十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばけさんとのやくそく」 みんなの声

おばけさんとのやくそく 作:上田 真而子
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784834005943
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「おばけさんとのやくそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本の原風景?

    『あのころはフリードリヒがいた』『氷の上のポーツマン』のような翻訳や『まほうつかいのでし』のようなゲーテの再話で知っているドイツ文学者の上田真而子さんからは異質な、そしてオリジナル作品です。
    トイレにお化けがいるという言い伝え、お墓参りの時の薄ら怖さなど、自分にとっても少し昔の、昭和初期の日本ともいえるお話が4編。
    少し古すぎて、子どもにわからせるにも難しいような世界ですが、自分の親の世代の日本風景として妙な懐かしさを感じました。
    上田さんの経歴からは浮かびあがってこないのですが、上田さん自身の子ども時代の原風景がそこにあるのでしょうか。
    妙に心に残る作品集です。
    『いつもだれかが…』という上田さんの翻訳絵本では、おじいさんが自分自身のことを語っていますが、どこか近いものを感じました。
    『おばけさんとのやくそく』が『いつもだれかが…』の後に出されているのも、意味があることでしょうか。
    翻訳を中心に、どちらかといえばヨーロッパ圏に自分の表現の場をおいている上田さんですが、そう考えるととても意味深く、味深いお話です。
    梶山俊夫さんの絵が見事に、それを支えています。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット