もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あのやまこえてどこいくの」 みんなの声

あのやまこえてどこいくの 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1993年
ISBN:9784752000013
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,455
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • とっても微笑ましい一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    乳幼児の読み聞かせに関する本で紹介されていた一冊で、
    とっても面白そうだったので図書館で予約!

    いろんな動物たちが、「あのやまこえて」買い物にいくようなのですが、
    こどもにおなじみの動物たちが買いに行くアイテムと
    その用途がまた可愛らしくて、
    とっても微笑ましい一冊です。

    「おうたえほん」であることに最後になって気付き、
    どんなメロディで歌うのかを探してみたものの、
    ヒントはみつからず。
    自分で適当に歌うんだったのかな?

    でもコトバだけでも十分リズムがよくて、
    親子でとっても楽しめた可愛らしい一冊でした。

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • あのやまこえたら 笑顔にあえる♪

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    ありさん はちさん でんでんむしさん・・・

    みんな、どこいくの?
    「あのやまこえて」お買い物に行くところ。
    それ買ってどうするの?
    それぞれの大きさにあった使い方が、とても可愛らしくて微笑ましい。

    ページをめくっていくと、
    ちいさな生きものからおおきな動物になっていきます。
    さあ、最後はだれが出てくるのかな?

    表紙と裏表紙の使い方がとても効果的。
    読み終えたら、開いてつなげて見せてあげてください。

    歌うような文章にのせて、どんどん進んでいく楽しさがあります。

    「3歳のお嬢さんを幼稚園へ送り迎えする時、一緒に歌いながら生まれた」お話しだそうです。
    (著者紹介 より)

    なるほど、納得。
    子育ての幸せな時間を実感する絵本です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ことばあそびのすてきな本です。

    「あのやまこえてどこいくの」の繰り返しで

    いろいろな動物が答えてくれます。

    マスクがはとのエプロンになったり、

    おたまがぞうの耳かきになったりと

    でてくる品物の用途はちがいますが、

    そこがまた子どもの心をくすぐるようで

    繰り返し読むうちにリズムをつけておぼえてしまいました。

    たくさんのことばの引き出しをつくっている三歳児の頃。

    我が子にはぴったりの絵本でした。

    絵もわかりやすく、優しいタッチで描かれています。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズミカルに わらべ唄のように 
    調子よく読むと 楽しくなります 
    ありさん かわいい   かえるさんも ハモニカ なるほどね
    はとさんはマスクで あら エプロン   次々出てくるのがみんなみんなかわいくて  
    ヘビは 最高です てぶくろのおふとん あたたかそうですね
    ぞうさんは 笑える〜

    そして ラストは 子どもたちの大好きなものですよ

    優しくて癒されるかわいい絵本ですね!   

    タイトルも いいですね

    なんだか ♪口ずさみたくなるんです ♪

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どの買い物も楽しい

    大体七五調で、書かれているので
    読むのに語呂がよく、小さい人が聞きやすいと思います。
    どこいくの?と呼びかけると、全員があのやまこえて、
    何かを買いに行きます。
    その用途が、それぞれアイデアにあふれていてかわいいです。
    ハーモニカや歯ブラシの用途が楽しかったです。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんから楽しめますね!!

    「うたあそびえほん」と小さく書いてあります

    わらべうた のような
    ことばあそび のような
    絵がこれまたぴったりで
    なんて素敵!なんでしょ

    かわいらしい登場動物と
    そのグッズが身近な生活用品です

    「どこ いくの」
    の問いかけに、答えが
    なんとも いいんですよね

    発想なのかな

    最後も、子ども達大好きな方が
    登場しますし

    これ、ほしいです〜
    再販をお願いいたします

    掲載日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何だかとっても良かった。みんなが何を買ったのか気になり次のページが気になって大人の私も楽しかったです。娘も自分で絵を見ながら、お米を買ってどこいくの〜と想像で読んで楽しそうです。最後のページがなんともいえない終わり方で大好きです。娘も、べろべろばーをこの絵本で覚えたようです。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子でも楽しめる

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    言葉のリズムがとてもよくて、読む側も楽しいです。絵も、派手さはないですが、素朴でかわいらしいです。
    娘が1歳くらいのときに、よく読みました。たぶん意味がわからないところもあったと思うのですが、とても気に入っていたようです。長さも小さい子にちょうどいいと思います。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覚えたい!

    文章がとってもやさしくて、ぜひ覚えて
    唱えてみたい絵本だと思いました。
    大小様々な動物たちが、やまをこえて、
    お買い物に行くのですが、それぞれとっても
    素敵なものをお買いものしてくれます!
    なるほどーって感心してしまうものばかりで、
    イメージすると、にっこり笑顔になれます♪
    ちょっと長めですが、1歳の娘もしっかり
    聞いてくれる絵本です。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返す、リラックス

     リズミカルな文章は、楽しく読めます。聞いていても、きもちがいいですね。
     「どこいくの」「どうするの」繰り返しの言葉は、気持ちをリラックスさせてくれます。

     明るく軽やかに描かれた絵も、ほほえましいです。みんな楽しそうに、前にすすんでいるのがいいです。
     さりげないさし色や、余白が効いているレイアウトはおしゃれだなと思いました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット