十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

バーバズーとまいごのたまご」 みんなの声

バーバズーとまいごのたまご 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\573+税
発行日:1980年
ISBN:9784061287891
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「バーバズーとまいごのたまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何が産まれたかな??

    バーバパパのシリーズは大好きで、娘にもよく読み聞かせを
    するのですが、バーバズーのキャラクターは、あまり意識
    していませんでした!
    でもこの絵本を読んで、とっても優しいバーバズーがとっても
    愛おしくなりました♪
    一生懸命たまごを温めて、そして、生まれてきたものは・・・。
    最後はちょっと笑ってしまう感じでした!!

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵の間違いは多いですが

    『おばけのバーバパパ』を購入したところ、息子がすっかり気に入ったので、シリーズを図書館で借りてきました。

    大型絵本のシリーズはあまり気に入らなかったのが多かったのですが、このミニ絵本のシリーズはそれに比べれば内容がほのぼのしていて良かったように思います。

    ただ、ページ数が少なめのためか、シリーズでたくさん出版されるためか、1冊1冊がごくわずかな内容しか持っていないところが少し残念です。

    この本は、動物好きなズーが見つけた卵をあたためるお話です。ひよこだと思ってあたためたのに、生まれてきたのはカメでした。ほのぼのとしていいと思いましたが、息子はあまり興味を示しませんでした。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのしています

    バーバズーが見つけた卵。
    卵が孵化するまでがんばってずっと面倒をみてあげます。
    いままで読んだシリーズの中ではバーバズーはそれほど
    インパクトが強いキャラクターではなかったのですが、
    そんなバーバズーのほのぼの優しい雰囲気がよく伝わって
    ほほえましい内容のストーリーになっています。
    最後かめの姿に変身してあげるのがとてもいいですね。
    ストーリーもわかりやすくて楽しい絵本です。

    掲載日:2010/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんのたまご?

    優しくて動物好きのバーバズーはお母さんのいない卵を見つけます。
    自分で卵を孵そうと鶏の形になって卵を温め続けるバーバズー。

    卵のお母さんを探す時にそれぞれの鳥と同じ形になるところが
    面白いです。
    最後はもちろんうまれてきた子たちと同じ形に…。

    バーバパパのシリーズは、私も子供の頃に読んだことがあったので
    図書館で見かけて懐かしく思い、借りています。
    改めてみると絵がとてもキレイで可愛い。
    娘も気に入ってくれたようです。
    ちいさなおはなしのほうは文章少なめの小さい本なので、
    もっと早くから読んでも良かったかなと思いました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黄色はバーバズー!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    動物が大好きなバーバズーが主人公のお話。
    ある日卵をひろったバーバズーが「僕が卵をかえそう」と雨の日も風の日も卵を温めると・・・

    卵を抱えている時の絵がすごく好きです。

    子供たちもバーバーの兄弟の中でズーが1番大好き。
    動物にやさしいズーだから、きっと子供にも好かれるのかな?
    真っ先に黄色はバーバズーと覚えました。

    掲載日:2006/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんの卵かな?

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    バーバズーが散歩中に卵を見つけます。その辺にいる動物たちに聞いてもみんな自分の卵じゃないと言います。そこでバーバズーが鳥に変身して卵を温めることに・・・。

    動物好きなバーバズーが主人公。色々な動物に変身するのが面白い。卵の親代わりになって、雨の日も雪の日も卵を温め続けたのは立派です。そして、やっとかえった卵の赤ちゃんはなんだったでしょう?以外で面白かったです。

    掲載日:2004/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット