おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

毛皮ひめ」 みんなの声

毛皮ひめ 作:シャーロット・ハック
絵:アニタ・ローベル
訳:松井るり子
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,748+税
発行日:1991年06月
ISBN:9784915632648
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,534
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • グリムの『千枚皮』を子ども向けにアレンジした作品として情緒的には納得できる物語です。
    オリジナルは実の父親が娘と結婚しようとする極めてショッキングな内容で、反道徳的な色彩が強すぎました。
    でも、鬼のような王様と結婚させられるという置き換えは、その王様が具体的にイメージできない決めつけのような気がしました。
    ひめの教育については、取って付けた都合よさが鼻についてしまいました。
    そう考えると描かれた毛皮ひめの姿も、少し魅力を失なってしまった気がします。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自らの行動と頭脳で

     久しぶりに読んだ「おひめさま絵本」。
    でも、他の物語と比べると、絵もお話もかなりユニークで、1度読んだら忘れられない作品です。知恵とスパイスの混じったストーリーと、独特な雰囲気のあるアニタ・ローベルの絵。

     いつもなら、きらびやかな宮廷生活と色彩豊かな美しいドレスに心奪われ、うっとりとお姫様の世界に見入っている娘ですが、今回は、同じわくわくでも、ちょっと趣が異なっています。
    毛皮ひめの勇気と賢さには、王でもなくても惹かれますね。単なる「シンデレラ物語」とは違い、自らの行動と頭脳によって、運命を切り開いていくところが、とても頼もしく、共鳴できる点だと思います。

     娘は、そんな毛皮ひめを陰からそっと応援するように固唾を呑んで見守っていましたが、王が姫の指にはまっている金の指輪を見つけた瞬間には、思わず「あっ」と声を上げて、瞳を大きく見開いていました。

     そして、求婚の場面・・・やっぱりプリンセスストーリーは、この終わり方が1番ですね!

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛皮を身にまといながら下働き!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    けっしてあきらめない!自分の持てる力で現状を打破する!
    ちょっとしたたかな感じはするけれど、なかなか賢く、強い姫君の
    シンデレラ・ストーリー。

    お妃をなくした王様は、一人娘を大切にする…ものかと思って
    おりましたら、なんとこの王様は銀貨に目がくらみ、姫を鬼のような
    王様に嫁がせるという。

    あらら、今までにない展開と思っていたら、姫様もただ泣きながら
    言うことを聞くことなく、かぐや姫を彷彿とさせるような無理難題の
    嫁入り道具を父君に頼み必死の抵抗。

    でも残念ながら、嫁入り道具は調ってしまう。
    その道具をくるみのからに入れて千種の動物の毛皮でできた上着(これ
    も嫁入り道具の一つ)を身にまとい家出。

    くるみのからって言うのがおとぎ話ぽくていいですね。

    とある国のかりうどに捕らえられて、その国のお城で下働きをしながら
    王子のダンスパーティーに紛れ込んだり、王子の舌をうならせるスープ
    を作ってみたせたりします。でもそこには妖精は出てこない。
    ダンスもお料理の腕も小さな頃に覚えた自分の能力。
    最後に王子様に見初められてハッピーエンド。

    昔話ながらたくましくい姫様の生き様に感心しましたが、お妃となってからどんな活躍をしたかしら、ただの王様の妻ではなく、お国がよくなるよう采配を振るったかしらと考えるのは老婆心?

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姫様の生き方に共感

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    今まで、シンデレラや白雪姫のようなお話(子供用にわかりやすく書かれた絵本)しか読んでこなかったので、この毛皮ひめのように、苦難をのりこえ、しっかりとした生き方を知っているお姫様のお話は、かなり新鮮でした。

    親の言いなりになるのではなく、自分の人生を切り開いていこうとする勇気に感動しました。おそらく、このお話は、女の子が自由に人生を決めることが難しかった世の中に勇気と希望をもたらしたことでしょう。

    信念をもって努力すれば、かならず幸せがおとずれる…この本はそれを教えてくれているかのようです。勇気が出てきました。

    掲載日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いシンデレラ類話

    女の子の大好きな、王子さまと結婚して幸せに暮らしましたで終わる、数あるシンデレラ類話のひとつです。
    お姫さま、結婚が嫌だから逃げるのは良いのですが、ちゃ〜んと財産になりそうなアイテムは持って逃げる。素晴らしい。
    無理を言って作らせた3枚のドレスの絵もとってもきれい。つい見入ってしまいます。
    かなり緻密な計画をたてて王子に見初められるお姫さまのお話です。ディズニーのシンデレラも積極的だな〜と思っていましたが、毛皮ひめもかなりのもの。お手並み拝見あれ。

    スープにアイテムを落としていったのはなぜかしら。私はひめよりおバカさんらしくわかりませんでした。
    お姫さまストーリー大好きの娘はとても気に入ったようです。長くて読むのが大変ですが、続けてリクエストがかかります。

    掲載日:2008/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 料理ができるお姫様

    お友達にすすめられて借りました。
    娘がとてもお料理が上手なこと、それがきっかけで王子様と幸せになれます。
    お料理が上手な人って素敵なんだな〜と娘は感じたようです。見た目だけではなく、心の温かい人の作った料理はとてもおいしいという事が分かる部分がとてもいいところだと思いました。
    絵も絵画のようで素敵でした。

    掲載日:2007/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンデレラ物語の1つ

    作者シャーロット・ハックの巻頭言に『「毛皮ひめ」は、数あるシンデレラ物語のなかで、わたしが子どものころ、ひときわ好きだったおはなしです。…』とあります。色々な事情で料理番の下働きをすることになったひめは、まさに「灰かぶり」です。それでもひめの知恵と王の執念で、ふたりはめでたく結婚し、『…いつまでも しあわせに くらしました。』というハッピーエンド。

    松井るり子さんの翻訳が丁寧で上品でとてもすてきだと思いました。長いお話しですが、アニタ・ローベルの絵と見事なコラボレーションだと思います。値段が高いのがちょっと!ですが、名作の読み伝えは、このような絵本で行いたいと思いました。

    掲載日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いお姫様のお話

    • 有彩さん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    どちらかというと受け身的なお姫様ストーリーが多いなか、
    この主人公のお姫様、ケイトは嫌な結婚相手から逃げ出し、
    自らの智恵を使って、幸せになります。
    アニタローベルの絵がとても素敵なので、
    長めのお話なのですが、お話の世界に入っていきやすいと
    思います。娘もあきることなく、じっと聞いてくれます。
    千枚の毛皮の雰囲気がとてもよくでています。

    掲載日:2007/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと変わったお姫さま物語

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    グリム童話の『千匹皮』と同じ話です。
    きれいで生き生きとした絵がたくさんあって、素敵な絵本になっています。
    普段は、千匹のけものの毛を使って作った服を着て、舞踏会の時だけ美しく変身する下働きの娘(本当はお姫さま)。くるみの中に隠された様々なアイテム。王さまのスープに入れられた金の指輪や小さな金のつむぎぐるま。
    ちょっと常識では考えられないことが次々出てくるので、頭をフル稼動させないと、お話についていかれません。
    でも、この奇妙な物々が、このお話の奇妙な魅力でもあるのです。
    最近正義に燃えている娘は、「顔の美しさだけで女の人を選ぶ男の人は、私は気に入らない!」とブツブツ言っていましたが、では、醜い娘の物語なら許せるのかといえば、「やはり美男美女の恋物語の方が、興味津々だよねえ」という感想。
    でも、実は、この娘、美しいだけではないことが、最初の方できちんと説明されているのです。
    だから、きっと王さまは(実際には、一緒にダンスをしただけですが)、娘の賢さも見抜いたのでしょう。
    運ではなく、自分の才覚で人生を切り開いていった美しいお姫様のお話です。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の好きそうな、おとぎ話

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    いわゆる一つの「シンデレラ物語」です。
    鬼のような王と結婚させられそうになったお姫様が、幸せな結婚をするまでのお話。
    嫁入りを阻止するために、姫は、難しい嫁入り支度を要求します。太陽のような金と、月のような銀と、星のように輝く3枚のドレス。そして、国中の千種類の獣の毛皮を、少しずつ集めて作った上着を揃えて欲しい。
    無理だと思われた難題をクリアされ、結婚を拒否できなくなり、思い余ってとうとう姫は、城を逃げ出すことにします。
    このドレスと、毛皮だけを持って・・・。
    そこからは、自分の力だけで幸せをつかんでゆく、なかなか力強いお話です。
    自分の身に付けていた能力、魅力、知恵を使い、未来を切り開くところは、従来のシンデレラのように、幸せを待つというような受身な姿勢ではなく、より現代的。
    千の獣の毛皮には、ちょっとぎょっとするものがありましたが、なかなか面白いおとぎ話で、力強く、賢い姫には、好感が持てます。

    掲載日:2004/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット