せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、節分の知識も学べる!
Pocketさん 40代・ママ

豆まきのことをよく知ろう
子どもと一緒に豆まきをする行事として、…

くもかいじゅう」 みんなの声

くもかいじゅう 作・絵:深見 春夫
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:2004年
ISBN:9784569587837
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,857
みんなの声 総数 23
「くもかいじゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 最高です

    おもしろいです。
    折角、男性の私が読むので、くもかいじゅうの声は目一杯ドスを利かせた低い声で読んでいます。
    おかげで、娘には「怖い」と大変不評です。
    (読んでいる私が勝手に喜んでいるだけかも。)
    関連作品のくもきちせんせいも好きです。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • お尻にほくろ

    私も子供達も深見春夫さんの絵本が大好き。『あしにょきにょき』『そらとぶパン』などもお気に入りなのですが、その中でも特にお気に入りなのが、この絵本なんです。くもかいじゅうが可愛くて可愛くて。最後のホクロ最高です。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものしつけが・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    くもかいじゅうが探している子供のタイプが、我が家にもいる場合は読んで、聞かせた〜いと思っちゃうかもしれませんね
    素直な子供はきっと怖いから、いうことを聞きますって・・・
    どうなのかな〜?
    まぁ「悪いことしたらくもかいじゅうがくるよ!」なんてことは3才くらいまでの間ですかね
    最後のお姉ちゃんの機転にはわかりやすいことだけど、なんかエライ!という感想です

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身に覚えあり??

    2歳の娘には、難しいかなぁ?と思いつつ、
    興味をそそられるタイトルと表紙だったので、
    図書館で借りてみました。
    意外や意外、これが娘に大ウケ☆

    突然やってきた くもかいじゅうが、
    「どーれ、今日は男の子をたべることにするか」とはじまり、
    「男の子でも、野菜の嫌いな男の子がいいな」
    「一日にテレビゲームを・・・」
    と、どんどん条件が絞られます。
    そして、最後はとうとう該当者はひとりに!!

    娘は、怖いながらも すごく気になるみたいで、
    かなり真剣に見てました☆(笑)
    そして、夜なかなか寝ないと
    『くもかいじゅうがくるよ!』と言ったら、効果バツグン☆
    しばらく使わせていただきました☆(笑)

    やっぱり深見作品は、面白い!!

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしました

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    とにかくドキドキするお話でした。
    くもかいじゅうが街にやってきて、食べる子供の狙いをさだめていきます。
    「野菜の嫌いな子」「ゲームばかりしてる子」・・・
    うちの子たちは一喜一憂しながら読んでいました。

    最後に逃げ出した家族もおねえちゃんの機転で
    何とかくもかいじゅうから逃げ出せてホッとしたところです。
    お姉ちゃんすごい!!

    でもあの雲が自分の街に来たら、怖いですよね〜。
    お利口でいないといけないと子供ながらに肝に銘じたようでした。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんともいえない気持ちに

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    くもかいじゅう。読みすすめるうちに、「野菜のきらいな男の子」を食べるというところになって、息子の顔から血の色がひきました(笑)。子どもが読むと、ほんとにくもかいじゅうというものがいて、こうやって男の子を食べにやってくるって思っちゃうんでしょうね。子どもだけでなく、親までこわがっているので、おかしかったです。
    とってもこわい印象のくもかいじゅうですが、最後はなんだか、かわいらしい。最後までこわいままだと、ホラー絵本になっちゃいそうですね。
    子どもが言うことをきかなかったら、「くもかいじゅう」がくるよ!って言っちゃったり。親にとっては、くもかいじゅうを味方にすることもできるなあなんて、都合のいいことを考えてしまいました。

    掲載日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 複数で盛り上がりそう

    なぁんだ〜、説教本かよ〜。思ったのは、冒頭の母。
    娘はいちいち「自分は大丈夫」と確認して恐れていて、その様子につい力の入る母。

    結局めちゃくちゃ盛り上がっちゃいました。
    説教くささより、緊迫感を楽しむ方が勝りました。おもしろいです!
    出来ることなら、ゲームやマンガの好きな子、野菜嫌いな子がいる複数で読むのがおもしろいかと。というか、私が読んでみたい。
    幼稚園から低学年が醍醐味でしょうね。

    どうでもいいけど、オチの、あっさりしたくもかいじゅうに惚れました(笑) ゲリラ雷雨の雲だったのかな。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • さいごはよかったと思いました。

    読んですぐわからなかったけど、ほくろのところで、まえにも読んだことがあると思いました。

    ぼくはおしりにほくろがなくてよかったと思いました。

    くもかいじゅうがきたらいやです。

    こわいと思います。

    たべられたくないです。

    さいごはよかったと思いました。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくにほくろ二つあるか見て!

    子どもを食べようとしているくもかいじゅう。

    お尻にほくろが二つある男の子というところでは、息子が「お母さん、ぼくにほくろ二つあるか見て!」と言ってきました。とても気になったみたいです。

    野菜の嫌いな子とかテレビゲームをいっぱいする子とか、子どもにとってはどれかが当てはまるようで、ドキッとしてしまうみたいですね。

    くもかいじゅうといっても、怖さはなくどこかユーモラス感じの漂うお話だと思いました。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供達が怖がっていました

    • スマッシュさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    このお話、大人はとても楽しく読む事が出来るのですが、
    子供達は自分に当てはまる事が多いらしく、
    怖がっていました。
    「やさいがきらいなこ」や「ゲームを1じかんいじょうやるこ」等、
    子供達にとっては、都合のあまり良くない事があれこれと
    出てきて、自分もくもかいじゅうに食べられてしまうのでは?!と、
    絵本の中の子供達と一緒に、ブルブルと怖がっていました(笑)

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / うんちしたのはだれよ! / どろぼうがっこう だいうんどうかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット