雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ビルのふうせんりょこう」 みんなの声

ビルのふうせんりょこう 作・絵:ライナー・チムニク
訳:尾崎賢治
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784752040217
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,554
みんなの声 総数 3
「ビルのふうせんりょこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふうせんの旅

    子どもの頃に誰もが憧れた、ふうせんで空を飛ぶということ…

    ビルの諦めない気持ちが、誕生日に奇跡を起こします!

    寝ながらこんな素敵な旅ができるなんて…
    しかもベッドで!
    普通に空を飛ぶよりも贅沢で、なんてロマンチックなんでしょうっ!

    短いふうせんりょこうだったけど、とっても有意義な時間だったんでしょうね〜
    もっと色んな景色を、ビルと見たかったです。

    ビルの両親や親戚は大騒ぎだったけど、それでも最後誰もビルのことを叱らなかったのが、素敵だなぁ〜と思いました。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの頃の想像が絵本に・・・

    この本は、娘がはじめて気に入った絵本です。保育園の本棚にあって、たくさん本はあるのに、この本ばかり毎日手にとって、見ていました。字が読めなくても、無数のふうせんと共に空を飛ぶ様子は、とても鮮やかでダイナミックで、目で楽しむ事ができます。みんなが、空へ飛んでいったビルを心配して、なんとか助け出そうとする様子も、ビルが飛んだ達成感とは別に、その後どうなってしまうのかという、ハラハラ感もあって、話をもりあげていると思います。
    風船をたくさん身にまとえば、空が飛べるんではないかと、子供なら一度は想像すると思いますが、それを、実際に絵本の中で再現してくれたこの絵本は、大人になってしまった私が読んでも、
    気持ちよく読め、大人になってからこそ、ビルが少しずつ風船を減らしながら着陸する最後に、帰って来れてよかったと親心のようなものを感じて、気持ちよく読めた絵本でした。年齢別にいろいろな感想がもてる絵本だと思うので、是非、家にも1冊ほしいです。

    掲載日:2004/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のある空飛ぶ風船ベッド

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    この絵本、まず、表紙の絵がなんとも魅力的で手に取りました。ベッドに風船がたくさんくくり付けられて、男の子を乗せたまま、ふわりふわりと青空を飛んでいるのです。なんてファンタステックなのでしょう。
    ビルの興味は、どんなおもちゃよりも、空を飛ぶことでした。そこで、ある時一計を案じて、風船をたくさん集め、ベッドにくくり付け、その日は、寝ることにしたのですが・・・、なんと寝ている間に、家の屋根を突き破り、空に飛んでいってしまうというお話です。
    とにかく絵が、きれいなのですが、特に、ビルが空を飛んでいる時の様々な景色が素晴らしいので、見ているだけで楽しめる絵本です。
    誰でも、一度は、空を自由に飛んでみたいという夢をもつものだと思うのですが、そんな夢を絵本の中でビルがかなえてくれて、なんだ自分まで風船旅行をしたような気分を味わえます。

    掲載日:2004/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット