モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

びりびり」 みんなの声

びりびり 作・絵:東君平
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784939029110
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,894
みんなの声 総数 26
「びりびり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • こらビリビリ そらビリビリ

    「こらビリビリ そらビリビリ」の繰り返しがリズミカルでとても楽しい絵本です。白黒のモノトーン絵本でインパクトが大で、迫力まであります。「こらビリビリ そらビリビリ」と段々増えていくのも好奇心いっぱいになっている私に気がつきます。絵本だから、子供にかえっている自分に気がつきます。それがとても心地良いです。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子にははまらなかった

    ちょっとめずらしいモノクロの絵本。
    いちまいの黒い紙から生まれた不思議な生き物ビリビリのおはなし。
    たくさんに増えたビリビリが自由に動き回ります。
    とってもリズミカルで小さい子供から楽しめそうな絵本ですが、4歳の息子にはこの面白さがちょっと理解できなかったようです。
    なぜボタンを食べるのか、なぜおんぷを楽譜と表現してあるのか、理屈っぽく考えてしまっていました。2歳くらいの時に読んであげたらまた違っていたのかな。
    大人のわたしには楽しい絵本でした。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつのまにかいっぱいに

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    黒い紙をやぶっていたらうまれたびりびりというへんてこな動物のお話でした.
    びりびりはとにかくいろんなものを食べまくります.それを取り返そうとびりびりは分裂を繰り返し,そのたび倍へと増えていきます.
    息子は「こんな動物いたらいやだ」と言っていました.

    算数のお話みたいな感じもして,なかなか面白いお話でした.

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇妙ないきもの

    このお話は、一枚の黒い紙を破って生まれた奇妙な生き物のお話でした。その生き物はいろいろな物を飲み込んでいくのですが、そのたびに飲み込まれたものを出すために破ってどんどん増えていきました。うちの子はその姿がちょっと怖かったみたいで、「本当にいないよね!?」って真剣に聞かれました(笑)

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした恐怖感

    謎の生き物「びりびり」です。
    決して、かわいいキャラクターではないですよね。
    何でも食べてしまうし、どんどん分裂しちゃいます。
    真っぷたつになっても、何事もなかったかのように食べ続けるのですから、私にはちょっとしたホラーでした。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかはまっちゃう

    この絵本は、シンプルなようで、奥が深いようで、なんだか不思議な
    世界観を持ったお話でした。
    それが、東君平さんなんですかね(笑)♪
    白黒の絵本は、なぜかインパクトがあるようで、娘も何度も読んでと
    持ってきました!!
    いろんな絵本があって、ほんとに楽しいと思わせてくれた絵本です。

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 躍動感があって力強いびりびり

    4歳の息子が同じ作者の作品『くろねこかあさん』を気に入っていたので、こちらも読んでみました。
    一枚の黒い紙を破ったら、変な動物に。それが「びりびり」です。
    「こらビリビリ そらビリビリ」と繰り返しながら、どんどん増えていくびりびり。躍動感があって、とても力強い。子供たちもどんどん増えていくびりびりをうれしそうに見ていました。
    リズムよく絵本を楽しんだあとは、自分も同じように紙を破って、「びりびり」したくなります。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュール

    奇妙な生き物びりびりが僕のものを食べちゃうお話。
    とりかえす時に一緒におり紙を破ると、息子も大喜びでびりびり破ります。
    最後に「何枚になったー?」と数えさせると数の練習にもなります。

    かなりシュールなお話ですが息子は気に入ってます。

    掲載日:2013/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    黒い紙を破いていたら出来上がった「びりびり」という動物。
    いろんなものを飲み込んでしまうために
    どんどん小さくびりびりされてします「びりびり」。

    なんとも不思議なストーリーなのですが
    一度読み終わり、すぐまた読みたくなるようにひきつけられます。

    白黒で淡々としていて無駄がなく
    不思議ゆえになんとも奥深く息子も私も大好きです

    掲載日:2010/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目をひきます

    紙を切って出来たびりびりと言う生き物
    大切な物を食べられてしまい、取り返すために、びりびりを、ちぎります、びりびりの形や、人数も増えていく様子、言葉のリズムにどんどん引き込まれる作品です。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット