庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

しろしろのさんぽ」 みんなの声

しろしろのさんぽ 作・絵:中新井 純子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
ISBN:9784776400325
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,858
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいお絵かき

    このお話の主人公はイモムシの親子でした。イモムシの子供は落書きがとっても大好きだったのでそこらじゅうに落書きしていました。うちの子もやってみたいって感じで見ていました。お父さんも落書きしたかったんだっていうオチだったのがウケました!!

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中新井さんって凄い!!

    のびのびと絵をえがく「しろしろ」が絵が大好きな娘と重なって、微笑ましくって温かい気持ちになる一冊です。
    中新井さんの絵にはほのぼのした雰囲気があり、眺めているとわたしも絵が描きたくなってきます。
    子どもの想像力をかき立てるだけに留まらない、中新井さんって凄い!!

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落書き

    自分の好きなように自由に行きたいところにいけるは、本当に楽しそう

    です。チョークを持って落書きをしながらのしろしろは、生き生きとし

    て嬉しそうです。とうさんのじろじろから、「ぐるぐるの稽古でもしろ

    よ」と言われてもマイペースで、親の言うことを聞かないのは、どこで

    も見られる風景なので微笑ましく思いました。

    チョークを加えて「落書き大好き」と散歩に出た落書道中が、楽しく、

    嬉しく描かれています。自由気ままに自分の思い通りに行動するしろし

    ろに憧れさえ思いました。楽しく読むことが出来ました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • らくがき

    とうさんのじろじろから、「ぐるぐる巻の稽古でも しろよ。」と、し

    ろしろは言われても、親の言うことは聞いていないのは、どこかで見か

    ける風景だなあって思いました。チョークを加えて、「落書きが大好き

    」と。散歩に出たしろしろの落書き道中が面白いです。自由気ままに、

    自分の好きなように行動するしろしろは、愉しそうです。

    とうさんの方がしろしろに降参して、一緒にぐるぐる巻きの稽古がやっ

    ぱり愉しそうです。

    好きなように落書きをするのはとても愉しそうで、私もやってみたくな

    りました。

    掲載日:2010/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの。

    しろしろはへび。
    へびが主人公の絵本とは、珍しいですよね。
    ボールペンやスタンプ、重ね塗りなどの手法が娘のお絵描きの延長線上に感じられて、今後の親子遊びのアイデアを頂けました。
    ストーリーも微笑ましく、夢いっぱいでステキです。
    作者の他の作品も読んでみたいと思いました。要チェックです。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本らしい絵本

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    へびの子供のしろしろが、お散歩しながらあちこちにいっぱい落書きをしていくお話。風船をつけてふわふわ飛びながらのお絵かきは、夢いっぱいで子供心に響きます。子供がたくさん出てきてみんなで描いたり、とうさんへびのじろじろまで翌日には一緒に風船つけて出かけているのがとてもほのぼのしていて、昔好きだった絵本ってこんな感じだったなあと懐かしく思いました。(これは2003年に出版されたバリバリ新しいものです。)

    掲載日:2004/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 童心にかえって読んでみて下さい。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    作者は「ニッサン童話と絵本のグランプリ」を連続優秀賞を受賞したつわものです。
    「しろしろ」というへびの子どもが、赤い風船をしっぽに巻き、チョークをもって町中に落書きするお話です。
    その落書きの内容がなんとも微笑ましく、見ていて楽しい気分にさせてくれます。学校で、しろしろの落書きを見た子供達が一緒になって、学校中に落書きするシーンが、一番楽しかったですね。
    雨がふって、しろしろの落書きが消えてしまいますが、今度はお父さんと一緒に楽しい落書きの旅へ出かけていきます。
    ぜひ、童心にかえって、お子さんと一緒に読んでみて下さい。

    掲載日:2004/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落書き

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     しろしろが、町中に絵を書いていくのですが、それが子供が描いたような感じで、シンプルだけど何か伝わって来るような・・そんな感じでした。

    掲載日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ものすごくおおきなプリンのうえで

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット