おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ラウラとふしぎなたまご」 みんなの声

ラウラとふしぎなたまご 作・絵:ビネッテ・シュレーダー
訳:ささき たづこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784001108569
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,272
みんなの声 総数 4
「ラウラとふしぎなたまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハンプティ・ダンプティは友達

    このお話は、ハンプティ・ダンプティと友達になった女の子のお話でした。うちの子はハンプティダンプティが気に入っていて、女の子とハンプティダンプティが遊ぶ姿を楽しんで見ていました。大人から見たらリアルなタッチの絵がちょっと怖かったりもしたのですが子供は全然気にならなかったみたいです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごの王子様に出会った気分?

    全ページが静かな暗闇の中で物語は進んでいき、不思議な森に迷い込んだような気分にさせてくれます。子どものラウラがたまごと出逢い、ちょっぴり大人に成長する感じが絵本のくせに、にくらしい。たまごが敵に食べられたと思い、泣き伏せるラウラの目の前にステキな鳥の姿で現れるシーンが個人的に大好きです。まるで王子様が現れたみたいで…
    ママが心奪われてます。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわい!・・でも

    息子の気になる存在は「かみなりドロドロ鳥」。
    「怖い本よんで」「大きい鳥」などといって読んで欲しがります。
    怖いけど、どこか惹かれる本のようです。
    ハンプティダンプティが戦う場面で、「おこっとる」と言うので
    「ちがうんだよ、怒ってるんじゃなくてこれは真剣な顔をしてるんだよ」と言うとそのページを見るたびに、私の言葉を繰り返します。

    ビネッテシュレーダーの絵がとっても美しく
    その色づかいが私は大好きです。

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なハンプティダンプティ

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    確かふしぎの国のアリスに出てきたんじゃないかしら?
    たまごに手足が生えている【ハンプティ・ダンプティ】。
    だからそれを知らないと、たまごを見つけた女の子の台詞が意味がわかんない・・・そんな印象を受けると思います。
    ストーリーもふしぎの国のアリスのような、とってもふしぎな感じのお話でした。
    最後の最後にたまごが割れて死んでしまったと思ったら
    大きな鳥になったという展開は面白かったですね。
    苦難を乗り越え成長した姿をえがいたんじゃないかな、そう思いました。
    難ありと感じたのは、絵の背景が黒っぽい色が多く、おまけに文字が黒いこと。
    こうなると30代後半の私には見づらかったですね。
    残念ながら読み聞かせをする為には完璧に暗記が必要です。

    掲載日:2004/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット