うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

カングル・ワングルのぼうし」 みんなの声

カングル・ワングルのぼうし 作:エドワード・リア
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:新倉 俊一
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500093
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,515
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ナンセンス絵本の楽しさ

     作者のエドワード・リアは,ナンセンス詩人として有名だそうですが,この絵本も奇想天外なお話です。
     
     クランペティの木の上住んでいるカングル・ワングルは,いつも大きな毛皮の帽子をかぶっています。
     その木を訪ねてくる動物が,本当に面白い。最初は,コウノトリやあひるなどよく知っている動物なのですが,次第に「フラフラ鳥」「きらきらお鼻のドンク」等不思議な動物が登場します。
     元々ナンセンスなので,動物の名前に意味はないと思うのですが,オクセンバリーが描いた動物は,鮮やかな色彩で,その動物の不思議さがよく表現されていると思います。また,文章もリズミカルで,声に出して読むと,とても心地よい気持ちになります。

     カングル・ワングルは,何故こんな大きな帽子を持っているのか?何故最後まで顔を見せないのか?・・・
     少し考えましたが,結局この絵本は単純に子供と一緒に楽しめばいいんだと思い直しました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がきれいでリズミカル。

    一人ぼっちで淋しいカングル・ワングルがかぶっているキレイな大きな帽子に住みたくていろんな動物がやってくる、というお話としてはとても単純なんだけど、この本は、色鉛筆で絵描かれた動物や景色がとてもカラフルでキレイ!
    ページをめくるたびにいろんなカラフルな動物たちがやってきて、 次はどんな動物だろう〜とか、どんな絵なのかな〜とか子どもの心をくすぐるのかな。文章も簡潔なんだけどリズムが良くて子どもも私が読んだ後に自然と繰り返して読んでいます。
    最後までカングル・ワングルさんの顔は見えないし、大人にとっては読み終わった後、良く分からない絵本だなーと思うかもしれないですが、子どもは好きみたいですね♪毎日「読んで−」と持ってきます。

    掲載日:2006/08/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何だか不思議な絵本です。
    カングル・ワングルってなにものでしょう。
    お菓子のような木の上で、大きな帽子に体を隠して…、でもわけもなく素敵なお友だちが集まってくる…。
    ナンセンス絵本ですが、眺めていると楽しくなってくる不思議な絵本。
    エドワード・リアとオクセンバリーのマジックですね。
    オクセンバリーの別の一面を発見して、何だか得した気分です。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔が見たい〜!

    カングル・ワングルという登場人物は、大きな帽子を深くかぶっている為、顔が見えません。

    その帽子の上に、変わった感じの動物さんが遊びにやってきます。

    絵のタッチがステキでうっとりしてしまいました。

    お話うんぬんより、絵ばかりを見てしまい、こんな絵描いてみたいなーと思った次第です。

    4歳の息子は、変わった動物に興味を示している様で、私にこれは〇〇〇ていうんだよと教えてくれたりしました。

    とても不思議なストーリーの作品でした。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても絵がきれいで、夢のある絵本です

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    娘が年中の頃、よみました。
    とても絵がきれいな絵本です。
    ホットケーキそっくりのおいしいおかしのはをつけた、クランペティの
    木の上にカングルワングルがすわっています。
    大きな大きな素敵なぼうしをかぶって。
    それを見て、いろんな動物たちがやってきます。
    つぎつぎに、ページいっぱいに、色鮮やかできれいな、そして不思議な
    動物たちが登場します。
    子どもたちが、とても楽しめる夢のある絵本だと思います。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • まきしむさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    この絵本は絵が気に入って購入してしまいました。
    お話はファンタジーでちょっと子供には分かりづらい(主人公が最後まで顔を出さないので)かもしれませんが、とにかく絵がすばらしいのと文章が長くないので小さい子も聞いていられますよ。絵をお楽しみください!

    掲載日:2006/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想の世界に遊ぶ

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    大きな帽子をかぶった、カングル・ワングル、見たこともないようなおかしくも奇妙な動物達、現実にありえないものを思って空想の世界に遊べる本でした。

    圧巻は新倉俊一さんの訳だと思います。現実にない動物が目白押しなのに、最初から最後までリズミカルに読み続けることができます。

    掲載日:2004/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本にいない動物が新鮮です

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    クランペティの木の上に座っている、カングル・ワングルさんの帽子が
    とっても素敵で、動物たちが集まってくる、というストーリーですが、
    な、なんと、カングル・ワングルさん、、、最後まで顔が見えません!
    「帽子」が主役なんですね、、、そのあたりがまた面白い絵本です。
    この絵本、日本では、あまりお目にかかれないような動物たちが登場します。
    しかも、ボディがマーブル模様だったり、花柄だったり!
    カラフルな動物たちを、お楽しみ下さい。

    掲載日:2004/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすく絵がカラフル

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    七五調の文でとてもリズミカルにストーリーが展開されています。
    絵はヘレン・オクセンバリー。
    彼女はジョン・バーニンガムの夫人で、
    1970年にこの絵本で【ケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。
    色が鮮やかで、もようも面白い、色々な動物達の登場に
    心がウキウキする絵本でした。

    掲載日:2004/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • きになるカングル・ワングル

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    とてもカラフルな絵です。それにいろんな国の動物がでてきます。でも、カングル・ワングルがどうゆう人なのか、大きな帽子をかぶっているので最後までわからないのはちょっと残念。とっても気になってしまいます。そんなカングル・ワングルにいろんな動物が集まってくるのですからきっと優しい人なのかしら・・・ね。

    掲載日:2002/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット