モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

やまのむにゃむにゃ」 みんなの声

やまのむにゃむにゃ 作:内田 麟太郎
絵:伊藤 秀男
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784333019922
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
「やまのむにゃむにゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うわーーーっ

    最後のじいさんの自慢した笑顔がなんとも素敵でした。じいさんにしたら、どんばらタヌキとイタチにドデカイ山を作り上げ、「どうじゃ!」って自慢したい気持ちが伝わってきました。毎日毎日せっせと荒地に水をやってるじいさんはやることがあってよかったと思いました。なんだか予想もつかない結末でしたが、びっくりしました。どんばらタヌキとイタチの関係がほのぼのとしました。やっぱり、最後は、「うわーーーっ」でした!縦書きの2ページに及ぶ迫力に圧倒されました!

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱりなぁ〜

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    どうしたらこんなお話を思いつくのだろう・・・
    作者のお話の種は無限大なんでしょうね

    誰も想像つくような結末じゃないでしょう
    しかも題名が「・・・むにゃむにゃ」って・・・おかしい!

    「そだてておる・・」のじいさんのセリフもタダものじゃない

    たぬきといたちの親分子分関係もしっかりと組み立てて、生活感もたっぷりと表現して上でのお話が、よけいナンセンスさを強調しますね

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー!!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ふしぎなふしぎなお話でした。

    タヌキとイタチが目にしたじいさんは草ぼうぼうの荒地に一生懸命水をかけて育てています。

    タヌキは何が育つんだろう?と自分の好物をあれこれ想像して楽しみながらじいさんを見守ります。

    もちろん・・読んでいる子どもたちもあれこれ・・畑の中身を想像して
    います。
    この・・・何かな?って思うのが楽しいんですよね。



    それが・・・最後まで続いて最後は・・・・

    そう・・こどもでも『あれ?』と思うナンセンスなお話なんです。


    ちょっと民話調にゆったり読んで・・最後にびっくりを楽しめる
    楽しいお話です。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり

    期待を膨らませて読みましたが、最後はあっけ。私も娘も二人とも意味がとれず。
    先にわかった私が、アハハハハハハ!
    もう何なんだよ〜と笑ってしまいました。

    いきなり縦書きになっておぉっ!とは思ったのですが、あまりに意表をついていてノリきれませんでした。
    おもしろさより、ビックリの方が先にきちゃった。
    下読みしておくんだった。

    掲載日:2008/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • むにゃむにゃ〜

    正直私には、すこ〜しつかめないお話しでしたが
    子どもたちには、謎のおじいさんが“育ててる物”と
    それがとんでもない物とは知らずに、大きくなるのを楽しみにしてる
    タヌキとその弟子のイタチのオマヌケさが好きな様子。

    ラストなんて、大爆笑しながら、おじいさんの表情にも注目して
    何度も見てました。
    そこが狙いなのかな?でも、私にはちょっぴりむにゃむにゃ〜 (^◇^)

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やられた〜

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    『うみのむにゃむにゃ』を読んで、”山”もあると知り早速借りました。
    「やられたあ〜!」ってのが感想です。
    まさか じいさまは”山”を育ていたなんて。
    小さな畑より、もっと大きなモノに視点をあててたんですね。
    「山が育っているね」に最初はピンとこなかった息子。
    「ほら大きくなっているじゃん」に
    息子「すっげ〜」と発見し、考えもつかない展開にびっくりしてました。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • じいさん、アッパレ!

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、女の子10歳、女の子6歳

    種を越えた友情(?)を描くのがお得意の内田さんですが、この本ではタヌキとイタチと、人間が登場。威張っているタヌキが、風采のあがらないじいさんにかないません。

    もくもくと荒れ地に水をやるじいさん。なにやら哲学的ですらあります。でも、なんと、育ったのは、植物ではなくて、動物。いえいえ、これがじいさんの最終目的ではなかった。じいさんのスケールの大きさにタヌキはとてもかないません。

    最後の場面ではじいさんの「かっかっかっ」という笑い声が聞こえて来るような気がしました。じいさん、アッパレ!

    内田麟太郎さんの絵本はいろんな方が絵を描いていますが、このむにゃむにゃシリーズに伊藤秀男さんの絵はピッタリだと思いました。

    掲載日:2006/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • むにゃむにゃは、山?

    「むにゃむにゃシリーズ」(らしい)です。
    主人公はどんばらタヌキとその子分のイタチです。
    ある日のんびりふもとを眺めていると、荒れ地を耕すじいさんがいる。何を耕しているのかよく分からないが、そこはどんどん草がはえはじめ、終いには山になってしまうというお話。
    「そんなめちゃくちゃなァ」と、いいたくなるけれど、そこが、このシリーズの面白いところかも?

    掲載日:2004/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット