だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

せかいのひとびと」 みんなの声

せかいのひとびと 作・絵:ピーター・スピア
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1982年01月
ISBN:9784566002470
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,050
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 絵を通して接した異文化にのめり込み…

     『雨、あめ』のピーター・スピアーさんの作品です。
     3〜4年生にという紹介を見ましたが、中を開いて驚きです。
     これは、5年生いえいえ、中学生でも十分に楽しめる、いえ学べます。
     
     “世界“とか“グローバリズム”とか、近年、ヒューマニズムの観点から美しい言葉として、良く用いられていますが、大人でも自分の場所に立って、漠然としたイメージで使っているような気がします。
     頭でイメージし、理解しているような錯覚はそれこそ危険きわまりないと思います。
     
     
     見返しは“宇宙の中の地球”、扉は“アダム&イヴを想起させる楽園”と装幀から、力が入っている本だなとおもいました。
     約60億のひとびとの、“ひとりひとりのちがい”を体型から始まり、人種.民族.語族.生活.宗教.風習.経済.多面的階級分化.差別.闘争等と様々な面に視点を置き、描いています。
     みんな同じなのは、生まれた時小さいことと、さいごにはだれもが死ぬこと。


     この絵本が、ただの教材テキストと違う点は、利口な人もいるがそうでない人もいる。いい人もいるが悪い人も少しはいる。個々人の趣味嗜好もちがうこと。一生懸命働いている人。怠けている人。働きたいのに仕事のない人がいることなども文字にしているところです。
    さらに、様々な年齢層で構成され、患っている人。ふしあわせな人。不親切な人。強い人。弱い人。が、存在していることも文字にしています。
     “きれい事ではなく、この現実が地球である。地球はこのすべての[ちがう人たち]をしっかりと抱えている。 そして、みなこの星に住むことを許されているということ。”を伝えていると思いました。

     
     我が家の10歳の息子はのめり込み、絵を通して接した異文化に興味を持ったようで、私の書籍類はあらされ、コンピュータまで占領されてしまいました。 
     良い時期に、出会えた良書です。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 図鑑みたい

    世界には本当にいろいろな人がいます。
    目の色や肌の色、話す言葉・・・。
    そんなことが、細かな絵で、図鑑のように描かれています。

    娘は読みながら「これは何?」「どういうこと?」を連発。
    特に、首長族とムルシ族は視覚的に衝撃だったらしく
    インターネットで画像を調べて「本当なの??」と目を丸くしていました。

    だった1冊の本から、こんなに広がるのだ・・と
    本の力を感じた一冊です。

    掲載日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 視野が広がるいいきっかけに

    作者ピーター・スピアさんの『雨、あめ』や『きっとみんなよろこぶよ』が大好きで、その美しい色彩の細やかな挿絵を眺めているだけで、幸せな気分になります。この絵本も、そんな風にいつまでも眺めていたくなるような、素敵な本でした。
    世界には多くの国があり、人はその国々でいろいろな暮らし方をしているということが、細かな描写で伝えられます。自分の視野がぐんぐんと広がっていく感覚を味わえます。娘たちも、一つ一つの絵を興味深げに時間をかけて見入っていました。
    ラストには「ほらね。わたしたち みんながみんな それぞれ こんなにちがっているって すてきでしょ?」と綴られていますが、その通りだなと改めて思いました。娘たちもまだ見ぬ広い世界を垣間みて、視野が広がるいいきっかけになったと思います。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな違って、みんないい

    世界中の人々の違いを見ることによって“みんな違って、みんないい”を素直に感じる絵本でした。

    体の形・体の色・目の色・鼻の形・髪の毛・・・。
    オシャレも違う・お休みの日の過ごし方・遊びもいろいろ・・・。
    大型本の中に、絵と文章で一つずつ細かく書かれてあるので、とっても解りやすいです。

    「せかいのひとびと」がテーマですが、身近な友達との関係での“みんな違って、みんないい”も息子に感じて欲しいなと思いながら読みました。

    世界への興味が広がることも間違いなし。
    じっくりと時間をかけて味わう絵本だと思います。
    小学校低学年〜オススメします☆

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地球を描くとき人は…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    うちの上の子は、最近本当に「世界史」とか、世界の国々のまめ知識にハマっています。
    この絵本は、私がスピアーの絵本が好きで借りてきたのですが、
    一番喜んで、ホクホクしながらじっくり眺めていたのは上の子でした。

    地球をクローズアップした画が出てきたとき、
    「この人、どこの人?ヨーロッパが中心に描いてある。あぁ、オランダのひとか」と、1人で納得して満足してました。
    人間って、不思議なもので、世界地図を書くとき、つい自分の国を中心に描きたくなるんですよね。不思議、不思議!

    そして、子どもが一番好きなページは、やっぱり最後の
    「ほらね わたしたち みんながみんな それぞれ 
     こんなに ちがっているって すてきでしょ?」
    だそうです。
    読み語りとかにはちょっと不向きかもしれませんが、家族や友達の少人数で、ガヤガヤ眺めるのは楽しいと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 違っているって素敵

    少し早いかなと思いつつ、3歳と5歳の子供達と一緒に読みました。人口や身分、権力、宗教等の部分はまだ理解出来ませんが、世界には色んな人がいて、みんな違う言葉を話し、違った環境で暮らしている事を感じ取ってもらえたようです。
    象やヘビを食べる人たちもいると聞いて「えー!」と驚いていたので「あなた達の大好きな納豆も、他の国の人から見るとビックリされる食べ物なんだよ」と言うと、更に驚いていました。
    グローバル化の進む世界で生きていく事になる子供達には、自分と違う文化や習慣を受け入れる柔軟な心を持ってもらいたいと思います。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漠然と理解できるようです

    3歳の娘にはまだ内容的に難しかったようです。
    概念は伝わらなかったかもしれませんが、それでも漠然と理解できるようです。
    何より、色んな人たちが色々な表現で描かれているのがよいですね。
    子どもってページいっぱいにたくさん描かれている絵本を好むことが多いような気がします。
    娘ももれなく、「わぁ!」と言いながらページの端から端までしっかり見ていました。

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 彩りに満ち溢れた世界は何よりも素晴らしい。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    そう感じる絵本です。みんな同じである事のつまらなさ、世界には色んな人がいて、色んな文化があるから面白い。そんな当たり前の事を気づかせてくれます。我が子に、広い視野で物事を見る事ができる子になって欲しい、そんな願いを込めてこの本を贈ります。理解出来る様になるのはもうちょっと先かな。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても勉強になります

    文字通り、世界にはいろんな人がいるというお話です。

    目の色、鼻の高さから始まり、肌の色や体型、

    生活レベルの違いなど、さまざまな人がいて

    自分と同じ人は一人としていないんだということが

    分かりやすい言葉で描かれていました。

    難しい内容に思えますが、易しい言葉で

    語りかけるような文章でした。

    思った以上に通じていると思います。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海外に興味を持ったら

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    図書整理をしていて見つけました
    面白い本で、思わず私が見いってしまいました。

    本の題名通り、世界中の人々の顔の特徴が羅列してあります。
    世界にはいろんな見た目、いろんな顔の人がいるというのが、一目でわかります。
    見た目の違い、文字の違い・・いろんな民族がいるのだなあと改めて思いました。

    子供が見ても面白いと思います。
    こういう本から、いろんな国・文化への興味が広がるといいなと思います

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット