十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

なつのゆきだるま」 みんなの声

なつのゆきだるま 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:ふしみみさを
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\840+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784001151596
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,024
みんなの声 総数 14
「なつのゆきだるま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いい考え!!

    この絵本は、冬に作った雪だるまが溶けてなくなってしまうのが嫌な子が、冷凍庫の中に雪だるまを保存して夏にみんなにお披露目するというお話でした。うちの子も雪だるまが解けたらいやだと思っていたらしく、「今年は冷凍庫に入れる!!」とやる気満々でした(笑)

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏にほっこりいい気持ちになる

    図書館で季節的な本(夏)を探していて、暑さをクールダウンしてくれそうなタイトルだったので手にとってみたら、私の大好きな作者お二人コンビの作品だったので、迷わず借りました。

    雪だるまが月の光で溶けるのを心配し冷凍庫に移動させる弟は健気で可愛いし、それを知らずに雪だるまを気にしつつちょっと強がっている感じのお兄ちゃんもイジらしいし、そんな二人を見守るお母さんの温かさと、弟の珍しい見せ物に率直に感動する町の住人達も素敵で、気分はクールダウンするどころかほっこりいい気持ちになりました。

    読み終わってから、当然息子は「冬になったら雪だるまを作って冷凍庫にしまって、夏に出そうね」と言いました☆

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 岩波子どもの本50周年で出た本でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    絵はマーガレット・ブロイ・グレアムです。彼女の絵はいいですね〜。この時代の男の子たちがとっても生き生きとして見えます。

    設定も、ストーリーも子どもたちの真っ直ぐさも、現代にはない純粋さが見えて素敵でした。
    私が手にしている本は図書館で探してきたのですが、
    表紙に「岩波の子どもの本創刊50周年」というシールが張っています。発行は2003年になっていますが、この時“50周年”で再版されたんでしょうね〜。
    可愛いお話です。
    5.6歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちにおススメします。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なゆきだるま

    夏に雪だるまが見れるわけ。
    なんともかわいらしい出来事でした。

    雪を冷凍庫に入れることは、私も子供の頃にやったことがあります。
    冬の名残を感じながら、冷凍庫を見たものです。

    それにしても、夏まで約半年もとっておくとは、驚きです。

    見守っていてくれる家族の姿が、温かいお話でした。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきだるまのこと、ずっと気になるよね

    ページを開くまで気がつかなかったのですが
    「あ!これは!」どろんこハリーの人ではないか!
    うれしくなって娘に「この絵本と同じ人が描いた絵本が
    うちにあるよ。さあなんでしょう?」とクイズを出して
    しまいました。しかしわからず。「ど、で始まります」
    「どろ・・」とまで言ったにもかかわらずわからず(笑)。
    残念でした。
    せなけいこさんやエリック・カールさんの絵本だったら
    わかるのになあ。

    ゆきだるまがおつきさまのひかりでとけてしまうと気にする
    ヘンリーも。その後なくなってしまったゆきだるまのことを
    ずうっと気にするピートもかわいいな、素敵だなと思いました。
    なつのひにゆきだるまが登場するのも素敵!
    今は暑い夏がやっと終わりに近づいているところだけど
    この絵本を読んだらすうっと涼しい風がふいてきたような
    気がしました。

    娘は「おつきさまのひかりでなんてとけるのお?」などと
    言っていたけれど感覚的にわかっているのかしら?
    それとも頭こちこちな大人みたいになっちゃっているのかしら?

    絵と文の配置もちょっとおしゃれでいいなと思いました。
    来年の夏はゆきだるまを登場させてみたいな。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏に雪 雪に花火

    冬に雪だるまを作って 夏まで冷凍庫!!
    子供の憧れかも...

    それを許して しかもお兄ちゃんには内緒 
    わたしはこのお母さんを 少し見習はなくては..と思ってしまった。

    その代わり 我が家は 夏の花火をとってて 雪が降ったらやります。

    なつのゆきだるま の北国バージョン!

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの姿勢が素敵

    「どろんこハリー」のコンビということで読みました。

    子どもの気持ちを大切にしてくれるお話っていいですね。

    ヘンリーの秘密を守ってくれたり、張り紙を手伝ってくれるお母さんの姿勢が素敵だと思います。

    「おかあさんは にっこり ほほえむだけで、ヘンリーの ひみつのことは だまっていました」というくだり、子どもの気持ちを大切にしてくれる本当にいいお母さんだなあと思います。

    下の子には、下の子の意地もプライドもありますね。

    「下の子の気持ち」というセレクションを作って入れたいなあと思います。

    掲載日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外性

    題名の意外性に惹かれたのでこの絵本を選びました。主人公が自分の雪だるまをどうしても大切にしたいという気持ちがひしひしと伝わってくる絵本でした。とくに、この雪だるまを大活躍させようと考えを思いついた時の主人公の輝いた眼が素敵でした。生きる喜びがほとばしる様子がとても臨場感たっぷりに描かれているのが良いと思いました。皆の心を揺さぶる主人公のアイデアに脱帽しました。皆に幸せを運んだ主人公は最高にかっこ良かったです。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の素敵なプレゼント

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    住んでいるところでは、毎年何回か雪が降りますけど、
    夏に雪だるまなんて見た事ありませんよ!!
    普通に考えたらそうですよね。
    でもこの男の子は真夏の暑〜い日、町中のみんなに冬の素敵なプレゼントをしたんですよ。

    この本を読み終わると、子供達「いいね〜」と何やら考えている様子。
    もしや・・・
    今年の冬、娘達はこの男の子のように夏に向けて
    プレゼント作りするかもしれません。
    でもね、娘達・・・駄目って言ってもやるだろうな〜。
    まぁ仕方ない!何事も経験ですね。

    来年の夏、娘達は素敵なプレゼントを見る事ができるのかな?

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?ゆきだるま?

    夏にゆきだるまに会えるだなんて、誰が思うでしょう?
    その不思議!を現実に変えた、すてきなお話しでした。
    沖縄では雪が降ることは無いのですが、
    もし、雪が降ることがあるとしたら、どの子も同じような事をするだろうな〜
    なんて想像しながら、ちいさな奇跡を楽しみました♪

    読後、やっぱり子どもたちが・・・
    「誰か、ゆきだるまのプレゼントしてくれないかな〜?」
    子どもたちが毎年思い続ける雪への期待がそのまんま描かれたお話しに、その日は何回も読みかえしましたよ。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット