マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう!の試し読みができます!
作・絵: 西村 敏雄  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
読んでいるとお腹がグー!美味しいカレーが食べたくなる絵本です

ぴかくん めをまわす」 みんなの声

ぴかくん めをまわす 作:松居 直
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年12月
ISBN:9784834000887
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,203
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 信号機の大切さ

    信号機の大切さや、どんなふうに見るかが丁寧に書かれていて
    子供たちに読んでほしい絵本だと思います。
    ぴかくんが、とても身近な感じに描かれています。
    ぴかくんのサインに合わせて、交通ルールを守る絵。
    突然、ぴかくんが規則正しく、点滅しなくなります。
    信号機の故障で大混乱の風景。
    そしてどんなふうに回復してゆくかなど、きちんと描かれているのがとても好ましいです。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三歳でも、しっかり聞いてました♪

    3歳3ヶ月の娘が、図書館で見つけ、自分から「信号の本読んで!」と持ってきました。

    (表紙の、緑・黄・赤の三つの丸い顔で、良く信号って分かったなぁ…と思いましたが(^_^;))

    今まで読んでいた絵本よりかは、文字(文章量)が多く、聞いていられるかな?と心配でしたが、自ら持ってきただけあり、しっかりと集中して聞いて(見て)いました♪

    中でもお気に入りの場面は、
    「あお・き・あか − すすめ・まて・とまれ」 が繰り返される所です♪

    一緒に、ぴかくんの絵を指さしながら、楽しそうに言ってます。

    普段、一緒に歩いていて、信号を見たり、「あおは、すすめだよ」等と教えていた真っ最中だったので、余計に 「知ってる!!」 と、見ていて嬉しいのかな?とも思いました。

    信号のルールを覚え始めた子、良く見かけて気にしている子だと、興味しんしんで、楽しく読めるかと思います♪


    読みながら、どうして危ないのか? も分かるし、信号&信号を守ることの大切さも、なんとなく感じ取ってくれたらいいなぁと思うので、とっても良い絵本だと思います!

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴかくん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    しんごうきのぴかくんが主人公。
    がんばるぴかくんにはみんなお世話になっていますよね。
    こどももしんごうきの色の意味は分かってきているところですが、改めてしんごうきの大切さが分かったのではないかなと思います。
    しんごうきがなかったらどうなるか、ということがよく分かり良かったです。
    ぴかくん おつかれさま。いつもありがとう。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号が主人公とは?!

    4歳次女が幼稚園から借りてきた絵本です。表紙からはそんな期待してなかったのですが(ごめんなさい・・・)。とっても良かったです。信号が主人公となってる絵本を読んだのは最近記憶がないのですが、信号の大切さをものすごく感じました。ものすごくわかりました。またまた子供にいい絵本に出会わせてもらいました。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号が壊れたら・・・

    実家にあった絵本を読み聞かせしたところ、
    ぴかくんが目を回したところで大爆笑!
    不規則に点滅するぴかくんと同じように復唱していました。

    夜中は点滅信号だったり、
    信号が壊れたら街中大混乱になったり、
    交通ルールも織り交ぜながら
    信号の働きがさりげなく描かれています。

    お話も面白く男の子にお薦めです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号の重要さを感じた

    「ぴかくん」とは、信号機でした。
    なるほど・・・信号がメインのお話って、ちょっと新鮮でした。
    「あか・き・あお・あか・き・あか・・・・」子供が面白がっていた所でした。
    信号の重要さと感じた1冊でした。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になっていた絵本

    最近購入して読みました!毎日大忙しで働く信号機のぴかくん、ある日忙しすぎて目を回し故障してしまうとゆうお話。息子は車も好き、交通ルールも覚えて信号機の役割も知り興味深々で聞いてくれました。全部内容は理解していないと思いますが、充分絵だけでも楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えただけでめがまわる〜

    しんごうも(ぴかくんも)、考えたら一日働きっとおしで大変ですね。
    でも働いてもらわないと困るものねえ、みんな。
    考えただけで私まで目がまわりそうです。
    ぴかくんでなくてよかった、って思います。
    ぴかくん、ご苦労様。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 交通ルール

    信号機のぴかくんが主人公です。
    夜中は黄色の点滅信号をつけたまま寝ているぴかくん。
    朝になったら、警察官がぴかくんを起こしにやってきます。
    それから一日、大忙しのぴかくん・・・あまりに忙しすぎて、ついに???

    ぴかくんの一日を追いつつ、お話のなかで信号の見方をしっかり教えてくれているこの本。
    親が口うるさく交通ルールを教えるよりも、すんなり入っていくような気がします。
    信号って、子どもにとっては結構小さいころから気になる存在なのではないでしょうか。
    この本、我が息子も未就園のころから大好きでした。

    先日、幼稚園の読み聞かせ会で年中さん相手に読みました。
    途中で口々に「赤のときは渡っちゃだめだよねー!」などと声が上がり、幼稚園児くらいになると交通ルールもしっかり理解できているので、ぴかくんの混乱ぶりがより楽しめたようです。

    ストーリーを楽しみつつ、押し付けがましくなくルールを教えてくれる、いい絵本です。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号マニアの息子には・・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    懐かしい絵本です。
    子どものころうちにもありました。

    さて今のわがや。
    信号マニアの5歳の息子。
    食いつく、食いつく。
    それはもう!・・・たまらない絵本なわけで。笑
    信号機が擬人化されていて、普通はしっかりまちがい無く働く
    ものが、目をまわしてしまうわけですから、面白いですよね。
    ぴかくんがいかにだいじな役割をはたしていることか。
    ただただ大混乱の交差点のページに「いっちばん好き!!」と
    ゲラゲラ笑ってた息子ですが。
    春から1人で小学校に行くのだから、しっかりね・・!と
    思う母でした・・。

    昔から出ている絵本ですが、いま見てもとても新鮮です。
    魅力があります。
    やはりいい絵本は時代も関係ないのですね。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット