もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

「ぼくのおじいちゃん」 みんなの声

ぼくのおじいちゃん 作:ナイジェル・グレイ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ぼくのおじいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハンカチの用意をお忘れなく

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    クマの男の子が、毎週金曜日に大好きなおじいちゃんの所へ遊びに行っていました。そこで、いろいろなことを教えてもらいました。おじいちゃんが、子供だった頃の話や、この世に生れてきたということは、素晴らしいことなのだということ。だから、今日も、明日も、宝物みたいに大切にしなければいけないのだということ・・・。すごく、素敵なことを言うおじいちゃんに、私まで、感動してしまいます。いいおじいちゃんです。
    このお話で、何よりうらやましく思ったのが、二人がいつも木の上の家に登って過ごした穏やかな時間です。本当に絵を見ているだけ、二人が幸せだったことがよくわかります。
    しかし、時がたち、元気だったおじいちゃんも、だんだん体の具合が悪くなって、とうとう話をしてあげることさえできなくなってしまいます。そこで、今度は、男の子が、今までおじいちゃんが自分にしてくれたように、語りかけるのです。
    「おじいちゃん、面白かった?」
    でも、答えは、ありませんでした。もう、涙ボロボロです。バックに調度、カノンを聴いていたので、なおさらでした・・・。でも、答えは、わかります。面白かったし、何よりもうれしかったし、最後の時に、最愛の孫に傍にいてもらえて最高に幸せだったことでしょう。
    最後に、お母さんと男の子が、二人で思い出の木の上の家で会話するのですが、
    「ぼく、としをとったら、ぼくのおじいちゃんみたいな おじいちゃんになるんだ。」
    と言う言葉が、なおさら胸にぐっときてしまいました。
    そして、本当にそうなるのです。
    ハンカチと、それからティッシュを用意してから読むことをお奨めします。

    掲載日:2004/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット