ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

冬 ふゆ」 みんなの声

冬 ふゆ 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年3月
ISBN:9784871100427
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,013
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は北風(?)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    五味さんがおくる季節の絵本。シリーズの中の「冬」がテーマ。
    まずページを開くと、高い山のてっぺんから雪のかけらが風に飛ばされている絵。
    この作品の主人公は北風のようです。
    作品全体のバックは灰色で、いかにも寒そうです。

    1つ1つのページに言葉は少なく、風と一緒にその世界をかけているような気分になりました。
    長い物語を読んだちょっとした息抜きなどに読んであげるといいかもしれません。
    ただ、こういう作品は単純なようでいて、奥が深いので、あまり小さいお子さんたちの読み聞かせにはお薦めできません。読み聞かせ等で使うなら、小学校中学年以上のお子さんたちから。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の風と遊ぶ少年

    雲をこおらせ、波をこおらせる冬の風に大人は肩をすぼめてしまうのですが、子供にとっては友達のようです。
    冬の風を使って凧をあやつる少年の顔がいいです。冬の風と真剣勝負をしているようです。

    左から右へ流れるような絵に、風の動きを感じました。空の色も冬の色で、さびしいです。はげしい波の音や木の葉の舞う音が聞こえてきそうです

    掲載日:2007/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北風の行方

    • みどぅさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    図書館で借りました。
    同じシリーズの「春」「夏」「秋」「冬」どの絵本もそれぞれの季節を良く表していますが、ストーリーはこの「冬」が一番面白いと思いました。

    遠い場所で北風が生まれて、いろいろなものに出会い、影響を与えながら長い旅をし、最終的に私たちの身近なところまでやってくるというお話です。

    とても良い絵本だと思いますが、凧揚げも知らない2歳3ヶ月の息子には少し難しいみたいです。

    このシリーズはもう少し子どもが成長してからまた楽しみたいと思いました。

    掲載日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぉ!と思った絵本でした。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    風が、いろいろなところを通り過ぎていくお話なんですが・・・。
    読んでいけばいくほど、寒くなってくるような・・・次はどうなるのかわくわくするような・・・そんな感じでした。

    子供たちも、次々に出てくる冬の風景に、ぶるる!と身震いしつつ見ていました。

    そして、最後のページ。

    思わず「おぉ!そこにいくのね!」と声を上げてしまいました。
    冬の風に乗せる凧。
    そして、思ったことは・・・。
    「今年、凧揚げしなかったなぁ〜・・・」
    でした。

    いろいろなところを回ってきた風が、うちの前を通り過ぎていくんだと思うと・・・感慨深かったです。

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北風はどこへ行く

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    表紙から冷たい風が感じられます。
    氷の国で生まれた風は、しろふくろうを、トナカイを、海を、山を越えて・・・。
    行き着く先はさすが五味さん!です。
    とにかく、ページをめくるたびに風の動きが感じられます。
    風さん、ありがとう!

    掲載日:2006/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • つめたさが伝わります

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    氷の国の深い谷からうまれた風が主人公。
    雪の原を吹き抜け、海を渡り、山を越え、町まで吹いてきます。
    とても寒そうな感じが伝わってきます。演歌の世界の日本海ってとこでしょうか?
    風に勢いが感じられ、命があるかのよう。すごく寂しげなつめたい冬がイメージされます。

    掲載日:2004/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット