ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

武井武雄絵本美術館 うらしまたろう」 みんなの声

武井武雄絵本美術館 うらしまたろう 再話:時田 史郎
絵:武井武雄
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2001年01月
ISBN:9784577021828
評価スコア 4
評価ランキング 18,972
みんなの声 総数 4
「武井武雄絵本美術館 うらしまたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 武井ワールド

    うらしまたろうの話の本って、色んな出版社からたくさん出されてて、我が家にも何冊かありますが、その中でもこのうらしまたろうが、子供は一番気に入ってます。漫画チックじゃない武井さんの絵が、子供心に惹かれるんだと思います

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浦島

    浦島太郎の絵本だったので選びました。小さい頃に聞いたことのあるストーリーで嬉しくなりました。主人公の表情がとても独特で豊なのが良いと思いました。波の描き方がまるで魚の鱗のようで独特でセンスがあるのが良いと思いました。私も浦島太郎のように竜宮城へ行ってみたくなりました。昔話の面白さを再確認出来る絵本でした。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しいなあ

    うらしまたろうの絵本を買うならば、福音館のかなあと
    考えていたのですが、この武井武雄さんの挿絵の絵本も
    素敵ですねえ。
    ・・と思ったらもう普通には売られていないのかしら?
    (古本のみ?)だとしたら残念だなあ。

    独特の美しいなんともいえない世界に引きずりこまれますね。
    いいなあ。
    竜宮城のお魚に手足があるなんてところも不思議で
    おもしろいし。表紙の波の絵もすごい。こんな風に
    表現することもできるんですね。

    「こちらの絵本はなんだか竜宮城が中国みたいだねえ」と
    言ったら「そうかなあ。日本ぽく見えるけどなあ」と
    娘。んー。感性が違うのか?(笑)。
    欲しいなあ。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 武井ワールドへの入り口

    • やあまさん
    • 30代
    • せんせい
    • 秋田県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    以前、原画展でこの本の原画を見て衝撃を受けました。
    本物の持つ迫力、そして武井氏の人となりがびんびん伝わってきました。繊細な書き込みや、色使い、独特の描写、懐かしくも新鮮な作風、そして、意見無造作ともとれる手直しのあともあでがそのまま残っていました。(ただ上から貼って手直ししているのですね)魚たちや竜宮城の描写もユニークで、最後は太郎が鶴となり飛び去るところなどわが子も、わが学級も子も目を輝かせて聞いています。

    掲載日:2004/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もりのなか / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / かばんうりのガラゴ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット