十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

天使のかいかた」 みんなの声

天使のかいかた 作・絵:なかがわ ちひろ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784652009017
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,377
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 夢が変わりました!

     この本を読んで、娘の夢が、「天使になりたい」から、「天使を飼いたい」に変わりました!!
    「生まれ変わったら、天使になりたい! お空からママを見つけて、ママのところに飛んでくるの!」と、
    まさに天使の笑顔で話す娘ですが、本人も心得ているとおり、生まれ変わらなければ天使にはなれません。
    でも、天使を飼うのなら、今でもできます! 

     題名を読んだ瞬間から、
    「え〜っ、天使って飼えるの〜?」と、大興奮です。そして、天使の絵を見て、「かわいい〜!」の連発。本当に子犬を見るような瞳で、メロメロです。
     我が家では、大型犬を飼っているので、娘の望みは、「自分でリードを持ってお散歩できる犬がほしい」ですが、天使ならリードをつけなくても、勝手に空を飛んでついて来てくれます。
    しかも、ウンチの後始末も、えさも必要なし! 
    さらに、他の人の目には見えない! 
    これなら誰にでも飼えそうですよね。

     でもね、天使も、犬や猫と同じで、本当の友だちとして、家族として、いつも心を込めてお話をしてあげないと、元気がなくなってしまうんです。そんなことが自然にできる、きれいな心の子には、きっと天使が舞い降りてきてくれると思いますよ!

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 淡い色を限定して使っている表紙がセンスが良かったので気に入り、この絵本を選びました。特に雲の影の付け方が上手だなと思いました。主人公が天使と出会った事でどんどん積極的になって行動していく様子にうっとりしました。特に、自分自身に自信をつけていくのが素晴らしいと思いました。夢のあるストーリーも素敵でした。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • おはなしして

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    天使を拾ってペットにしてしまうなんて!
    ごはんは飼い主のお話とのこと。本等、他の人が作ったお話を読むのはだめなんてけっこうたいへんかもと私は思ってしまいました。
    今日あったできごとや自分の思い等を天使相手に話すと知らず知らずに自分も自分と向き合うことができそうですね。

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心くすぐられるお話です

    こんな天使がいたら良いですね。
    内気で自己表現が苦手な人に、話を聞いてくれる人(話を聞かないと元気を無くしてしまうような人 がいたら、落ち込んでばかりいられません。
    メルヘンチックな文と絵で、心のしこりをほぐしてくれるように思いました。
    思春期進行形のナイーブな世代に良いんじゃないかな。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使を作っていました

    この本に登場する天使が、ほんとに愛らしかったので、
    娘は自分で天使を作っていました(だって、本物の天使は
    なかなかみつけられないですものね)。
    そうして、天使のお部屋も自分で工夫して、ベッドやトイレ
    なども作っていたのです。
    それどころか、その手作り天使を連れてきて「ママ、この
    天使ちゃんにお話してあげて」とまで言うのです。
    ええー。天使は飼っている人自身(娘ですね)の、お話を
    えさにするのではなかったっけ??そんなことじゃ
    上手に天使を飼えないよ〜(笑)と思いましたが、ま、
    娘の代わりに、娘についてのお話を天使ちゃんにしてあげた
    私です。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生の女の子の成長物語

    友達がペットをかっていることが羨ましくてたまらないさち。ある日の原でちっちゃな天使を見つけます。さちはこの天使を飼うことにしました。
    ごく普通の小学生の女の子が、天使を喜ばせるために奮闘し、成長していくというストーリー。小学校生活にありそうなエピソードがなつかしく、なんだか胸がキュンとなりました。
    小学校1年生の長女もとっても気に入った様子。ペットをかいたいのに飼わせてもらえない自分とさちを重ねている様子。このままだと野原に行って、天使を探しかねません(笑)。
    小学校低学年の女の子にオススメの本です。続編の「おまじないつかい」も面白かったですよ。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使を飼いたい女の子&男の子&飼いたかったお母さんへ

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    「天使のかいかた」というタイトルと可愛らしいピンクの表紙がキュート。
    女の子向けと思いつつ、図書館で借りましたが、年長の息子も読んでほしがり、
    読み聞かせ始めたら、小2の息子もやってきて、一緒に読みました。

    団地住まいでペットを飼えない小学生の女の子・さちは、野原で天使を拾い、飼い始めます。
    天使の食べ物はさち自身のお話でした。
    でも、クラスにやってきた転校生・きのこちゃんとの接し方に迷い、
    自分の気持ちが分からなくなったさちは、天使にお話が出来なくなって・・・。

    天使が飼える、なんて思ってもみませんでした。
    息子達も興味津々。
    特に食べ物がさち自身のおはなしで、
    ウンチは流れ星に変わる金平糖だなんて「ほぇ〜」ですって。
    きのこちゃんとの場面では、黙ってじーっと聞いていました。
    マイペースに見える息子達だけど、どんな気持ちで聞いていたのかしら・・・。

    私は小人や妖精の本に夢中だった時期がありました。
    親や友達にどう思われるかを心配することなく、
    安心して気持ちを話せる相手が欲しかったような気がします。
    天使はいるのだと、大人になった私は思います。
    弱気な自分の背中を押す、もうひとりの自分が天使なんじゃないか、そんな気がします。

    可愛らしいだけでなく、ちょっとキュンとなる、素敵なお話でした。
    お友達との関係に揺れ動き始める小学生位の女の子、そして男の子、
    昔、女の子だったお母さんにもおすすめです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使が飼いたい!

    とても愛らしくて可愛い天使に画き方に和みます。

    優しい色彩にもほんわかした気持ちになれます。

    天使の食べるものは、「おはなし」で、飼い主のことを話してもらうの

    が一番にご馳走らしいし、特にどきどきしたお話が好きみたいで、天使

    を飼ってもいいなあって思いました。天使にお手伝いしてもらってお友

    だちも出来たし、なにより傍にいてもらってお話を聞いてもらえるのが

    いいなあって思いました!拾われたがってる天使は、まだいっぱいいる

    からひょっとして希望が叶うかもしてませんね!

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使のかいかた? 興味あるな〜

    友達はみんな イヌ ネコ ハト チャボ カメを飼っているのに 自分は何も飼ってない 
    そんなとき 野原で 天使に出会うのです
    天使は他の人には見えない 
    さちの心の中の天使は いろんなところで さちを 助けてくれるのです
    天使の食べ物を調べたら さちが はなしをし 自分の心の内を語ると天使は 喜んでくれるのですね!
    なかなか 良いお話です 
    転入生のきのこちゃん と仲良しになれたことは 本当に嬉しいですね!
    笑顔がいい! 
    あのね ひろわれがってる天使は まだまだいっぱい いるんだって さがしてごらん 
    女の子が読んだら さちの この言葉に 惹かれるのではと思います
    私が 少女だったら きっと さちのように 天使に出会いたいと思うことでしょう!

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使が飼えるなんて!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ページ数にして88枚。
    1ページに書かれている文字数は少なく、リズム感のある文章、優しい詩のような言葉使いで書かれています。

    ただ、残念ながら漢字にはルビがふってありません。
    「この漢字が読めるのって、小学校3、4年生くらいじゃないと読めないんじゃないかな?」と下の子が言っていました。

    確かに、主人公のさちは小学校の低学年っぽいし、
    なかがわさんが描く世界も小さい子向けのようなかわいい感じがしますが、この物語の流れや発想は、あまり年が低いお子さんだと、内容を理解するのは意外と難しいそうです。

    うちの子は「(天使が)飼えるなんて、素敵!こういう話好きだよ。いい話ジじゃん」と、つぶやきながら読んでました。

    ともかく、最後までとても夢のあるお話でした。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット