なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いたずらうさぎチュローチュ」 みんなの声

いたずらうさぎチュローチュ 作:田島 征彦
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784494008889
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カンボジアの老人から聞いた昔話

    カンボジアの昔話
    昔話はこうして語り継がれてきたのでしょうね 
    いたずらうさぎチュローチュは人間をだましましたが捕まってしまいます
    ところが息を吹き返して またイタズラしておじいさんは怒って逃げようとしたチュローチュは木ぎれを投げつけられて、足を怪我してしまうのです

    ところがイタズラ好きはこりません
    ワニを騙すのです
    いなばのしろうさぎとワニのお話しにちょっと似たところもありますが・・・

    ワニが騙されたところをの迫力のある絵はすごいな〜(田島征彦さんの版画)

    このお話しの良いところはうさぎと  年老いた 目の見えないヤギとの出会いです 
    このヤギとの出会いのおかげで、いたずらなうさぎは、自分のイタズラを反省することが出来ました
    人間でもうさぎでも誰と出会うかで大きく生き方が変わるのですね

    そんなことを教えてくれるカンボジアの昔話でした

    掲載日:2014/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずるがしこいうさぎ

    このお話の主人公はちょっとずるがしこいうさぎでした。人間に捕まっても、ワニに食べられそうになっても持ち前の知恵を生かしてずるがしこく切り抜けていました。そんなウサも目の見えないヤギと出会ってその懐の深さに触れて優しいうさぎになりました。いきなりキャラが変わって子供はびっくりしていました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間味のあるうさぎに共感

    チュローチュは悪さを働いても失敗ばかり。
    悪知恵でなんとか危険からのがれているうさぎですが、弱い者への思いやりはりっぱ。
    性善説に立つようなお話です。
    カンボジアの昔話が基になっているとのことですが、登場者を別とすれば親しみのもてるお話です。
    きかんぼうのようなチュローチュにばちが当たるような展開でなくてホッとしました。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きる

    惚けたうさぎのお目目が気になって表紙の絵に見惚れました。

    ちょっと人の目を気にしてる、ちょっと気弱な感じもするうさぎさんが

    気になりました。どんな困難にも智恵をしぼって生き抜いたうさぎさん

    悪戯うさぎさんですが、生きる為には仕方なかったんだと思いました。

    目の見えない年老いた優しい山羊さんに出会えて、よかったです。

    のんびりと幸せに暮らしていけると思います。

    山羊さんの方がうさぎさんと暮らせてよかったと思っていると思います

    ひとりぼっちじゃあ、寂しいもの・・・・・

    一緒にいれる家族がいるってどんなに幸せか二人ともわかっていると

    思います。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 多くのこどもの手に

     この絵本は、「じごくのそうべえ」が大好きな4歳半孫娘が、そのカバーでの田島征彦絵本紹介から注文したもの。

     正直、カンボジア民話からとのことで、馴染めるかと懸念しながら買い与えました。
     しかし、「うさぎ本」大好きもあってのことでしょうが、数ヶ月たった今でもお気に入りの1冊に。

     やさしいはずの「うさぎさんの絵本」にしては異色の迫力ある絵と、ドラマチックな展開。
     食べたり、食べられたりの自然界の姿。そこで、生きていく智恵。都会の生活から見失われがちな生命の根元的な有様。自然界から見る人間の姿。・・・・。
     様々なテーマが見出せるようです。小学校のクラスで、好きに感想を出し合ったらおもしろいだろうな、とふと思います。

     蛇足ですが、年老いつつある私としては、めがみえず、うすよごれ、年老いたやぎと、主人公のチュローチュが、「ずうっと、ずうっと、なかのよいともだちになって、くらした。」とのラストには、「まいりました」ですね。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュローチュを変えたのは

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    いたずらばかりしていたチュローチュを変えたのは、目の見えないやぎさん。やぎさんに会って、ずる賢かったチュローチュの優しい面がどんどん引き出されていきます。

    こうやって、自然にいい面を引き出せるように子育てもできたらなぁ。

    掲載日:2006/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 公文のおにぎり文庫

    この作品は公文のおにぎり文庫で紹介された。
    性悪なうさぎの心が目の見えないやぎとのいい出会いによって優しい気持ちへと変わっていく過程が描かれている。
    カンボジアの民話を基にして作られた奥深い作品であると思う。
    今、意図も伝わらない絵本が多い中、この絵本は幼稚園の娘にはしっかりと伝わっていました。満足のゆく読み聴かせができる絵本です。

    掲載日:2006/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • カンボジアの昔話

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     いたずら好きのうさぎのチュローチュは、捕まえられても食べられそうになっても知恵を使って難なく生き延びます。
     そして、逃げた先で目の見えないおじいさんヤギと出会い、ずっとそのヤギの為に美味しい草のありかを教えてあげるのです。
     駄目なうさぎと思っていましたが、ヤギの目になってあげたうさぎは、偉いなぁと思いました。

    掲載日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット