雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

くらーいくらいおはなし」 みんなの声

くらーいくらいおはなし 作・絵:ルース・ブラウン
訳:深町真理子
出版社:佑学社
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年09月
ISBN:9784841605181
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,053
みんなの声 総数 7
「くらーいくらいおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おはなし会の定番絵本

    おはなし会の定番絵本だそう。

    だんだん だんだん 来る来る来るーっ。この恐怖。初めて読んだとき、ラストの1ページにブブッ。
    これは娘と楽しみたいと、自信たっぷりに「さぁ読むで」と始めました。
    興味のない娘と読みましたが、だんだんこちらを向き、読後は自分で手に取って見返していました。
    そして私では見つけられなかった隠し絵を教えてくれました。
    カーテンはもちろん、森の中には多くの動物の目が光っています。家の中でも随所になにかが潜んでいます。木目が目になっていたり、いつも誰かに見られているつけられている感じが恐さを増します。
    この絵本、よく出来てる。
    ラストは、黒猫目線だからあぁいう表情なのですね。

    娘は光の漏れた穴に見えたようで、恐怖の地下室へのはしごがあると思ったのですって。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴクリ…

    雰囲気のある表紙、描かれているのは黒猫。
    それだけでもう、不穏な空気が漂います。
    何かに導かれるように、暗い森の中へ、更に暗い館の中へ…。
    うちの娘は、「こわくない(こわい)、こわくない(こわい)」と、何度も呟きました。
    進んじゃ駄目、進んじゃ駄目、そんな雰囲気なのに手が止まらない。
    緊張が頂点にさしかかったそのとき、娘が目にしたのは!!!

    もう、最高(笑)!大満足の結末でした。
    絵がすごく素敵なので、秋の夜長、このミステリーにどっぷり浸かってみて下さい♪

    掲載日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • クラスでの読み聞かせにも最適!

    • メンドリさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 8歳、10歳、14歳

     これは、我が家の3人の子供達も大好きな一冊ですが(自分も大好き)小学校の読み聞かせに持っていった際、どの学年でも喜ばれた本でした。
     重厚な色合いの絵と、重々しく展開してくストーリ、骨太の絵本に、子供たちの引き込まれる様子は、見ていて本当にワクワクします。
     最後のページでホッできる進み方も、遊び心満載です。心を育ててくれる一冊だなあと思いました。
     購入希望ナンバー1です!

    掲載日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗い=怖ーい?

    おどろおどろしい雰囲気の洋館に黒猫の表紙。
    くらーいくらい森の中には くらーいくらい洋館
    その洋館にはくらーいくらい広間があって―。
    積み重なる“くらーい くらい”がドキドキ感を高める。

    小学校での出前おはなし会のときに中学年向けによく持っていく本。
    表紙を見せただけで怖い話と思い込み、キャーキャー声をあげる子も。
    読み進めていくうちに教室の空気がどんどん緊張してきて…ラストでぱっ!っとほぐれる。
    読み聞かせの1冊目、つかみにとても良い本。

    残念ながら佑学社の倒産により、現在絶版。
    もう本もぼろぼろだが、買い替えができないので修理を重ねながら使っている。
    どこかの出版社が復刊してくれることを切に願う。

    掲載日:2010/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわ〜いしかけ絵本

    ルース・ブラウン独特の暗くて怖い雰囲気の表紙。中のページもいきなりお化け屋敷?と思えるような古くて不気味な雰囲気のお屋敷から始まります。

    2匹のねずみの行動を、影から息を潜めて見守る猫。1匹のねずみはそれに気づきません。ストーリーは最後までそのまま進んでいきます。しかけ絵本になっていて、最後の扉をめくると、猫が! 
    怖いもの見たさで読みたくなる絵本です。

    (編集部注:洋書版「The Tale of Two Mice」に寄せられたレビューです。)

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素話の原本???

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    その昔、保育士の研修で、素話「くらいくらい」を聞きました。
    それと同じ題名?と思い、図書室にリクエストしたら、なんて素敵な猫の表紙!!
    素話のイメージは、日本調ですが、こちらは西洋風。

    これが、絶版だなんて・・・(T_T)

    よ〜く探してみると、黒猫はずっとどこかにいるんです。
    こうもりが居たり、うさぎ、のねずみ・・・・

    古い洋館らしい構図のすごさ・・・

    素話とはオチが違っていましたが、「まぁ!!」と驚きがあります。

    再版希望です!!

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雰囲気で読むべし

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    題名からすると、怖いお話なのかしらと思いますよね。確かに、ずーっと何か怖いことでも起こりそうな調子でお話が進むのです。だから、ここは、夜、部屋の電気を全部消して、懐中電灯の明かりだけにして、くらーい調子で読みました。もう、子供たちは、ドキドキです。
    でも、ご安心。最後は、とてもかわいいものが出てきて、「なーんだ。」と、胸をなでおろすという仕掛けです。
    雰囲気で、盛り上げて読まないと、すっごくつまらない本になってしまうかもしれません。

    掲載日:2004/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが / 十二支のはやくちことばえほん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット