キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

こうもりくん」 みんなの声

こうもりくん 作:ゲルダ・ヴァーゲナー
絵:エミーリオ・ウルベルアーガ
訳:いけだかよこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年05月
ISBN:9784198608583
評価スコア 3.57
評価ランキング 33,164
みんなの声 総数 6
「こうもりくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トランシルバニア

    こうもりのこども、こうもりくんが主人公の作品。
    特徴はバラ色の翼。
    子どもだから、というのですが、コウモリの生態について調べてみても、
    正しいかどうかは不明です。
    トランシルバニアというルーマニア中部・北西部地方に引っ越してきたばかりですが、
    吸血鬼でも有名な所だけに、こわがりのこうもりくんには、どうも苦手なのです。
    でも、人間の女の子リサとの出会いで、怖い気持ちを客観的に見つめることができて、
    こうもりくんは成長するのです。
    懐中電灯が素敵なアイテムとなっています。
    同時に、子どもの成長を見る思いがしました。
    小学生くらいからでしょうか。

    掲載日:2017/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンク色

    図書館のハロウィン特集で、見つけてきた一冊です。
    羽の色がピンクのコウモリが主人公で、かわいいですね。
    子供も、ピンク色の出現には予想外だったようで、少し驚いていました。
    「ピンク色だとバカにされる」でも「怖いものは怖い」という気持ちが、よく伝わっていました。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうもりくん、がんばれ

    暗闇を怖がるコウモリがいてもいいじゃない。
    臆病だけど繊細で、気が小さいけれどちゃんとリサとはお話できて。
    仲間に馬鹿にされても、がんばれ。
    リサに勇気をもらったコウモリ君、だんだん黒くなって仲間たちと同じになっていくけれど、ドラキュラにはならないで。
    みんな、こうして大人になっていくのかな。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうもりは 私の家の周りの畑や 田んぼでたくさん見かけます、黒くて たくさんとんでるのを見た はじめは とりかな?と間違えたこと有りましたが・・・ こうもりだをわかると 顔にぶつかりそうに低空飛行してきて 驚かされました。

    この絵本の こうもりくんは、つばさがばらいろ こんなコウモリがみてみたいな〜
    暗いところがきらいな こうもりもいるんだ にひるで気持ち悪い顔のこうもり  こうもりくんなら 人間にもすかれるよね!
    リサちゃんとお友達になれてよかったな〜
    優しいリサちゃんは 懐中電灯あげて 

    彼女は「ゆうきをだせば こわくない」と教えてくれるの

    ゆうきがない時に読めば 勇気もらえそうですね!

    子供にも読んであげたい絵本です

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大丈夫だよ!

    コウモリのくせに暗闇が苦手な小さなコウモリのこうもりくん。
    暗闇って、後ろからなにかが追っかけてきそうだし、
    大きな影もこわい!!
    仲間のコウモリ達にもバカにされてかわいそう(><)

    さて、そのこうもりくん、ラストには1人で暗闇の中を飛べるようになるのですが
    どんなきっかけで飛べるようになったのかしら?

    こうもりくんの恐怖心を取り除くために一役買った女の子の
    優しいこと (^◇^)丁寧な説明に子どもたちも「そっか〜」
    って納得!!
    それに、こうもりって、子供の時には羽の内側がピンク色してるんだね!
    ちょっとした発見もあって、楽しい絵本でした♪

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をだして!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    暗いところが怖い、お化けが怖い・・・そんな怖がり屋の小さなこうもりうんのお話です。
    一人前のこうもりははねの色が黒。
    だけど、こうもりくんのはねはピンク色。
    どうしたら立派な黒いはねになれるのか、どうしたら怖がりをなおせるのか悩んでいた時、
    偶然入った家でリサという少女と出会い、その答えをみつけたこうもりくん。
    少しだけ黒くなったはねをはばたかせ、仲間の所に帰っていきました。
    ポイントは勇気だったんだね。

    掲載日:2004/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット