しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

むかしむかし絵本(5) ちからたろう」 みんなの声

むかしむかし絵本(5) ちからたろう 作:今江 祥智
絵:田島 征三
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年07月
ISBN:9784591003787
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,564
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 孫にも読んであげたい。

    嫁入り道具に持ってきました。いつ、誰に買ってもらったのか分からないけど、ずっと私の本棚にあった本。二歳の娘は絵の迫力に時々顔を隠しながら、でも「のっしじゃんが、のっしじゃんが」という足音や、「げほっ」と怪物を吐き出す場面にはケラケラ笑いながら聞いていました。でん、とした「こんびたろう」の絵も大好きで、おちんちんになぜかおしっこがぴゅーと出てる落書きをしました。八歳になった今は恥ずかしがってそのページをとばして、懐かしそうに眺めています。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 力強い

    子どもの時読んで以来、久々に手にとってみました。すごく大きな絵本という印象だったのはなんでだろう、と読んでみて納得。たぶん、迫力のある絵が、大きく見えたのだと思います。特におぼえていたのは、ちからたろうがはじめて立ち上がったシーン。ページをとびこえて、その存在に圧倒されます。
    そして絵にまけない個性あふれる文。あらためて、おもしろい絵本だなあと思いました。力強い昔話です。

    掲載日:2016/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アカで作った人形

    4歳の息子と読みました。
    私が小さい頃好きで、よく借りて読んでいた絵本。
    おじいさんとおばあさんの、アカでつくった人形が人間になる…
    というのが当時、私にはとても衝撃的でしたが、
    同じように息子もビックリしていました。(が、笑っていました)
    田島征三さんの絵がとても印象的で、いいです。
    息子も楽しかったようです。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番!でもラストがいい

    小さいころから何度も聞いたことのある昔話。「あかたろう」というタイトルでも親しまれていると思います。

    この「ちからたろう」のいいところはラスト!
    金持ちの娘と結婚してめでたしめでたし、というのが昔話のよくあるパターン。
    でもこの絵本では主人公たちが農業の大切さに気付き、米作りに精を出し、調子のよい侍は小さくなって暮らします。
    子供たちはそこまで感じなかったようですが、親はなんとなくにんまりしちゃいました。

    もちろん普通に昔話としても楽しかったです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話って面白いね!

    1年生の娘のリクエストで読みました。
    昔話らしい親しみのある文章と、力強くて躍動感のある挿し絵で、グイグイとおはなしに吸い込まれていきます。
    登場人物のギャグっぽい表情と動きがとても面白かったです。あかでできた人形に、せっせとご飯を運ぶおじいさんとおばあさんの姿など、何度見ても笑えます。
    読み終わった後に娘が「昔話って面白いね!」と一言。私もそう思います。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力のある絵とピッタリ!

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、女の子2歳

    3歳後半くらいから、昔話が大好きになった息子によく読み聞かせてました。文章量が多いので、結局ストーリーがきちんとわかるようになったのは4歳くらいでのような気がします。
    力太郎の強い感じが、荒々しいタッチの絵とぴったりで、息子は食い入るように見ています。
    ストーリーも悪い怪物を退治して行く、テッパンのストーリー。
    絵とお話がぴったりで、何度読んでも引き込まれますね。
    昔話、良い物をコツコツ集めていきたいです。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話らしい昔話

    独特な言葉づかい、常識はずれの展開、昔話の醍醐味がしっかりと入った絵本です。
    泥臭い絵もこのお話にはとても効果的だと思います。
    今江祥智さん田島征三さんのコンビならではの作品だと思います。
    それにしても長年たまった垢の威力はとてもエネルギッシュに、ちからたろうを作り上げました。
    力太郎が、出会った強者を伴に従えて悪者退治。
    別の絵本では、ハッピーエンドではなく三人が武者修行をつづけていましたが、やはりお嫁さんを貰って、育ての親とめでたく暮らしていく姿が、日本的昔話の定型でしょうか。

    掲載日:2014/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とからたろうと、つぶたろう

    メインは「ちからたろう」ですが、おまけに「つぶたろう」というお話もあって、お得でした。
    この「つぶたろう」とういうほうは、以前、別のタイトルで読んだことがあったなと、思い出しました。
    「ちからたろう」で一番好きな場面は、結末です。
    農民のために働いて、みんなで幸せになるということが、とても良かったと思います。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちからもち

    子分をつくっていくあたりは

    別におもしろくないお話だなと感じました。

    ばけものをやっつけるあたりから、

    ちょっと盛り上がってきましたが

    基本的には、あまりおもしろくないお話と

    感じました。

    ちからもちだからちからたろうという

    ネーミングもなんだか気に入らない。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桃太郎のような、、、

    力持ちのちからたろうが仲間と出会い、ばけものをやっつけて、守った娘と結婚する話。桃太郎に少し似ているストーリーです。娘も真剣に読んでいました

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット