うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ぼくのすきなおじさん」 みんなの声

ぼくのすきなおじさん 作・絵:長 新太
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784494012305
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
「ぼくのすきなおじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちっとも普通じゃない

    僕のおじさんは、ちょっと見は普通のおじさんだけど…って、大変な変わり者じゃありませんか。
    ナンセンスワールドに脱帽です。
    パワフルな発想の連続には口あんぐりです。
    ここまでくれば誰にでも自慢できるおじさんですが、頭の中は本当にどうなっているのでしょうね。

    掲載日:2015/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さんワールド全開です!

    この本を読んで、改めて「長さんはナンセンスの王様だ!」と感じました
    次のページ、次のページとめくっていくと、展開が思わぬ方向に進んでいきました
    予想もできないお話で、お月さまが出てきたり、おばけのお城がでてきたり…「なんじゃこりゃ」と、何も考えずにただただ単純に面白くて笑えるお話でした!!
    こんなおじさんがいたらきっと楽しいでしょうね

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でもぶっ飛ばしてしまう

    • モモッモモさん
    • 30代
    • パパ
    • 山形県
    • 男の子9歳、女の子2歳

    何でも頭でぶっ飛ばしてしまうおじさんがとってもいいです。何かとてもカッコ良く思えてくる。「ぶっ飛ばしてしまいました。」って所が息子にバカうけでした。自分も長新太の作品の中で好きな本です。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さんワールドにハマります☆

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    登場するおじさん。
    見た目は普通のおじさんなのに、かなり石頭なんです!
    色々なものをどんどん頭で飛ばしてしまう様子に、『えぇ〜!!』という声を上げ喜んで見ていました!
    そして、『痛くないのかなぁ??』なんていう素朴(?)な疑問も出たり・・・笑
    最後のオチが好きな絵本です☆

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • スカッとします

    • るますけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳

    図書館で見つけて、あまりにもインパクトがあったので借りてきました。

    まず絵がすごい。
    緑と青を主体に描かれているんですが、何もかもすっとぼけすぎな味わいです。
    おじさんがいろんなものを頭でぶっとばすときのポーズがとにかく可笑しいです。
    あと、オバケとオバケの城が…。

    そしてお話も、あまりにも素っ頓狂で大爆笑!
    深く考えずに、楽しめる絵本だと思います。
    スカッとします。

    娘も面白がっていましたが、私が一番楽しんだかもしれません。

    掲載日:2008/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由でいいなぁ〜♪

    • サラミさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子4歳、男の子0歳

    教訓や道徳観や起承転結、そんなのまるでおかまいなし!な自由そのものの絵本です。作者の長新太さんが、とにかく楽しんで描いておられるのがこれでもかとばかりに伝わってきます。
    おじさんがふだんどんな暮らしをしているのか、「ぼく」とはどんな関係なのか...まるで謎ですが、違和感なんて感じてる暇はないほどのひきこまれかたをしてしまいます。
    楽しいことばかりではない子育て・親子の関係。でもそんなときにこそこんな、自由な世界へ旅するといいのかもしれません。

    掲載日:2005/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶっとばしてしまいます

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    同じ長新太さんの「ゴムあたまポンたろう」の対局をいく作品と言えるでしょう。ポンたろうは頭が柔らかく、どちらかというと受動的に飛んでいきますが、こちらは頭がとても固く、能動的に何でも「ぶっとばして」しまいます。
    5才と2才の子供に大受けで、腹を抱え、転げ回って聞いています。(特にお化けが登場するシーンが好きみたいです)。何回も読んでいるうちに、笑うポイントを押さえてしまい、その前のページから笑いをこらえています。その顔を横目で見つつ、今回はさらに笑いを誘うように読むのもまた楽しいです。

    掲載日:2004/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごーい石頭。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     子供に読みながら、私も主人も笑ってしまいました。
     だって、このおじさん車や月、オバケ屋敷まで、頭でぶっ飛ばしてしまうんです。挙句の果てには、オバケと石頭をぶつけ合い、オバケにたんこぶを作ってしまう程です。
     ぶっ飛ばすと言う言い方も面白かったし、絵がなんとも言えない感じで良かったです。

    掲載日:2004/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんどは石頭!

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    「僕の知ってるおじさんの話をしましょう。ちょっと見ると普通の人だけど、違います。」と始まり、どんなおじさんが出てくるかと思ったら、そのおじさんはとっても石頭!車を頭でガーンとぶっ飛ばしたり、月をドーンとぶっ飛ばしたり、これまたはちゃめちゃ。ダイヤモンドをぶっ飛ばしたり、おばけのお城をぶっ飛ばしたり、なんでこんなに色々ぶっ飛ばしてるのかさっぱりわかりませんが・・・。でも「僕はこのおじさんが大好き」みたいです。こんなおじさんいたら、ある意味面白いだろうね・・・。

    「ゴムあたまポンたろう」では、ゴムでできた跳ねる頭、ここではかなりの石頭・・・。普通じゃない頭のお話を描いている長新太さんの頭がとっても気になります。
    子供たちは、「ぶっ飛ばす」が繰り返し出てくるので、ケラケラ笑ってます。パパさんは、「意味わかんねー」なんて冷静。もっとやわらかい頭になってちょうだいよ!

    掲載日:2004/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じごくのそうべえ / あおくんときいろちゃん / おばけのアイスクリームやさん / たまごさんがね・・

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット