雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おつきさまいくつあまりおすすめしない みんなの声

おつきさまいくつ 作・絵:瀬川 康男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2000年
評価スコア 3.6
評価ランキング 32,787
みんなの声 総数 9
「おつきさまいくつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

あまりおすすめしない みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 瀬川さんらしい絵本です

    瀬川さんらしいイラストのタッチとお話で、かなり独特な表現だなと思った。子どもには今回の絵本のイラストは怖かったよう。
    本当に独特の世界観。私は好きな作家ですが。

    1歳の赤ちゃんから2歳の子犬、3歳の猫と紹介をしていき最後に一番年寄りのお月様を紹介しています。
    イラストは怖かったようだけど、話は気に入っていました。
    息子が1歳の時から2歳まで読んでいたけど、今現在の年と教えて身近な人の年(友達とかいとことか)の年を絵本の紹介になぞって話したりしてました。

    年の間隔を教えるには良い絵本だと思います。

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 摩訶不思議な絵に??

    登場する赤ちゃん・犬・猫に順番に年齢を聞いていく物語です。ここまではよくあるストーリーなんですが、変わっているのはその絵の表現です。
    独特の色彩と不思議な模様が体についています。
    話は簡単なのですが、この絵に私も娘もついていけません
    でした。最後にはお月様に年齢を聞きますが、この月も中央部分にきつね?のような絵があって、なんかよく分かりません。こういう絵本は感性で味わうものなのかもしれませんが
    、なんか慣れ親しみにくくて、不評です。

    掲載日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / てんてんてん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット