だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

光の旅かげの旅」 みんなの声

光の旅かげの旅 作・絵:アン・ジョナス
訳:内海 まお
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1984年04月
ISBN:9784566002081
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,343
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 15と51

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    こういう作品、大好きなんですよ。真似出来ない発想と描く技術がスゴイ。
    何の変哲も無い、日が昇っては沈むまでの町の様子が白黒モノクロで描かれています。コンピュータグラフィックのようなざっくりと角ばった描き方で全体的に引き締まっています。

    この絵本の特長は・・・前半は日中の場面で読み終えます。ところが逆さまにすると今度は夜の風景に早変わり! 1冊で2度美味しい作りとなっているのです。
    15と51。デジタル数字ではひっくり返しても普通に読めてしまうのですね。新たな発見がいっぱいの楽しい作品でした。

    掲載日:2007/03/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 個人でじっくり見たい

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    とても不思議な絵本です
    まずは光の旅を読み終えると、次はさかさまにしてかげの旅を読み始める・・・
    年長の男の子には好奇心をくすぐられるようで、「何これ!」と興味を示してました
    ちょっとした錯覚を利用した絵本ですが、大人でも結構楽しめますね
    読み聞かせというより、個人でじっくりと見たくなる絵本です

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 明け方家を出発し街に向かい、月明りに照らされる家に戻るまでの情景を、天地逆さに絵本を戻り読みすることで出会う驚きと不思議と感嘆。

    行きでは山に長く走っていた白い道が、帰りには空を引き裂く激しい稲妻として白く伸びている。また街から差し込む街灯りが帰りには空を駆け巡るサーチライトに、ほかにも立ち並ぶ街ビルのいくつもの窓は、帰りには夜空に輝く星の煌めきへと見事に豹変。

    全編白黒モノクロームで描かれる光と影の世界は、読み手の想像力を掻き立て、一枚一枚の綿密に計算されたすべての絵に緊張感のようなものがみなぎっている。なかなか書店でふらりと出会うことの少ないであろうこの1冊だからこそ、手に取って体験してほしい!1度開いたときの衝撃は脳裏に刻まれます。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 逆さ絵を楽しむ本は数あれど・・・

    数年前に小学校の中〜高学年のクラスで読みました。
    (その時のことを思い出しながら書いています。
     もしもストーリーが違ったらお許しを)

    高学年になってくると、物語に興味を持つ子と持てない子になんとなく分かれてくるような気がして、こういう視覚重視の本も組み合わせて読むようにしています。

    全ページにわたって白黒の世界が広がっています。
    控えめにつづられた文は、美しく心地よかった気がします。
    時間(夜明けから夕闇まで)の経過とともに、その景色も田舎町〜海辺〜都会…と大きく変化していきます。
    旅の始まりから折り返し地点までたどり着くと、本を逆さにして…
    この場面で、子どもたちはとてもビックリしていました。
    帰路をたどるその風景は、視点を変え見事なまでに再現されています。
    上質のアートな世界を楽しめるのではないでしょうか。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • モノクロの織りなす世界

    こちらのメンバーさんのオススメということで図書館から借りて読みました。
    読み終えて思ったこと!
    1冊で2度美味しい♪みたいな絵本ですね。
    一度読み終えて本をさかさまにして読み返してみると
    またまた違った世界に会えるオドロキ。
    娘には特にすごかったようで歓声をあげていましたよ。
    黒と白というシンプルな色合いで作りあげているお話の世界が
    とてもおしゃれで仕掛け具合もとても斬新で気に入りました。
    いろんな方に堪能していただきたいです。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 視覚マジック

    • 夢見るアリスさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳、男の子7歳

    一見、地味に見える二色の本。

    逆さまにひっくりかえしてページが元に戻っていくたびに大歓声!!

    何度もじっくりと見つめますが、不思議な世界にドップリはまってさぁ大変?
    時間を忘れてしまうくらいに、ページをめくるまでが長い芸術の本です。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても新鮮で強烈です。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    以前に、絵本の読み聞かせの講習会で、薦めてくださって、とっても印象的だったのを覚えています。それ以来、いつか読み聞かせで使わせてもらおうと思っていたのですが、それが、今日かないました。
    4年生のクラスで読みました。知っている子が何人かいて、本をさかさまにして読みなおす折り返し地点になると、「来た来た」みたいな反応がかえってきました。
    初めて読んだ子は、本をさかさまにしても絵として話として成立することに、きっとびっくりするにちがいありません。なんだか不思議な世界に迷いこんでしまったかのような気分にもなることでしょう。

    モノクロの絵ですが、カラーに負けない迫力があり、自分のこれまでの絵本のカテゴリーをぐっと広げてくれる一冊となりました。4〜5分で読み終えます。読み聞かせにおすすめです。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの驚きっぷりが楽しみですよ

    モノクロの一見地味な絵本ですが、読みながらも逆さまになっている字が気になる子ども。
    「まあ、待ちなさい」と最後まで読んでからひっくり返すと……あら不思議、今まで見ていた絵が違う風景に!
    「ええっ? なんで? えーーーっ?」と子どもは大興奮。
    途中でひっくり返すのはぐっと我慢して、最後までいってからの方がいいですよ。

    掲載日:2009/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしい!

    8歳長女に読みました。モノクロで描かれた絵本で、大人向けかなと思い選んだのですが、長女興奮。興奮といってもお話の面白さというのではなく、この絵本の読み方、絵の素敵さにです。

    この絵本表紙から開いて、お話が始まり終わると、次は上下を逆にして後ろから読むんです。本当新鮮。そして絵が素晴らしいんです。読み終わり「すごいね!」と親子で感動しました。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見方を変える って、大切!

    何かの本?新聞?だったか
    「お薦め絵本」として記載されていたので
    迷わずチェックしていました

    図書館にリクエストして
    届いたのは
    昭和59年初版の絵本で
    「閉架書庫」のシールある絵本でした
    今とは、価格が違います〜

    白黒で
    ひっくり返すーそれだけなのに
    すご〜い!!
    出かけて、戻ってきてる!
    最初のうちは、半纏を考えて見ていましたが
    え〜っ!!
    こうなるとは・・・
    なるほど〜

    と、感心するばかり

    白と黒ー光と影
    の関係
    反転するという、目の錯覚なのでしょうか

    それにしても、これは「センス」でしょうね
    素晴らしいです

    読みきかせしたかったのですが
    残念!
    今日は、「やどかり」になっちゃったのでした(笑
    是非、おはなし会で、大人へも
    読んでみたい作品です

    ほしい・・・です

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット