もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まほうつかいバーバ・ヤガー」 みんなの声

まほうつかいバーバ・ヤガー 作:松谷 さやか
絵:ナタリー・バラン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\903+税
発行日:1987年
ISBN:9784834000702
評価スコア 4
評価ランキング 19,934
みんなの声 総数 5
「まほうつかいバーバ・ヤガー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むすめも魔法使い?

    オーソドックスな昔話の感じで、日本の「三枚のおふだ」を思い出しました。
    バーバ・ヤガーは山姥ににています。
    でも、継母がむすめに冷たい仕打ちをするのは、西洋的展開でしょうか。
    山小屋向きを呪文で変えてしまう技を持っているむすめなので、安心して見ていられました。(^ω^)

    掲載日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 継子いじめ

    継母が子供をいじめるお話です。
    昔話としてよくあるできごとですが、興味深かったポイントは、叔母だという魔法使いの存在です。
    文章では、恐ろしく感じるほどの存在感なのですご、絵ではまったく描かれていないのです。
    「どんな姿をしているのだろう?」と、想像がふくらみます。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典的な名作

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    バーバ・ヤガーという名称に惹かれて、読んでみました。
    バーバ・ヤガーとは、スラヴ民話に登場する妖婆。
    各種の民話で語られるほか、芸術分野ではムソルグスキー作曲の組曲『展覧会の絵』の1曲「バーバ・ヤーガの小屋(鶏の足の上に建つ小屋)」で知られるとのこと。
    日本語では魔女、山姥、鬼婆、妖婆というところでしょう。

    原作は1941年で、邦訳は1987年。
    ロシア民話の再話という形をとっています。
    何と言っても、ナタリー・パランの切紙細工のような絵が、民話というに相応しいもの。
    とても味わい深い絵だと思います。

    物語は、主人公の娘の父が、母がなくなった後に、新しい母を迎えるシーンから始まります。
    その新しい母のお姉さんが、バーバ・ヤガーで、娘はお遣いに行かされるのです。
    その時に、娘は自分のおばさんに相談していくのですが、その時のアドバイスが秀逸。
    このアドバイスに基づいて、話は大きく展開するので内容については読んでのお楽しみとしたいのですが、実に良く出来たお話だと関心してしまいました。

    古典的な名作として、オススメしたい作品です。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバヤガーってなんだ?

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    表紙を気に入り手をとると「バーバヤガー」
    「バーバヤガー」ってなに?と娘。私も全然さっぱりわかりません。
    どれどれとページをめくると、字がけっこう多いからまだ早いかな〜・・・
    でも、森に女の子、そして魔女登場 やっぱり捕まってしまう。
    ママもわからないお話だから端折ることもできずズンズン読む
    ラストの見当もつかないから、ママも読んでいてとても楽しい。
    娘もガッツリ食いついてくる。
    娘と私とでとても充実した時間を過すことができました。

    砂浜できれいな貝を見つけたようなとても達成感のある本です。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話っぽいところが新鮮。

    ロシア民話です。ロシアらしい世界が展開していて面白かったです。
    ロシアの魔法使いは、臼に乗ってきねで漕いで、さらにそれ(臼)がほうきに乗っているんですね〜。
    転回は「耳なし法一」みたいでした。
    ナタリ−・パランはこのロシア民話に切り紙工作の画家(らしい)です。とっても新鮮な絵なので、興味のある方はぜひ、手にとってみてください。

    掲載日:2004/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット