとときは、昔も今も変わらないなあと思い、とってもうれしくなりました。
    この絵本で特徴的なのは、男の子とママとパパのお顔がとってもハッピーなところです。笑顔がすてき。愛情たっぷりの仲良し家族なんだろうなあって想像します。家族の笑顔があるからこそ、トラに出会うピンチの場面でも、男の子は乗り越えていけるのかもなあとも思いました。
    ちびくろさんぼといっしょに読み合わせるのもおもしろいかなと思います。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびくろサンボでいいじゃないか。
    そういう人種差別的な発想を絵本のようなメルヘンでファンタジーなものに持ち込むこと自体が嫌いなんですが、
    もう、こんなタイトルになってしまったからには受け入れるしかありません。
    主人公の名前がババジっていうだけで、本当に嫌ですが、
    相変わらずトラのバターはホットケーキにあいそうで、うまそうで、おなかが空くわけです・・・

    でも、「ちびくろサンボ」がよかった・・・

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット