あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

星うさぎと月のふね」 みんなの声

星うさぎと月のふね 作:かんの ゆうこ
絵:田中鮎子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784061322813
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「星うさぎと月のふね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お誕生日のプレゼントのマトリョーシカ  一番中の小さなマトリョーシカに願い事をすると かなうんですって。ママがリセルに話した言葉

    リセルは「どうか 月のふねにのって、星の国にいけますように・・」

    田中 鮎子さんの絵がこのお話にピッタリで幻想的です!

    毎晩のように願っていたのです  月の船がやってきて なんと 星の国に行けるなんて、 なんてすばらしい夢の世界でしょう!

    リセルの夢の世界は、とても魅力的です。
    お話の中に引き込まれて読んでいました、
    星の国の青い夜空がとてもきれいです  星を磨く 水晶の磨き粉で雲の布なんて ステキな言葉を選んだおはなしでしょう・・・

    星を磨き こんぺいとうを食べて リセルは、まるで自分の心までが、すきとおって、 かがやいてくるような、 ふしぎなきもちになるのでした。リセルはなんて 夢のある良い体験をしたんでしょうね

    羨ましくなります!
    このお話は 夢のようですが・・・・

    リセルのマトリョーシカのなかから こんぺいとうがひとつぶでてくるところはなかなかすてきな お話の終わり方ですね!

     夢が余韻をもって心に残るおはなしでした

    我が家にもマトリョーシカがあるのですが 願いが叶ってくれたらいいな〜(そんな 淡い思いを与えてくれます)

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おんなのこに。

    一番小さいマトリョーシカに願い事をすると叶うというのは
    一般に知られている話なのでしょうか?
    この絵本とマトリョーシカをプレゼントしたら
    喜ばれそうです。

    月の船が進む夜空や星の世界、月明かりの粉。
    出てくる風景やアイテムがロマンティックで幻想的。

    私たちには直接星は磨けませんが
    心の星を磨いて優しい気持ちになりたいなと思います。

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我が家にも、いまから20年前にマトリョーシカがやってきました。でも、中に入っている一番小さいマトリョーシカにこんな力があったなんて、全く知りませんでした。少女の願いが、実現しそこでであったウサギとのひと時がとても、美しい絵ですすめられています。ちょうど、気持ちが落ちていたときだったので、子どもより、私がじっくりと絵もなんどもみながら、読みました。素直で、おだやかな貴重な時間でした。夢の世界のひとときかとおもっていましたが、夢と一緒に消えていたマトリョーシカの一番小さいお人形は、ちゃんともとにもどっていましたが、うさぎからもらった「こんぺいとうが・・」お話の最後にして、とてもファンジックです。絵本なんだけど、我が家にあるマトリョーシカもひっとすると?なんて、夢の亦夢をみたくなりました。
     もう、私の心は、落ち込んでいません。不思議な絵本に感謝しています。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • どこまでも澄んで・・・

    • まるかさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    月のふねで行った星の国。
    星うさぎの仕事は星をみがくこと。
    聞こえる音は天使の羽音。
    その星うさぎのセリフ。

    『星をみがくことは人の心に優しさをともすこと』

    イラストも素敵で、思わず日常を忘れてしまいそうなほど、
    澄んだ透明感のあるお話です。

    掲載日:2005/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しく、透き通っていく心。

    誕生日のプレゼントに、リセルはパパとママからマトリョーシカをもらいます。一番小さな人形に願いごとをして、元に戻しておくと願いがかなう、とママから聞いて、リセルはその夜、「月のふねに乗って、星の国に行けますように・・・」とお願いします。するとある夜、マトリョーナという女の子が現れ、一緒に星の国へ行こうとリセルを誘っていました・・・。                              星空の深い青が美しい表紙に惹かれ、この本を手にしました。読み進めるうちにどんどん物語に引き込まれ、自分もリセルと一緒に星の国へ行ったような気持ちになりました。そして本を閉じたとき、心の中には星うさぎからもらった目に見えない大切な贈り物が、確かにあるのを感じました。                                               かんのゆうこさんの紡ぎ出す物語は、読み手の心に優しくしみ込んで、不思議と心が透き通っていくような気持ちになります。また、田中鮎子さんの描く絵は、この物語の世界をさらにスケール大きく、想像力を高めるものにしています。星のきれいな夜、読まれてみてはいかがでしょうか。

    掲載日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ロマンチックなストーリー

    タイトルのメルヘンチックな感じにひかれました。
    読んでみると、ストーリーも絵もなんだか幻想的!
    お人形のマトリョーシカが出てくる絵本ってなかなか珍しいなあと思いました。最後のオチもとっても素敵でファンタジーな感じでした。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロマンチック

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    マトリョーシカって願いをかねえるお人形だったんですね
    日本のおきあがりこぼしみたいな風貌なのに、中から次々と小さな人形が出てくる事に、面白い感覚を持った覚えがあります

    リセルの願いが可愛いですよね!
    月の船に星の国・・・・・なんてロマンチック
    星を磨くことは願いを叶えてあげることにつながっていく・・・

    イラストがまたすばらしい〜
    コラージュっぽいところがアクセントになって目をひきます

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット